大人気中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の「名言集」の第16弾です。

今回は第68話〜第70話。「関羽かんう魯粛ろしゅくが会談した単刀赴会たんとうふかいから、関羽かんう樊城はんじょう攻めの始まりまで」の内容からピックアップしています。

人気投票も実施していますので、お気に入りの名言には是非「いいね!」をしてくださいねっ!

1つの名言につき1度まで、1人で複数の名言に「いいね!」することができます。また、設置している「いいね!」ボタンは人気投票として押された数をカウントするだけのものです。


スポンサーリンク

第5部 奸雄終命(第68話〜第70話より)

第5部 奸雄終命(第68話〜第70話より)

第68話「単刀会」

名言No.259


関羽関羽

ここにある我が剣には、慈悲じひなどないのだっ!

一族38人の首がかかっていると、慈悲じひに訴える諸葛瑾しょかつきん関羽かんうが言った言葉。


劉備りゅうびしょくを取ると、孫権そんけん孔明こうめいの兄・諸葛瑾しょかつきんの一族38人を人質に取り、劉備りゅうび荊州けいしゅうの返還を求めてきました。

これには孔明こうめいも、ひざまずいて荊州けいしゅうの返還を訴えます。

すると劉備りゅうびは「今はしょくを取ったばかりで荊州けいしゅうの兵馬と兵糧に頼るほかないのです」と、まずは長沙ちょうさ零陵れいりょう桂陽けいようの3郡を返還し、漢中かんちゅうを取ったら残りの郡を返還することを約束しました。

ですが、荊州けいしゅうを任された関羽かんうは「将、外にありては軍令も受けざるところあり」と、劉備りゅうびの軍令にも従いませんでした。

いいね!(1)

名言No.260


関羽関羽

そなたがかの、呉下ごか阿蒙あもうか?

荊州けいしゅう3郡返還の話し合いに来た呂蒙りょもう関羽かんうが言った言葉。


関羽かんうは、劉備りゅうびとの約束通り長沙ちょうさ零陵れいりょう桂陽けいように赴任しようとしたの役人を追い返しました。

そこで呂蒙りょもうは、長沙ちょうさ零陵れいりょう桂陽けいようの引き渡しについて話し合うため関羽かんうを訪ねますが、

「そなたでは話にならぬ。私と話し合いたければ、魯粛ろしゅくどのをよこすのだな」

関羽かんう呂蒙りょもうを相手にせず、やまいで遠出ができない魯粛ろしゅくのため、関羽かんう陸口りくこうまで出向くことになりました。


呂蒙りょもう将軍しょうぐんになった頃は文字が読めず、「呉下ごか阿蒙あもうもうちゃん)」と呼ばれていました。

いいね!(0)

名言No.261


魯粛魯粛

忘れるな、人を見下す者は滅びるのだ。

関羽かんうと話し合うため、魯粛ろしゅくやまいを押して陸口りくこうにやって来ました。


ですが呂蒙りょもうは、「関羽かんうは我らを見下しています」と言い、今にもいくさが始まりそうな気配をただよわせています。

魯粛ろしゅくは、

「忘れるな、我らは権力を笠に人を見下さん。されど見下されもせん!人を見下す者は滅びるのだ」

呂蒙りょもうさとし、「あくまで和睦の交渉、争いではない」と、水上に配した兵士を20後退させました。

いいね!(8)

名言No.262


周倉周倉

天下の土地は徳ある者の手に。の独り占めはならぬ!

太刀持ちの周倉しゅうそうが、関羽かんう魯粛ろしゅくの話しに割って入って言った言葉。


関羽かんう周倉しゅうそう1人だけを連れて陸口りくこうにやって来ました。

ですが、関羽かんう魯粛ろしゅくの話し合いは平行線のまま進展がありません。

たまらず周倉しゅうそうが口をはさむと、呂蒙りょもうも剣に手をかけ一気に緊迫感が高まります。

関羽かんうは「余計な口出しをするな!」と周倉しゅうそうを退席させました。


荊州けいしゅうの人間はその場に関羽かんうただ1人だけ。

魯粛ろしゅく関羽かんうに酒をぎに立つと、

「反対したが伏兵がおるゆえ、私を盾にお逃げなさるが良い」

と、関羽かんうに耳打ちしました。

いいね!(0)

名言No.263


魯粛魯粛

そなたのためではなく、孫劉連盟そんりゅうれんめいのためです。

「なぜここまでされるのか?」と問う関羽かんう魯粛ろしゅくが答えて言った言葉。


魯粛ろしゅくを盾に取り幕舎を出た関羽かんうは、の兵が取り囲む中、乗ってきた舟へと歩を進めます。

魯粛ろしゅく関羽かんうを助けるのは孫劉連盟そんりゅうれんめいのため。それが本当でも、荊州けいしゅう3郡は絶対に渡さんっ!と言う関羽かんうに、魯粛ろしゅくは言いました。

