正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「か」から始まる人物の一覧⑨[夏育かいく夏逸かいつ夏栄かえい夏黄公かこうこう夏氏かし野王君やおうくん)・夏舎かしゃ夏昭かしょう夏大夫かたいふ夏父かほ夏父弗忌かほふつき)・夏牟かぼう]です。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


 か⑨

夏(か)

夏育かいく戦国せんごく時代の勇士)

生没年不詳。戦国せんごく時代の勇士。

いにしえの勇士の例えとして、正史せいし三国志さんごくし度々たびたび名前が登場する。

『魏書』袁紹伝・注・『魏氏春秋』

陳琳ちんりん檄文げきぶんの中に名前が登場する。

「幕府(袁紹えんしょう)はかん朝の御稜威みいつ御威光ごいこう)を奉じ、天下四方に使者を出し、百万の長戟ちょうげきの士、千隊の胡人こじんの騎兵、中黄ちゅうこう夏育かいく烏獲うかくごとき勇士を奮い立たせ、(以下略)」

『魏書』曹仁伝・注・『傅子』

曹大司馬そうだいしば曹仁そうじん)の武勇は、孟賁もうほん夏育かいくにも引けを取らない。張遼ちょうりょうは彼の次に位する。

『魏書』袁渙伝

文帝ぶんてい曹丕そうひ)は袁渙えんかん従弟じゅうてい袁敏えんびんに「袁渙えんかんの勇気はどのようだったか」とたずねた。

袁敏えんびんは「かんは、容貌ようぼう柔和にゅうわに見えましたが、大義にかかわる状況に直面し、危難に身を置いたときには、孟賁もうほん夏育かいくでさえも超えられないほどでした」と答えた。

『魏書』程昱伝

官渡かんとの戦いの初め、袁紹えんしょう軍が南に渡河とがする動きを見せると、曹操そうそう黄河こうが南岸の鄄城県けんじょうけんに増援を送ろうとしたが、鄄城県けんじょうけんを守る程昱ていいくは「兵が少ないのを見れば、敵はえて攻めては来ないはずです。逆に兵を増やせば攻撃せずにはおかないでしょう」と言い、無駄に兵をそこなわぬよう増援を断った。

曹操そうそう程昱ていいくの言葉に従い、はたして袁紹えんしょうは「程昱ていいくの兵が少ない」と聞いて鄄城県けんじょうけんを攻撃目標としなかったので、曹操そうそう賈詡かくに「程昱ていいくきも孟賁もうほん夏育かいく以上だな…」と言った。

『呉書』張紘伝

孫権そんけん合肥がっぴの遠征の時のこと。長史ちょうし張紘ちょうこうは、みずから先頭に立って敵にぶつかって行こうとする孫権そんけんいさめて「願わくは、孟賁もうほん夏育かいくといった連中と同様の勇猛な心はおおさえくださり、お心に覇王としての計略をお持ちいただきますように」と言った。

『呉書』薛綜伝

黄龍こうりゅう3年(231年)、1度はくだった遼東りょうとう公孫淵こうそんえんそむくと、孫権そんけんはひどく腹を立てて「みずか公孫淵こうそんえんを討伐する」と言い出した。

薛綜せっそうはこれをいさめて「遼東りょうとうを討伐するべきでない」理由を3つげ、その2つ目に「海の危険の前には、孟賁もうほん夏育かいくのような勇力があったとしても、その力を発揮する所がありません」と言った。


夏育かいく戦国せんごく)」の関連記事

夏育かいく護烏丸校尉ごうがんこうい

生没年不詳。霊帝れいてい期の仮司馬かしば北地太守ほくちたいしゅ護烏丸校尉ごうがんこうい護羌校尉ごきょうこうい

仮司馬

建寧けんねい2年(169年)、当時仮司馬かしばであった夏育かいくは、破羌将軍はきょうしょうぐん段熲だんけいに従って羌族きょうぞくを討伐し、この年の7月、射虎塞しゃこさいの外谷で先零羌せんれいきょうを破り、東羌とうきょうを平定した。

北地太守

熹平きへい3年(174年)12月、鮮卑せんぴ涼州りょうしゅう北地郡ほくちぐんに侵入すると、当時北地太守ほくちたいしゅであった夏育かいくは、屠各とかく*1ひきいてこれを破り、護烏丸校尉ごうがんこういうつされた。

