正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「か」から始まる人物の一覧㊵太原郡たいげんぐん郭氏かくし郭全かくぜん郭縕かくうん郭淮かくわい郭配かくはい郭鎮かくちん郭統かくとう郭展かくてん郭豫かくよ郭槐かくかい郭彰かくしょう郭奕かくえき郭正かくせい)です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

太原郡郭氏系図

太原郡郭氏系図

太原郡たいげんぐん郭氏かくし系図

※親が同一人物の場合、左側が年長。
郭豫かくよ以下の兄弟の順は不明。
裴秀はいしゅうの妻。
王衍おうえんの妻。


この記事では潁川郡えいせんぐん郭氏かくしの人物、

についてまとめています。


スポンサーリンク


か㊵(太原郭氏)

第1世代(郭全)

郭全かくぜん

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。子は郭縕かくうん。孫に郭淮かくわい郭配かくはい郭鎮かくちん

大司農だいしのうとなった。


第2世代(郭縕)

郭縕かくうん

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭全かくぜん。子に郭淮かくわい郭配かくはい郭鎮かくちん

雁門太守がんもんたいしゅ*1であった。

脚注

*1幷州へいしゅう并州へいしゅう)・雁門郡がんもんぐん鴈門郡がんもんぐん)の太守たいしゅ


第3世代(郭淮・郭配・郭鎮)

郭淮かくわい伯済はくせい

生年不詳〜正元せいげん2年(255年)没。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭縕かくうん。弟に郭配かくはい郭鎮かくちん。子に郭統かくとう。妻は王淩おうりょうの妹。

曹操

建安けんあん年間(196年〜220年)に孝廉こうれんに推挙されて、平原府へいげんふじょう*2に任命された。

建安けんあん16年(211年)、文帝ぶんてい曹丕そうひ)が五官将ごかんしょう五官中郎将ごかんちゅうろうしょう)となると、されて門下賊曹もんかぞくそうに任命されたが、丞相兵曹議令史じょうしょうへいそうぎれいしに転任して漢中かんちゅう征討に従軍した。

曹操そうそうは帰還する時、征西将軍せいせいしょうぐん夏侯淵かこうえん漢中かんちゅうとどめて劉備りゅうびを防がせたが、その時郭淮かくわい夏侯淵かこうえん司馬しばとした。


建安けんあん24年(219年)正月、劉備りゅうび夏侯淵かこうえんの陣営に攻め寄せ、夏侯淵かこうえんが戦死して諸陣営は大混乱におちいった。この時、郭淮かくわいは病気で出陣していなかったが、逃げ散った兵たちを集め、盪寇将軍とうこうしょうぐん張郃ちょうこうを大将(軍主)にし立てたので、諸陣営はやっと落ち着いた。

次の日、劉備りゅうびが攻め寄せて来ると、諸将は「しゅうてきせず」と、漢水かんすい沿って陣営を作り、敵を防ぐように主張したが、郭淮かくわいは「漢水かんすいから離れて陣営をきずき、敵がなかばまで渡ったところを攻撃する方が良いでしょう」と言った。その結果、劉備りゅうびはためらって渡って来なかった。

この事を聞いた曹操そうそうは、張郃ちょうこうせつを与え、再び郭淮かくわい張郃ちょうこう司馬しばとした。

文帝(曹丕)

曹丕そうひが王位にくと、郭淮かくわい関内侯かんだいこうの爵位をたまわり、鎮西長史ちんぜいちょうしに転任した。また征羌護軍せいきょうごぐんを兼務し、左将軍さしょうぐん張郃ちょうこう冠軍将軍かんぐんしょうぐん楊秋ようしゅうを監督し、山賊の鄭甘ていかん盧水ろすいの反乱蛮族(はん)を討伐し、すべて撃ち破り平定した。これにより関中かんちゅうは初めて平定され、住民は安心して仕事に従事できるようになった。


