『三国志演義』から正史『三国志』まで、『三国志』に関連する用語を簡単に解説する用語事典の「に」で始まる用語をまとめています。

スポンサーリンク

二千石(にせんせき)

官秩かんちつ秩石ちっせき)の1つ。

官秩かんちつとは官吏の俸禄のことで、太守たいしゅ官秩かんちつ二千石にせんせきであることから、太守たいしゅの代名詞としてももちいられました。

関連記事

【後漢・三国時代の官職25】太守・国相(王国相)・属国都尉


入朝不趨(にゅうちょうふすう)

天子てんしから特別な臣下に与えられる特権(特別待遇)の1つ。

臣下は天子てんしの前では腰をかがめて小走りに進まなければいけないが、天子てんしと同様に普通に歩いても良いという特権。

前漢ぜんかん相国しょうこく蕭何しょうかに許されたのをはじめに、後漢ごかんでは梁冀りょうき董卓とうたく曹操そうそうがこの特権を許されました。

関連用語


スポンサーリンク


【三国志用語事典】総索引

【三国志用語事典】総索引