護烏丸校尉

熹平きへい6年(177年)4月、鮮卑せんぴが3方向から侵寇しんこうすると、夏育かいく鮮卑せんぴ討伐を上書した。

これを受け、中常侍ちゅうじょうじ王甫おうほは、破鮮卑中郎将はせんぴちゅうろうしょう田晏でんあん護烏丸校尉ごうがんこうい夏育かいくに討伐させることを提案。これに蔡邕さいようは「その2人では力不足だ」と反対するが、霊帝れいてい蔡邕さいようの言葉を聞き入れなかった。

8月、朝廷は夏育かいく幽州ゆうしゅう代郡だいぐん高柳県こうりゅうけんから、田晏でんあん幷州へいしゅう并州へいしゅう)・雲中郡うんちゅうぐんから、匈奴中郎将きょうどちゅうろうしょう臧旻ぞうびん幷州へいしゅう并州へいしゅう)・鴈門郡がんもんぐんから、それぞれ1万騎をひきいて2千余里(約860km)に渡る遠征を行ったが、夏育かいくらは大敗して逃げ帰り、その7〜8割の兵が戦死した。

3将は敗戦の罪により獄に下され、庶人しょじんに落とされることで罪をあがなった。

護羌校尉

光和こうわ7年(184年)、当時護羌校尉ごきょうこういであった夏育かいくは、畜官ちくかん叛乱はんらんした羌族きょうぞくに包囲された。

この時、漢陽長史かんようちょうし蓋勲こうくんが州郡の軍兵を糾合きゅうごうして夏育かいくの救援に向かったが、狐槃こはんまで来たところで羌族きょうぞくに敗れてしまった。

脚注

*1匈奴きょうどの部落名。屠各とかく休屠各きゅうとかく屠各胡とかくこ休屠各胡きゅうとかくこ休著屠各きゅうちょとかくは同じ部族。


夏育かいく護烏丸校尉ごうがんこうい)」の関連記事

夏育かいく郭汜かくし徒党ととう

生没年不詳。郭汜かくし党羽とうう徒党ととう

興平こうへい2年(195年)10月、長安ちょうあんを脱出した献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)を目指していた時のこと。

郭汜かくし徒党ととう夏育かいく高碩こうせき伍習ごしゅうらが反乱を起こして献帝けんていの行く手をはばんだが、献帝けんていを守護する楊定ようてい楊奉ようほうらに撃ち破られた。


夏育かいく郭汜かくし徒党ととう)」の関連記事

夏逸かいつ

生没年不詳。守長しゅちょう

建安けんあん年間(196年〜220年)の末、守長しゅちょう夏逸かいつ督郵とくゆう(郡の行政監察官)から無実の罪におとしいれられたが、冀州きしゅう趙郡ちょうぐん出身の主簿しゅぼ張登ちょうとう拷問ごうもんを引き受け、夏逸かいつの罪を正しく処理させた。


夏栄かえい

生没年不詳。王和平おうかへいの弟子。

光和こうわ年間(178年〜184年)、青州せいしゅう北海郡ほっかいぐん王和平おうかへいがまた道術どうじゅつを好み、「自分は仙人になるのだ」と称した。

青州せいしゅう済南国せいなんこく孫邕そんようが若い時から彼に仕え、師と共に京師けいし洛陽らくよう雒陽らくよう)]にやって来た。たまたま王和平おうかへいが病気で死んでしまうと、孫邕そんようはそのまま東陶とうとうの地に遺骸いがいほうむり、書物が百余巻、薬が数袋あったのも、みな一緒にひつぎおさめて埋めた。

後に弟子の夏栄かえいが「王和平おうかへい尸解しかい*2したのだ」と述べた。

孫邕そんようは、今に至るまで貴重な書物と仙薬を自分のものとしなかったことをやんでいる。

脚注

*2仙人になるに際し、竹杖ちくじょうなどをわりにして、外見的には死んだと見せかけて仙去するのを尸解しかいと言う。白日昇天などの方途で仙人になるよりも劣るとされる。