黄初こうしょ元年(220年)、郭淮かくわいは「文帝ぶんてい曹丕そうひ)が帝位にいたことを奉賀ほうがする使者」として都にのぼることになったが、途中で病気にかかったため祝賀しゅくがうたげに遅れてしまった。

文帝ぶんてい曹丕そうひ)は厳しい態度で彼を責めたが、郭淮かくわいの弁解の言葉を気に入り、雍州刺史ようしゅうししの代行に抜擢ばってきして射陽亭侯しゃようていこうに封じ、5年して真の刺史ししとした。

郭淮かくわい安定郡あんていぐん羌族きょうぞく大帥たいすい辟蹏へきていの反乱を討伐して撃ち破り、これを降伏させた。羌族きょうぞくが来降するたびに、郭淮かくわいはいつもまず人をってその親類関係、男女の多少、年の長幼を調べさせておいた。会見の際には、1つ2つのことからその心情をさっし、質問は行き届いていたので、みなその神のごと明瞭めいりょう振りを称賛した。

明帝(曹叡)

太和たいわ2年(228年)、しょく丞相じょうしょう諸葛亮しょかつりょう祁山きざんに出陣して将軍しょうぐん馬謖ばしょく街亭がいていに派遣し、高詳こうしょう列柳城れつりゅうじょうに駐屯させると、張郃ちょうこう馬謖ばしょくを攻撃し、郭淮かくわい高詳こうしょうの陣営を攻撃していずれも撃ち破った。

また、隴西ろうせい羌族きょうぞくの名家・唐蹏とうてい枹罕ほうかんで撃ち破り、建威将軍けんいしょうぐんを加えられた。


太和たいわ5年(231年)、しょく鹵城ろじょうに出陣した。

この時、隴右ろうゆう地方には穀物こくもつがなく、関中かんちゅうから大量に輸送することを論議していたが、郭淮かくわいは威光と恩愛をもって羌族きょうぞく手懐てなずけ、家ごとに穀物こくもつを出させて公平に輸送の労役を割り当てたので、兵糧は充足した。揚武将軍ようぶしょうぐんに転じた。


青龍せいりゅう2年(234年)、諸葛亮しょかつりょう斜谷やこくに出陣し、蘭坑らんこうで田畑を耕作した。

この時、司馬懿しばい渭南いなんに駐屯していた。郭淮かくわい諸葛亮しょかつりょう北原ほくげんを争うに違いないと判断し「先に北原ほくげんを占領するべきだ」と主張した。

論者の多くは賛成しなかったが、郭淮かくわいが「もし諸葛亮しょかつりょう渭水いすいまたがって高原に登り、兵を北山ほくざんつらねてろうへの街道を絶ち切り、民衆や蛮族たちをり動かすならば、それこそ国家の利益ではございません」と言うと、司馬懿しばいは彼の説に賛同し、郭淮かくわい北原ほくげんに駐屯させた。

北原ほくげんに到着すると、塹壕ざんごう塁壁るいへきがまだ完成しないうちに蜀兵しょくへいが多数来襲したが、郭淮かくわいはそれを迎撃した。

数日後、諸葛亮しょかつりょうは兵力を誇示こじして西に移動した。諸将はみな「諸葛亮しょかつりょうは西の陣営(西せい)を攻撃するつもりなのだ」と言ったが、郭淮かくわいは「この動きは陽動ようどうで、陽遂ようすいを攻撃するに違いない」と言った。

その夜、諸葛亮しょかつりょう陽遂ようすいを攻撃してきたが、そなえがあったため近づくことができなかった。

厲公(曹芳)

正始せいし元年(240年)、蜀将しょくしょう姜維きょうい隴西ろうせいに侵攻して来たが、郭淮かくわいは軍を進めて彊中きょうちゅうまで追撃し、姜維きょういは退却した。郭淮かくわいはそのまま羌族きょうぞく迷当めいとうらを討伐し、従順な氐族ていぞく3千余部落を鎮撫ちんぶし強制移住させて関中かんちゅうを充実させた。左将軍さしょうぐんに昇進した。

