官職や爵位しゃくいあかしである印綬いんじゅの種類、じゅの色と身分の関係についてまとめています。

スポンサーリンク

印・璽(いん・じ)

印(いん)とは

官吏がもちいる官職名が刻印された金・銀・銅製の印章のことで、公文書や物品を封印するために、封泥ほうでいの上から捺印なついんされました。

璽(じ)とは

天子てんし(皇帝)がもちいる白玉はくぎょく製の印章のこと。玉璽ぎょくじ

天子てんし(皇帝)がもちいるには、

  • 皇帝行璽
  • 皇帝之璽
  • 皇帝信璽
  • 天子行璽
  • 天子之璽
  • 天子信璽

の6種類があり「天子てんし六璽ろくじ」と言います。また、これらは所謂いわゆる伝国璽でんこくじ」とは別物です。

関連記事

伝国璽(伝国の玉璽)の役割と伝国璽のゆくえ

スポンサーリンク


綬(じゅ)

綬(じゅ)とは

いんを携帯するための「多彩なきぬられた組紐くみひも」のことで、じゅの片方は腰からつるされ、いんを結んだもう片方はふところに入れました。その色により身につける者の身分を表します。

また、天子てんし(皇帝)もじゅを身につけましたが、は結びつけず、侍中じちゅうを持って付き従いました。

じゅの構成

  • じゅは、いんを結ぶじゅの部分と腰につけるげき*1の部分、じゅげき*1をつなぐ環鐍かんけつで構成され、その種類によって長さや使用される色の数、しゅ*2の数などが異なります。
  • じゅの幅は1尺6寸(約37cm)と決まっており、しゅ* 2の数が多いほどほそり糸でこまやかな仕上がりとなり、しゅ* 2の数が少なくなるほど太いり糸で荒い仕上がりとなります。

印綬(いんじゅ)

画像引用元:林巳奈夫はやしみなお漢代かんだい文物ぶんぶつ


印綬いんじゅは、任官・封爵ほうしゃくを受ける際に朝廷から与えられ、退任する際に返還しました。

また、印綬いんじゅは公務において使用するだけでなく、露出しているじゅの色は官吏の身分を示す指標となります。

脚注

*1 綬(じゅ)を帯(おび)につなぐための組紐(くみひも)のこと。

*2 20本を1首(しゅ)とする織(お)り糸の単位。

綬(じゅ)の種類

黄赤綬こうせきじゅ

天子てんし(皇帝)が身につけたじゅ

黄色を基調として、黄色・赤色・縹色はなだいろ(薄い青)・紺色こんいろの4色で模様が織り込まれており、長さ2丈9寸(約688cm)、500しゅ(10,000本)の織り糸が使用されています。


太皇太后たいこうたいごう皇太后こうたいごう皇后こうごうも、天子てんし(皇帝)と同じ黄赤綬こうせきじゅを身につけます。

赤綬せきじゅ

皇太子こうたいし諸侯王しょこうおうに与えられたじゅ

赤色を基調として、赤色・黄色・縹色はなだいろ(薄い青)・紺色こんいろの4色で模様が織り込まれており、長さ2丈1尺(約488cm)、300しゅ(6,000本)の織り糸が使用されています。