「もしここでそなたが首を取られれば、我が荊州けいしゅうを回復したとしてもいくさまぬかれぬでしょう。そうなれば、そんりゅうはどちらも早晩、曹操そうそうの手に落ちますからな」

この言葉を聞いた関羽かんうは敬服し、荊州けいしゅう3郡をに渡すことを認めました。

いいね!(5)

名言No.264


魯粛魯粛

江東こうとうの大事は、そなたに任せたぞ…。

関羽かんうを見送った後、魯粛ろしゅくはその場に崩れ落ちてしまいます。

もはや起き上がれなくなった魯粛ろしゅくは、次の3つのことを呂蒙りょもうに言いました。

  • 関羽かんうを油断させるため、はじめは荊州けいしゅうに兵を派遣してはならぬ。
  • 曹操そうそう劉備りゅうびまされば、劉備りゅうびが友で曹操そうそうが敵。
  • 劉備りゅうび曹操そうそうまされば、曹操そうそうが友で劉備りゅうびが敵。

それだけ言うと魯粛ろしゅくは、主君に便りを出さねばと筆を取りましたが、一文字も書くことなく力尽きてしまいました。

いいね!(0)

名言No.265


荀彧荀彧

そろいもそろって役立たずの臣下だ!

曹操そうそう魏王ぎおうに推挙する百官たちに、荀彧じゅんいくが言った言葉。


朝議の席で曹操そうそうおうに推薦する者があり、献帝けんていが百官に意見を求めると、荀彧じゅんいくが進み出て言いました。

高祖こうそ劉邦りゅうほう)はかんおこされたおり、こう定められました。異なる姓はおうを称せられぬと。丞相じょうしょう曹操そうそう)が王位にくことあらば、群臣の上に立ち、天子てんしに近づくことになるのです。さすれば、必ずや民の非難を浴びることになりましょう」


ですが、程昱ていいくをはじめ百官たちは、みなひざまずいて曹操そうそうを王位にけるように懇願します。

そろいもそろって役立たずの臣下だ!皇帝に仕え国のろくみながら、今日この場で枯れ木の一葉になり下がるとはっ!」

百官を振り返って怒鳴りつけた荀彧じゅんいくは、「わずかな気概きがいさえ失った…、わずかな気概きがいさえ失った…」となげきながら退出しました。

いいね!(6)

名言No.266


荀彧荀彧

父も息子も決まりに従わぬとは、この世の品位も落ちたものですなっ!

天子てんしの馬車以外通行を許されていない白馬門はくばもんを通ろうとした曹植そうしょく荀彧じゅんいくが言った言葉。


曹操そうそう魏王ぎおう就任を祝う会への出席を急ぐ曹植そうしょくは、近道である白馬門はくばもんを通ろうとします。ですがこの白馬門はくばもんは、天子てんしの馬車以外は通行を許されていない特別な門でした。

これを見とがめた荀彧じゅんいく曹植そうしょくの馬車を止め、「ここはお引き取り願いましょう!」と言い放ちました。

いいね!(6)

第69話「曹丕、乱を平らぐ」

名言No.267


荀彧荀彧

丞相じょうしょう、申し上げます。

曹植そうしょく荀彧じゅんいくめているところに通りかかった曹操そうそうは、曹植そうしょくに平手打ちを加えると、「白馬門はくばもんの門番を斬れ」と命じました。

丞相じょうしょう、…」

荀彧じゅんいくの呼びかけに曹操そうそうは、すかさず「わし魏王ぎおうだ!」と訂正します。

ですが荀彧じゅんいくは、

丞相じょうしょう、申し上げます。決まりに反したのは若君。何ゆえ門番を斬るのですっ!?」

ともう一度、あえて「丞相じょうしょう」と呼びかけて曹操そうそうに問いました。

「門を開かねば、曹植そうしょくは決まりに反さなかった。それがわしの決まりだ」

これを聞いた荀彧じゅんいくは、

白馬門はくばもんの門番が斬られるなら、朝廷で丞相じょうしょうのために決まりに反し、禁を犯した百官もっ!…ふふっ、斬られるべきですなっ!」

と、曹操そうそうを厳しく叱責します。

しばらくあっけにとられていた曹操そうそうは、許褚きょちょ白馬門はくばもんの取り壊しを命じました。

いいね!(4)