涼州りょうしゅう休屠胡きゅうとこ梁元碧りょうげんへきらが2千余家の部落をひきいて雍州ようしゅうに帰順した。郭淮かくわいは上奏して彼らを安定郡あんていぐん高平県こうへいけんに住まわせ、西川都尉せいせんとい西州都尉せいしゅうとい)を設置した。前将軍ぜんしょうぐんに転任したが、元通り州を宰領した。


正始せいし5年(244年)、夏侯玄かこうげんしょくを討伐した時、郭淮かくわいは諸軍を指揮して先鋒となった。この時、郭淮かくわいが形勢不利と判断してすぐさま軍を敵地から抜け出させたため、大敗せずに済んだ。帰還すると、郭淮かくわいせつが与えられた。

正始せいし8年(247年)、隴西ろうせい南安なんあん金城きんじょう西平せいへいの諸羌族きょうぞく餓何がか焼戈しょうか伐同ばつどう蛾遮塞がしゃさいらが結託して反乱を起こし、城邑じょうゆうを攻撃・包囲して南方から蜀兵しょくへいまねくと、涼州りょうしゅうの蛮族の名家・治無戴ちぶたいもまた反乱を起こしてこれに呼応した。

討蜀護軍とうしょくごぐん夏侯覇かこうはは、諸軍を指揮して為翅いしに駐屯した。郭淮かくわいの軍が狄道てきどうに到着した時、論者はみな「先に枹罕ほうかんを討って平定し、内は暴悪な羌族きょうぞくを平らげ、外はぞくの計画を打ちくだくべきだ」と主張したが、郭淮かくわいは「姜維きょういは必ず夏侯覇かこうはを攻撃する」と判断し、そのまま渢中ふうちゅうに入り、南に転じて夏侯覇かこうはを迎えた。郭淮かくわいの読み通り、姜維きょうい為翅いしを攻撃したが、ちょうど郭淮かくわいの軍が到着したので逃走した。進撃して反乱した羌族きょうぞくを討伐し、餓何がか焼戈しょうかを斬ると、1万余の部落が降伏した。


正始せいし9年(248年)、蛾遮塞がしゃさいらが河関かかん白土はくどの古城に駐屯し、河にって抵抗すると、郭淮かくわいは上流地域で行動すると見せかけてひそかに下流から兵を渡し、白土城はくどじょうを攻撃して大いにこれを撃ち破った。

この時、治無戴ちぶたい武威ぶいを包囲したが、その家族は西海せいかいとどまっていた。郭淮かくわいは軍を進めて西海せいかいおもむき、襲撃して妻子を奪取しようとしたが、たまたま治無戴ちぶたいが敗れて帰って来たので、龍夷りゅういの北で戦って敗走させた。また、令居れいきょの暴悪な蛮人ばんじん石頭山せきとうざんの西にきょを構え、街道をさえぎっての使者(王使)の往来を妨害していたので、郭淮かくわいは帰還の途中に立ち寄ってこれを討伐し、大いに撃ち破った。

その後、蜀将しょくしょう姜維きょうい石営せきえいに出陣し、彊川きょうせんを通って西に向かい治無戴ちぶたいを出迎えると、陰平太守いんぺいたいしゅ廖化りょうか成重山せいちょうざんとどめて城をきずかせ、敗れた羌族きょうぞくから確保していた人質を収容した。

郭淮かくわいが兵を分けて廖化りょうかを攻めようとすると、諸将は兵力を分散することに反対したが、郭淮かくわいは「姜維きょういが駆けつける頃までには廖化りょうかを平定できる。姜維きょういの軍を疲れさせることができ、蛮賊ばんぞくとの連合も自然と離れるであろう」と言い、別に夏侯覇かこうはらを派遣して沓中とうちゅう姜維きょういを追わせ、自身は諸軍をひきいて廖化りょうかを攻撃した。

