『三国志演義』から正史『三国志』まで、『三国志』に関連する用語を簡単に解説する用語事典の「ふ」で始まる用語をまとめています。

スポンサーリンク

賦(ふ)

税目の1つ。算賦さんぷ筭賦さんぷ口賦こうふ賦役ふえき賦税ふぜいとも呼ばれます。

いわゆる人頭税じんとうぜいで、15歳から56歳までは毎年1人あたり120銭でした。


符(ふ)

割符わりふのこと。

1.

かん(関所)や宮門に出入りする際に必要な割符わりふ。通行証。

2.

兵士を徴発する際などに必要な割符わりふ


賦役(ふえき)


斧鉞 / 鈇鉞(ふえつ)

天子てんしもしくは臨朝称制りんちょうしょうせいしている皇太后こうたいごうの命令により、出征する将軍にさずけられたおのまさかりのこと。

斧鉞ふえつさずけられた者には専殺権が与えられました。


復道 / 複道(ふくどう)

上下二重の渡り廊下のこと。閣道かくどうとも言います。

後漢ごかん洛陽城らくようじょう雒陽城らくようじょう)の北宮ほくきゅう南宮なんきゅう復道ふくどうで結ばれており、上を天子てんしが、下を臣下が通りました。


巫蠱(ふこ)

巫女みこや「まじない師」のこと。または「まじない」で人をのろうこと。

古代中国には、木の人形を土中に埋めて巫女みこいのらせることで、願いをかなえたり人をのろい殺すことができると信じられていました。


賦税(ふぜい)


駙馬(ふば)

天子てんし(皇帝)が乗る車の副馬のこと。


文属(ぶんぞく)

形式的にはある官職の属官とされていても、実質的には天子てんし(皇帝)に直属していた官職のこと。

後漢ごかんでは光禄勲こうろくくん少府しょうふに文属が配属されていました。

関連記事


スポンサーリンク


【三国志用語事典】総索引

【三国志用語事典】総索引