名言No.268


曹操曹操

そなたがいなければ、今のわしはなかった…。

荀彧じゅんいくの位牌の前で曹操そうそうが言った言葉。


白馬門はくばもんの一件以来、やまいで寝込んでいる荀彧じゅんいく曹操そうそうは、程昱ていいくに命じて果物を届けさせました。

ですが程昱ていいくが帰った後、荀彧じゅんいくが箱を空けてみると、程昱ていいくが届けたのは何も入っていない空の箱だったのです。これを見た荀彧じゅんいくは、力なく笑ってみずから命を絶ちました。


曹操そうそう荀彧じゅんいくの位牌の前で、これまで荀彧じゅんいくが挙げた数々の功績をたたえて言いました。

文若ぶんじゃくよ、そなたはわしにとって張良ちょうりょうであった。そなたはわしの右腕であった。かけがえのない兄弟。されどしいかな、こころざしが異なった。そなたはこの曹操そうそう見誤みあやまった。いずれは時が証明してくれよう。わしから離れたのは、大間違いであったと。そしてわしが、正しかったのだと…」

いいね!(1)

名言No.269


曹操曹操

聖人の道が役に立つなら、聖人が天下統一を果たしていた!

反乱を起こして捕らえられた耿紀こうきに、曹操そうそうが言った言葉。


曹操そうそう魏王ぎおうの位に登ったことで、かんに忠誠を誓う者たちが反乱を起こし、曹操そうそうが寝ている五鳳楼ごほうろうに攻め寄せます。

この反乱は、許褚きょちょや駆けつけた曹丕そうひ曹彰そうしょうの活躍によって鎮圧され、首謀者の耿紀こうきは捕らえられました。

「私は道徳を重んじ、生きて聖人の書を読み、死して聖人の道を尽くすっ!」

こう きれいごと を並べる耿紀こうき曹操そうそうは、

わしは廃墟となった国を建て直した。腐敗した官僚を更生させ、民が食うに困らないようにした。そなたのごとき愚かな忠臣こそ憎むべきだ!」

と言って耿紀こうきを斬りました。

いいね!(2)

名言No.270


司馬懿司馬懿

それはすなわち、若君と曹彰そうしょうさまの負け、曹植そうしょくさまの勝ち。

五鳳楼ごほうろう曹操そうそうを助けに行った曹丕そうひ司馬懿しばいが言った言葉。


司馬懿しばいは、曹操そうそうは「五鳳楼ごほうろうに駆けつけた者の中にこそ首謀者がいる」と疑うだろう。ゆえに、助けに行った曹丕そうひ曹彰そうしょうの負け、曹植そうしょくの勝ちと言ったのです。


その後曹操そうそう許宮きょきゅうに百官を集め、五鳳楼ごほうろうに助けに来た者と、助けに来なかった者を分け、助けに来た者全員を処刑しました。

司馬懿しばいの言った通りの結果となったのです。

一方で、五鳳楼ごほうろうで奮戦する曹丕そうひの行いの一部始終を見ていた曹操そうそうは、曹丕そうひを世継ぎに決めることにしました。

いいね!(2)

第70話「楊修の死」

名言No.271


劉備劉備

黄忠こうちゅうよ、老いて益々盛んなようだな。

定軍山ていぐんざん夏侯淵かこうえんを討ち取った黄忠こうちゅう劉備りゅうびが言った言葉。


劉備りゅうび益州えきしゅうしょく)を得たことを知った曹操そうそう漢中かんちゅうに侵攻し、張魯ちょうろは降伏しました。その後、許都きょとで反乱が起こったことを知った劉備りゅうびは、漢中かんちゅうの攻略を開始します。


劉備りゅうびは、夏侯淵かこうえんを討ち取った黄忠こうちゅうをこのように賞賛して、征東将軍せいとうしょうぐんに任じ、天子てんしに上奏して爵位を求めました。

連戦連勝を続ける劉備りゅうび軍でしたが、孔明こうめいだけは浮かない顔をしていました。

いいね!(0)

名言No.272


楊修楊修

すぐに帰還できるよう支度をせよ。

曹操そうそうが決めた「鶏肋けいろく」という合い言葉を聞いた楊修ようしゅうが兵に命じた言葉。


理由を聞かれた楊修ようしゅうは、

「鶏のあばらと言えば、うまみはなくとも捨てがたい気持ちの例え。撤退を命じられる魏王ぎおうのお心です。ゆえに、早めに準備させております」

と答えました。

このことを聞いた曹操そうそうは「楊修ようしゅうの奴めっ!暴言で士気を乱す気かっ!」と怒り、即刻楊修ようしゅうの首をね、さらし首にしました。

いいね!(1)

名言No.273


司馬懿司馬懿

良かったな、まだ身体に頭が乗っている。

楊修ようしゅうの言葉を信じて撤退準備をしていた将軍しょうぐんに、司馬懿しばいが言った言葉。


司馬懿しばいは、

「良かったな、まだ身体に頭が乗っている。将軍しょうぐんたるもの、おうではなく楊修ようしゅうの言葉を信じるようでは、頭などあっても無駄だ」

と言い捨てていきました。

いいね!(6)

名言No.274


曹操曹操

趙雲ちょううんの狙いはわしかぁっ!!