結果、姜維きょうい廖化りょうかの救援に駆けつけ、すべて郭淮かくわいの言った通りとなった。都郷侯ときょうこうに爵位を進めた。


嘉平かへい元年(249年)、征西将軍せいせいしょうぐん都督雍涼諸軍事ととくようりょうしょぐんじに昇進し、雍州刺史ようしゅうしし陳泰ちんたいと策をり、しょく牙門将がもんしょう句安こうあんらをの近くで降伏させた。


嘉平かへい2年(250年)、みことのりによりこれまでの功績をたたえられ、車騎将軍しゃきしょうぐん儀同三司ぎどうさんしとなり、持節じせつ都督ととくについてはこれまで通りとされた。また、陽曲侯ようきょくこうに爵位を進められ、領邑りょうゆうは合計2,780戸となったが、3百戸を分割して1子を亭侯ていこうに取り立てた。


嘉平かへい3年(251年)、王淩おうりょう曹芳そうほうに代えて曹彪そうひょう擁立ようりつしようとくわだてたが、事が露見ろけんして司馬懿しばいの討伐を受け、王淩おうりょうは毒薬を飲んで自害し、王淩おうりょうの妹である郭淮かくわいの妻も連座して逮捕された。

この時、督将とくしょう羌族きょうぞく渠帥きょすい・数千人が叩頭こうとうして「妻をとどめて欲しい」と要請した。郭淮かくわいは従おうとしなかったが、郭淮かくわいの5人の子が、叩頭こうとうして血を流しながら請願すると、郭淮かくわいごすにしのびず、やっと左右の者に妻を連れ戻すよう命じた。

妻を連れ戻すと、郭淮かくわい司馬懿しばいに「5人の子は我が身をしまずいのちいをしております。母が死をたまわれば、5人の子は死を選ぶでしょう。5人の子を失えば、私も生きてはいられません。私は妻を連れ戻しましたが、罪に服する覚悟はできております」と言上した。司馬懿しばいはこの文書が届くと、妻と彼らの罪を許した。

曹髦

正元せいげん2年(255年)に亡くなり、大将軍だいしょうぐんを追贈され、貞侯ていこうおくりなされた。

脚注

*2青州せいしゅう平原国へいげんこく平原県へいげんけん県令けんれいの次官。


郭淮かくわい」の関連記事

郭配かくはい仲南ちゅうなん

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭縕かくうん。兄に郭淮かくわい。弟に郭鎮かくちん。子に郭展かくてん郭豫かくよむすめ裴秀はいしゅうの妻)、郭槐かくかい広城君こうじょうくん

高い名声があり、官位は城陽太守じょうようたいしゅにまで昇った。

裴秀はいしゅう賈充かじゅうはどちらも郭配かくはい女婿むすめむこであった。


郭配かくはい」の関連記事

郭鎮かくちん季南きなん

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭縕かくうん。兄に郭淮かくわい郭配かくはい。子に郭奕かくえき郭弈かくえき

謁者僕射えっしゃぼくやとなった。


郭鎮かくちん」の関連記事

第4世代[郭統・郭展・郭豫・郭槐・郭彰・郭奕(郭弈)]

郭統かくとう

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭淮かくわい。子に郭正かくせい

父・郭淮かくわいの後を継いだ。

官位は荊州刺史けいしゅうししにまで昇った。


郭展かくてん泰舒たいじょ

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭配かくはい。弟妹に郭豫かくよ裴秀はいしゅうの妻、郭槐かくかい広城君こうじょうくん)、郭彰かくしょう

器量と才幹を有し、いくつかの職を歴任して優秀な成績をおさめ、太僕たいぼくの官をつとめている時に亡くなった。


郭豫かくよ泰寧たいねい

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭配かくはい。兄に郭展かくてん、弟妹に裴秀はいしゅうの妻、郭槐かくかい広城君こうじょうくん)、郭彰かくしょうむすめ王衍おうえんの妻。

