『三国志演義』から正史『三国志』まで、『三国志』に関連する用語を簡単に解説する用語事典の「は行」で始まる用語をまとめています。

スポンサーリンク

は行

博士(はくし)

 定員:14名・ちつ比六百石(五品)

後漢ごかん=○・=太学博士たいがくはくししょく=○・=○]

博士弟子はくしていし儒教じゅきょうや官僚として必要な知識を教える教授。博士はくし博士祭酒はくしさいしゅに属します。

関連用語
関連記事

【後漢・三国時代の官職08】太常 > 博士


博士祭酒(はくしさいしゅ)

 定員:1名・ちつ六百石(五品)

後漢ごかん=○・=太学博士祭酒たいがくはくしさいしゅしょく=○・=○]

太学たいがく博士はくしの中から選ばれ、国士学を取り仕切る官職。博士祭酒はくしさいしゅ太常たいじょうに属します。

関連用語
関連記事

【後漢・三国時代の官職08】太常 > 博士祭酒


博士弟子(はくしていし)

太学たいがくの学生。博士はくしについて儒教じゅきょうや官僚として必要な知識を習得する官僚候補生。太学生たいがくせいとも言います。

関連用語

破虜将軍(はりょしょうぐん)

雑号将軍の1つ。後漢ごかん末期には董卓とうたく孫堅そんけんが任命されました。


避諱(ひき)

天子てんしや親など、目上の人物のいみな(実名)を直接口にしたり、書いたりすることをタブー視する風習のこと。

特に天子てんしいみなは厳重に避けられ、天子てんしいみなと同じ漢字を使った名称は、すべて違う漢字に置きかえられました。

関連用語

驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)

 定員:1名・ちつ不明(二品)

大将軍だいしょうぐんに次ぐ武官第2位の将軍号。その位は三公さんこうに匹敵します。


斧鉞・鈇鉞(ふえつ)

天子てんしもしくは臨朝称制りんちょうしょうせいしている皇太后こうたいごうの命令により、出征する将軍にさずけられたおのまさかりのこと。

斧鉞ふえつさずけられた者には専殺権が与えられました。


辟車(へきしゃ)

県吏。車馬に随従して人払いを務めます。


辟召(へきしょう)

大将軍だいしょうぐん三公九卿さんこうきゅうけい太守たいしゅ県令けんれいなどの地方長官が行うことが出来る人材登用制度のこと。

この制度によって、彼らの判断で優秀な人材を自分の部下に取り立てることができました。

関連用語

別部司馬(べつぶしば)

別働隊を指揮する部隊長。


封土(ほうど)

諸侯王しょこうおう列侯れっこうに与えられた領土のこと。

諸侯王しょこうおう列侯れっこうは、封土ほうどから徴収される租税そぜいを自分の収入とすることができました。

また、諸侯王しょこうおう列侯れっこうに与えられた郡や県は「○○国」と呼称されるようになります。

関連用語

放伐(ほうばつ)

易姓革命えきせいかくめいの思想にもとづいて、徳を失った天子てんしがより徳が高い人物に武力によって追放されること。

関連用語

封邑(ほうゆう)


北宮(ほくきゅう)

後漢ごかん洛陽城らくようじょうの内部にある宮城。南宮なんきゅうと復道(渡り廊下)で結ばれていました。


スポンサーリンク


【三国志用語事典】総索引

三国志用語事典