夏栄かえい」の関連記事

夏黄公かこうこう

生没年不詳。揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐん鄞県ぎんけん大里だいりの人(諸説有り)。しんかん代の隠者。

しん末に乱を避けて商山しょうざんに隠居した4人の老人、

  • 東園公とうえいこう
  • 夏黄公かこうこう
  • 甪里先生ろくりせんせい
  • 綺里季きりき

の1人。みな鬚眉しゅび(ヒゲとまゆ)が白かったので「四皓しこうしょうざんこうしょうろう)」と呼ばれた。

暴虐ぼうぎゃくしんの世にあっておのれきよたもち、かん高祖こうそ劉邦りゅうほう)が即位した時、しばしば彼をしたが1度もまねき寄せることができず、恵帝けいていつつしみ礼を低くしてまねいた時、初めて出仕して天下の危難を救った。


魏書ぎしょ管寧伝かんねいでんでは、正始せいし2年(241年)に、

  • 太僕たいぼく陶丘一とうきゅういつ
  • 永寧宮えいねいきゅう衛尉えいいである孟観もうかん
  • 侍中じちゅう孫邕そんよう
  • 中書侍郎ちゅうしょじろう王基おうき

らが管寧かんねいを推薦してべた言葉の中に名前が登場し、

呉書ごしょ虞翻伝ぐはんでんでは、虞翻ぐはん虞翻ぐほん)が会稽太守かいけいたいしゅ赴任ふにんした王朗おうろうに「会稽郡かいけいぐんの立派な人物や婦人たちの名を詳しく聞かせてくれまいか」とたずねられた際、「上古の時代に立派な事跡を残し、あるいは節操をつらぬき通した人物」としてげた人物たちの中に名前がある。


夏黄公かこうこう」の関連記事

夏氏かし野王君やおうくん

生没年不詳。益州えきしゅう蜀郡しょくぐん郫県ひけんの人。

東宮とうぐうの女官から明帝めいてい曹叡そうえい)の皇后こうごうとなった毛皇后もうこうごう明悼毛皇后めいとうもうこうごう)の母。

青龍せいりゅう4年(236年)に野王君やおうくんの称号を追贈された。


夏舎かしゃ

生年不詳〜太和たいわ2年(228年)没。護鮮卑校尉ごせんぴこうい田豫でんよが派遣した通訳。

建安けんあん年間(196年〜220年)にかんへの朝貢と叛逆を繰り返していた鮮卑せんぴ大人たいじん軻比能かひのうは、文帝ぶんてい曹丕そうひ)が即位して以降、と良好な関係を続けていた。

黄初こうしょ5年(224年)、軻比能かひのう護鮮卑校尉ごせんぴこうい田豫でんよの調停を破って、再び東部とうぶ鮮卑せんぴ大人たいじん素利そりに攻撃を加えると、田豫でんよは背後から軻比能かひのう軍の小隊長・瑣奴さどを攻撃して敗走させた。

その後、軻比能かひのう輔国将軍ほこくしょうぐん鮮于輔せんうほを通じてこれを非難すると、文帝ぶんてい曹丕そうひ)は田豫でんよ軻比能かひのうと友好関係を結ぶように命じた。

太和たいわ2年(228年)、田豫でんよは通訳の夏舎かしゃを派遣して、軻比能かひのう女婿むすめむこ鬱築鞬うつちくけんの部族を訪問させたが、夏舎かしゃ鬱築鞬うつちくけんに殺害されてしまった。


夏舎かしゃ」の関連記事

夏昭かしょう

生没年不詳。高幹こうかん配下の将。

建安けんあん10年(205年)、1度は曹操そうそうに降伏した幷州刺史へいしゅうしし高幹こうかんが反乱を起こし、上党太守じょうとうたいしゅを捕らえて壺関こかんの入り口を守った。

建安けんあん11年(206年)、曹操そうそうみずか高幹こうかん討伐に出陣すると、高幹こうかんは部下の夏昭かしょう鄧升とうしょう壺関城こかんじょうの守備に残し、自分は匈奴きょうど単于ぜんう匈奴きょうどの首長)に救援を求めに行ったが、単于ぜんうはこれを無視した。