劉昭りゅうしょう注には「皇太子こうたいし諸侯王しょこうおうは、亀紐きちゅう(亀をかたどったつまみ)の金印に、黒みがかった赤色のじゅである」とあります。

また、長公主ちょうこうしゅ天子てんし(皇帝)の貴人きじんで特別な恩恵を加えられた者も、赤綬せきじゅを与えられました。

緑綬りょくじゅ綟綬れいじゅ盭綬れいじゅ

諸国の貴人きじん相国しょうこくに与えられたじゅ

緑色を基調として、緑色・紫色・紺色こんいろの3色で模様が織り込まれており、長さ2丈1尺(約488cm)、240しゅ(4,800本)の織り糸が使用されています。


しんにおいて相国しょうこく丞相じょうしょう金印紫綬きんいんしじゅでしたが、高帝こうてい劉邦りゅうほう)が相国しょうこく緑綬りょくじゅとしました。

緑綬りょくじゅは、綟綬れいじゅ緑綟綬りょくれいじゅ)*3または盭綬れいじゅ*4とも言います。

脚注

*3 綟(れい)とは草の名前で、染めると緑色や紫色に似てくる。また、何承天(かしょうてん)は「綟(れい)は紫色である」と言う。

*4 盭(れい)とは草の名前で、染めると緑色に似てくる。

紫綬しじゅ緺綬かじゅ

三公さんこう太尉たいい司徒しと司空しくう)と列侯れっこう将軍しょうぐんに与えられたじゅ

紫色を基調として、紫色・白色の2色で模様が織り込まれており、長さ1丈7尺(約392cm)、180しゅ(3,600本)の織り糸が使用されています。


公主こうしゅ封君ほうくん紫綬しじゅを与えられました。紫綬しじゅ緺綬かじゅとも言い、の色は青紫色です。

また、紫綬しじゅより上位のじゅには、げき*1じゅの間に玉製の環鐍かんけつ帯留おびどめ)を使うことが許されました。

青綬せいじゅ

九卿きゅうけい中二千石ちゅうにせんせき二千石にせんせきの官吏に与えられたじゅ

青色を基調として、青色・白色・紅色べにいろの3色で模様が織り込まれており、長さ1丈7尺(約392cm)、120しゅ(2,400本)の織り糸が使用されています。


例外として、六百石ろっぴゃくせき尚書僕射しょうしょぼくや銅印青綬どういんせいじゅびました。

また、青綬せいじゅより上位のじゅげき*1は、長さ3尺2寸(約74cm)、じゅと同じ色、しゅじゅの半分を使用します。

脚注

*1 綬(じゅ)を帯(おび)につなぐための組紐(くみひも)のこと。

黒綬こくじゅ墨綬ぼくじゅ

千石せんせき六百石ろっぴゃくせきの官吏に与えられたじゅ

青色を基調として、青色・赤色・紺色こんいろの3色で模様が織り込まれており、長さ1丈6尺(約369cm)、80しゅ(1,600本)の織り糸が使用されています。


例外として、四百石よんひゃくせき三百石さんびゃくせき県長けんちょう黒綬こくじゅを与えられました。

黄綬こうじゅ

四百石よんひゃくせき三百石さんびゃくせき二百石にひゃくせきの官吏に与えられたじゅ

青色を基調として、黄色1色で模様が織り込まれており、長さ1丈5尺(約346cm)、60しゅ(1,200本)の織り糸が使用されています。


黒綬こくじゅ墨綬ぼくじゅ)より下位のじゅげき*1は、長さ3尺(約69cm)、じゅと同じ色、しゅじゅの半分を使用します。

脚注

*1 綬(じゅ)を帯(おび)につなぐための組紐(くみひも)のこと。

青紺綬せいこんじゅ

百石ひゃくせきの官吏に与えられたじゅ

ぐねぐねとよじり合わせた青紺色せいこんいろ1色のじゅで、長さは1丈2尺(約276cm)。

色と身分

じゅの色は、身分が高い方から、

  • 黄赤こうせきだいだい
  • 赤色
  • 緑色(れいれい
  • 紫色(
  • 青色
  • 黒色(ぼく
  • 黄色
  • 青紺せいこん

となります。

この他に、車蓋しゃがい(馬車のおおい)や服の色なども、身分によって使用できる色が決められていましたが、必ずしもじゅの色による身分の順と一致するものではありませんでした。

このことから、当時すべてに共通するとうとい色やいやしい色があったわけではないことが分かります。


スポンサーリンク


官爵と印綬の一覧表

以上は続漢書ぞくかんじょ輿服志よふくしを基に作成しています。

一方で東観漢記とうかんかんきには続漢書ぞくかんじょ輿服志よふくしと一部異なる記述がありますので、東観漢記とうかんかんきを基にした一覧表も合わせてご紹介します。

『続漢書』輿服志

官爵 じゅ
名称 色数 長さ(約)
天子 玉璽 黄赤綬 4 688cm 500
太皇太后
皇太后
皇后
皇太子 金印 赤綬 4 488cm 300
諸侯王
貴人 緑綬
(綟綬)
(盭綬)
3 240
相国
三公 紫綬
(緺綬)
2 392cm 180
列侯
将軍
九卿 銀印 青綬 3 120
中二千石
二千石
比二千石
千石 銅印 黒綬
(墨綬)
3 369cm 80
比千石
六百石
比六百石
四百石 黄綬 1 346cm 60
比四百石
三百石
比三百石
二百石
比二百石
百石 青紺綬 1 276cm

例外

  • 六百石ろっぴゃくせき尚書僕射しょうしょぼくや銅印青綬どういんせいじゅ
  • 四百石よんひゃくせき三百石さんびゃくせき県長けんちょう銅印黒綬どういんこくじゅ

東観漢記

官爵 じゅ
天子 玉璽 黄赤綬
諸侯王 金璽 綟綬
三公 金印 紫綬
列侯
将軍
九卿 銀印 青綬
中二千石
二千石
比二千石
千石 銅印 黒綬
比千石
六百石
比六百石
四百石
比四百石
三百石 黄綬
比三百石
二百石
比二百石

例外

  • 県令けんれい県長けんちょう銅印黄綬どういんこうじゅ
関連記事

秩石(官秩)一覧