相国しょうこく参軍さんぐんとなって名を知られたが、早くに亡くなった。

むすめ王衍おうえんとついだ。


郭豫かくよ」の関連記事

郭槐かくかい媛韶えんしょう広城君こうじょうくん

青龍せいりゅう5年(237年)〜西晋せいしん元康げんこう6年(296年)没。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭配かくはい。兄弟に郭展かくてん郭豫かくよ。姉に裴秀はいしゅうの妻。弟に郭彰かくしょう。子に賈黎民かれいみん。娘に賈南風かなんぷう賈午かご

賈充に嫁ぐ

賈充かじゅうの前妻・李氏りしの父・李豊りほう司馬師しばし誅殺ちゅうさつされると、李氏りしは父に連座して流徙りゅうし(流罪)となり、賈充かじゅう城陽太守じょうようたいしゅ郭配かくはいむすめ郭槐かくかいめとったが、その後、武帝ぶてい司馬炎しばえん)が即位すると、大赦たいしゃにより李氏りしは帰還をゆるされた。

武帝ぶてい司馬炎しばえん)は特別に「賈充かじゅうに2人の夫人ふじんを置くこと」を許し、賈充かじゅうの母・柳氏りゅうしもまた「李氏りしを迎えるよう」に言ったが、賈充かじゅう嫉妬しっと深い郭槐かくかいを恐れて、2人の夫人ふじんを置くことを辞退した。

郭槐の嫉妬

賈充かじゅうの子・賈黎民かれいみんが3歳の時のこと。楼閣のところで乳母うばかれていた賈黎民かれいみんは、賈充かじゅうが入ってくるのを見て喜んで笑い、賈充かじゅうにくっついてでてもらった。

それを遠くから見ていた郭槐かくかいは「賈充かじゅう乳母うばと私通しているのだ」と思い、即刻そっこくむちで叩き殺したので、賈黎民かれいみん乳母うばを恋しがり病気になって死んでしまった。

のちにまた男子が生まれたが、賈充かじゅう乳母うばいている子の頭をさすったところ、郭槐かくかいはまた乳母うばを疑って殺害した。これにより、次の子も乳母うば思慕しぼして死んでしまったので、つい賈充かじゅうは後継ぎを残すことができなかった。

娘を太子妃とする

武帝ぶてい司馬炎しばえん)は太子妃たいしひとして衛瓘えいかんむすめめとろうとしていたが、賈充かじゅう郭槐かくかい夫妻は、元后げんこうに働きかけて賈充かじゅうむすめめとらせた。初め、太子たいしより1つ年下で12歳の賈午かごめとらせようとしたが、体が小さく婚礼衣装が合わなかったために、太子たいしより2つ年上で15歳の賈南風かなんぷうに変更された。

李氏を恐れる

賈充かじゅうの前妻・李氏りしは、貞淑ていしゅくで美しく才能があり、行いもすぐれていた。

これより以前、郭槐かくかい李氏りしに会うことをほっしたが、賈充かじゅうは会わせようとしなかった。

娘の賈南風かなんぷう太子妃たいしひとなると、郭槐かくかいは精一杯威厳いげんを示して李氏りしやしきたずねたが、彼女を出迎えた李氏りしの姿を見た郭槐かくかいは、そのあまりの美しさと気品にされて思わずひざくっし、2度も拝礼(再拝)してしまった。これ以降、郭槐かくかい李氏りしと出会うことを恐れ、行く先々で人をって、李氏りしがいないか偵察させるようになった。

賈充の後継ぎ

賈充かじゅうが亡くなると、郭槐かくかいは外孫の韓謐かんひつ賈黎民かれいみんの子として賈充かじゅうの後継ぎにしようとした。

郎中ろうちゅう韓咸かんかん中尉ちゅうい曹軫そうしんは「礼には『大宗(宗家)に後継ぎがいなければ、小宗(分家)の子を後継ぎとする』とありますが『異姓を後継ぎとする』という文はありません」といさめたが、郭槐かくかいはは従わなかった。