曹操そうそう壺関城こかんじょうを包囲すること3ヶ月、城は陥落し、高幹こうかん劉表りゅうひょうを頼って荊州けいしゅうに逃走するも、上洛都尉じょうらくとい王琰おうえんに捕らえられ斬り殺された。


夏昭かしょう」の関連記事

夏大夫かたいふ

生没年不詳。管輅かんろおじ(母の兄弟)。

正始せいし9年(248年)、吏部尚書りぶしょうしょ何晏かあん管輅かんろを招待し、管輅かんろ何晏かあん鄧颺とうようと語り合った。

管輅かんろは宿舎に帰ると、舅氏おじ(母の兄弟)の夏大夫かたいふにこの会見の模様を詳しく語った。夏大夫かたいふ管輅かんろの言葉があけすけ過ぎたと非難したが、管輅かんろは「死人と話しているのに、なんのおそはばかることがありましょうや」と言った。

翌年、何晏かあん鄧颺とうようそろって誅殺ちゅうさつされると、夏大夫かたいふ管輅かんろに「以前、何晏かあん鄧颺とうように会った時、もう凶気があったのか?」とたずねた。

すると管輅かんろは、

わざわいある人は、その人と会うことによって初めてその精神が錯乱さくらんしていることが知られ、立派な人物もその人と親しむことによって、聖賢がいかにたくみに精妙なものを探知するかということが知られます。
鄧颺とうようの歩きぶりと申せば、筋が骨と離れ、脈は肉を制御することができず、立った姿は不安定で、手足もあってないようなものでした。こうした有り様を『鬼躁きそう(使者の錯乱さくらん)』と言います。
何晏かあんの目つきと申せば、魂があるべき所を離れてしまい、血もよどんだ色で、精神は齟齬そごきたしてふわふわとただよい、その容貌ようぼうれ木のようでした。こうした様子を『鬼幽きゆう(使者の不活発さ)』と言います。
もとより『鬼躁きそう』の者は風に捕らえられ、『鬼幽きゆう』の者は火に焼かれるのが自然の成り行きであって、誰もそれをまぬかれることはできないのです」

と答えた。


夏父かほ夏父弗忌かほふつき

生没年不詳。宗伯そうはく宗廟そうびょう昭穆しょうぼく(父子長幼の序列)の礼を取り仕切る]。

文公ぶんこう2年(紀元前624年)秋8月、夏父弗忌かほふつきは[僖公きこう釐公きこう)の子である文公ぶんこうにおもねって、]先代の僖公きこう釐公きこう)を先々代の閔公びんこう湣公びんこう)の上位に祭った。

宗伯そうはくの役人たちは、「昭穆しょうぼく(父子長幼の序列)の順に反する」とこれに反対したが、夏父弗忌かほふつきは「(徳の)大なるを先にして(徳の)小なるを後にするは、順なり」と言って聞き入れず、ついに僖公きこう釐公きこう)を上位に置いた。

夏父弗忌かほふつきの死後、彼を埋葬しようとしたところ、突然ひつぎから火が出て煙が天に達したと言う。


魏書ぎしょ明帝紀めいていぎ太和たいわ3年(229年)、元城王げんじょうおう曹礼そうれい繁陽王はんようおう曹穆そうぼくあいいで亡くなった。秋7月、明帝めいてい曹叡そうえい)は詔書しょうしょを下し、「過去の時代の出来事をいましめとして、正しい血統をもって本家を継がせる」ことを念押ししたが、その中に「文公ぶんこう祭祀さいしの順序をひっくり返したが、その罪は夏父かほ夏父弗忌かほふつき)に由来している」とある。


夏牟かぼう

生没年不詳。霊帝れいていが創設した西園八校尉せいえんはちこういの1人。

中平ちゅうへい5年(188年)、天下が混乱していたので、霊帝れいてい寵愛ちょうあいしていた小黄門しょうこうもん宦官かんがん)の蹇碩けんせき西園せいえん上軍じょうぐん校尉こういに任命し、首都・洛陽らくよう雒陽らくよう)に駐屯させて四方をおさえたいと考えた。

そこで霊帝れいていは天下の豪傑をし寄せて蹇碩けんせきの副将に任命したが、この時夏牟かぼうは、その1人として左校尉さこういに任命された。


夏牟かぼう」の関連記事


スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引