撤退を迷っていた曹操そうそうですが、楊修ようしゅうを斬った手前もう後には引けず、劉備りゅうびとの決戦を決意しました。


ついに、両軍合わせて70万が激突する大戦おおいくさが始まりましたが、別働隊の馬超ばちょう魏延ぎえん攪乱かくらんされ、曹操そうそう軍の旗色は良くありません。

そこへ司馬懿しばいが進言します。

「もう1人、劉備りゅうびの大将で姿を現さぬ者が…、趙雲ちょううんです。我が方の兵力が一番手薄なところに突然現れるのでは?」

「一番手薄なところ?…どこだ?」

その言葉も終わらぬ間に、趙雲ちょううんが本陣に突入したという報告が入ります。

趙雲ちょううんの狙いはわしかぁっ!!」

そう叫ぶと曹操そうそうは、「頭が痛い、割れそうだぁ~!」と言って倒れ込みました。

いいね!(1)

名言No.275


法正法正

漢中王かんちゅうおうとなりみことのりを出され、曹賊そうぞくを討ち取り天下を統一なされませ!

戦勝を祝う宴席で法正ほうせい劉備りゅうびに言った言葉。


曹操そうそうが頭痛で気を失うと、司馬懿しばいは兵をまとめて漢中かんちゅうから撤退させました。これで、漢中かんちゅう一帯は劉備りゅうびの支配下に入ったことになります。

すると法正ほうせいは、劉備りゅうび漢中王かんちゅうおうとなることを勧めますが、「天子てんしみことのりなくして僭越せんえつなことはできん」と、劉備りゅうびは首を縦に振りません。

そこで孔明こうめいは、「ここは一先ず漢中王かんちゅうおうとなり、しかる後に上奏しても遅くありませぬ」と言って劉備りゅうびを説得し、劉備りゅうび漢中王かんちゅうおうに即位しました。

いいね!(1)

名言No.276


諸葛亮諸葛亮

大勝した今、私はかつてないほど憂慮ゆうりょしている。

宴会の後、琴を弾いていた孔明こうめい馬謖ばしょくに言った言葉。


諸将が戦勝に浮かれているなか孔明こうめいは、

「歴史は我らに教えてくれる。危険は、喜びの最中さなかにヒタヒタと迫り来る。どこから来るか分からん。私はそれをうれいているのだ…」

と言ってため息をつきました。

いいね!(1)

名言No.277


関羽関羽

ねずみどもなら、送るのはあやつらで十分であろう。

南郡なんぐん公安こうあんの守備の再検討を進言した馬良ばりょう関羽かんうが言った言葉。


劉備りゅうび漢中王かんちゅうおうになったことを聞いた関羽かんうは、独断で曹仁そうじんが守る樊城はんじょうを攻めることを決め、傅士仁ふしじん糜芳びほうを先鋒に命じました。

ですがその晩、酒を飲んでいた傅士仁ふしじん糜芳びほうが、不注意から火事を出してしまいます。

馬良ばりょうの取りなしによって命を助けられた傅士仁ふしじん糜芳びほうは、棒叩き40回に位を3つ降格され、糜芳びほう南郡なんぐん傅士仁ふしじん公安こうあんの守備を命じられました。


馬良ばりょうは「またあやまちを犯すやもしれませぬ」と再検討を進言しましたが、関羽かんうは受け入れませんでした。

いいね!(0)

名言No.278


龐徳龐徳

印綬いんじゅを取り上げられるならば、この場で頭を割って死にますっ!

先鋒の任を解くと言った曹操そうそう龐徳ほうとくが言った言葉。


曹仁そうじんからの援軍要請を受けた曹操そうそうは、于禁うきんを大将に、龐徳ほうとくを先鋒に任命します。

すると、みなが退出した後1人残った于禁うきんは、「龐徳ほうとくのかつての主君・馬超ばちょうと兄の龐柔ほうじゅうは、今は劉備りゅうびに仕えている」ことを挙げ、龐徳ほうとくを先鋒から外すように進言しました。


曹操そうそうに呼ばれ、先鋒の印綬いんじゅを取り上げられそうになった龐徳ほうとくは、

印綬いんじゅを取り上げられるならば、この場で頭を割って死にますっ!」

と言って何度も床に頭を打ちつけます。

この姿を見た曹操そうそう龐徳ほうとくに謝罪し、信頼して先鋒を任せました。

いいね!(1)

三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

画像引用元

中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河