韓咸かんかんらは上書して後継ぎを改めることを求めたが、結局、武帝ぶてい司馬炎しばえん)は「韓謐かんひつ賈充かじゅうの後継ぎとすることを認め、太宰たいさい賈充かじゅう)ほどの功績がない限り異姓の後継ぎを許さず、これを前例としてはならない」とした。これが賈謐かひつである。

賈后(賈南風)を諫める

賈后かこう賈南風かなんぷう)には男子がなく、側室の子・愍懐太子びんかいたいし司馬遹しばいつ)が太子たいしに立てられていた。

広城君こうじょうくん郭槐かくかい)はたいそう愍懐太子びんかいたいし司馬遹しばいつ)をうやまい、事あるごとに賈后かこう賈南風かなんぷう)に「愍懐太子びんかいたいし司馬遹しばいつ)に愛情をそそげ」と言った。

また、賈謐かひつ韓謐かんひつ)は生まれの高貴さをたのみに、おごり高ぶって愍懐太子びんかいたいし司馬遹しばいつ)を尊重しなかったので、広城君こうじょうくん郭槐かくかい)はいつも厳しく彼をしかっていた。

広城君こうじょうくん郭槐かくかい)の病気が重くなると、占術師せんじゅつしが「広城君こうじょうくんに封ぜられているのがいけない」と言ったので、改めて宜城君ぎじょうくんに封ぜられた。

宜城君(郭槐)の死

宜城君ぎじょうくん郭槐かくかい)は臨終りんじゅうに際し、賈后かこう賈南風かなんぷう)の手を取って「くれぐれも愍懐太子びんかいたいし司馬遹しばいつ)に尽くすように」と命じ、また、「趙粲ちょうさん賈午かごは必ずあなたの政事を乱します。私が死んだら、彼らの言葉を聞き入れてはなりません。私の言葉を努々ゆめゆめ忘れないように」と言った。

宜城君ぎじょうくん郭槐かくかい)が亡くなると、せんおくりなし、殊礼しゅれいが加えられた。当時の人々はこれ(良い諡号しごうが与えられたこと)をそしったが、えて口に出して言う者はいなかった。


郭槐かくかい」の関連記事

郭彰かくしょう叔武しゅくぶ

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭配かくはい。兄に弟に郭淮かくわい郭配かくはい郭鎮かくちん

賈后かこう賈南風かなんぷう)の従舅おじとして平素から賈充かじゅうと互いに親しくつき合い、賈充かじゅうの妻(郭槐かくかい)は同母弟のように郭彰かくしょうと接していた。

散騎常侍さんきじょうじ尚書しょうしょ衛将軍えいしょうぐんを歴任し、冠軍県侯かんぐんけんこうに封ぜられた。

賈后かこう賈南風かなんぷう)が朝政を専断するとその権勢に参与し、郭彰かくしょうやしきの門には賓客ひんかくがあふれた。当時の人が「賈郭かかく」と言えば、賈謐かひつ郭彰かくしょうのことを指し、賈謐かひつの「二十四友」の1人に数えられる。

死後、れつおくりなされた。


郭彰かくしょう」の関連記事

郭奕かくえき泰業たいぎょう郭弈かくえき

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭鎮かくちん

高潔・簡素で、おくゆかしく大らかな度量があり、雍州刺史ようしゅうしし尚書しょうしょを歴任した。


第5世代(郭正)

郭正かくせい

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん陽曲県ようきょくけんの人。父は郭統かくとう

父・郭統かくとうの後を継いだ。

咸熙かんき年間(264年〜265年)に5等級の爵位制度が実施されると、祖父・郭淮かくわいの前王朝での勲功があきらかであったため、改めて汾陽子ふんようしに封ぜられた。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引