大人気中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の「名言集」の第15弾です。

今回は第63話〜第67話。「張松ちょうしょう許都きょとに行くところから、劉備りゅうび益州えきしゅうを手に入れるまで」の内容からピックアップしています。

人気投票も実施していますので、お気に入りの名言には是非「いいね!」をしてくださいねっ!

1つの名言につき1度まで、1人で複数の名言に「いいね!」することができます。また、設置している「いいね!」ボタンは人気投票として押された数をカウントするだけのものです。


スポンサーリンク

第5部 奸雄終命(第63話〜第67話より)

第5部 奸雄終命(第63話〜第67話より)

第63話「張松、辱めを受ける」

名言No.240


張松張松

乱世において、覇者は賢主に勝るもの。

曹操そうそうは国賊。何故漢室かんしつ末裔まつえい劉備りゅうびに献上せぬ!?」と言う法正ほうせい張松ちょうしょうが言った言葉。


馬超ばちょうを得た張魯ちょうろは、劉璋りゅうしょうが治めるしょくを狙っていました。

ですが、暗愚な劉璋りゅうしょうしょくの危機にもかかわらず、対応を臣下に任せて自分は呑気のんきに絵を描いています。

「他所から名君を迎えた方が、益州えきしゅうしょく)のために良いのではないか?」と言う法正ほうせいに、張松ちょうしょうしょくのすべてを書き入れた地図を見せ、「これがあれば、しょくの半分を手に入れたも同然だ」と言いました。


張松ちょうしょうは、「曹操そうそうが治めれば、ここに暮らす民も永久とこしえに泰平を享受きょうじゅできる」と、地図を献上するため許都きょとに出発しました。

いいね!(1)

名言No.241


曹操曹操

民をいたわれ、開墾せよ、休戦せよ。

新しく手に入れた涼州りょうしゅうへの対応を問われた曹操そうそうが、程昱ていいくに言った言葉。


曹操そうそうは、「勝ちたければ、まずは自分の足元を固めることを忘れてはならぬ」と言って、この3つの命令を出しました。

いいね!(2)

名言No.242


張松張松

劉璋りゅうしょうさまにおかれましては、兵力に頼らず、仁をもって国を治めておられます。

益州えきしゅうでこれ程多くの兵馬を見たことがあるか?」と曹操そうそうに問われた張松ちょうしょうが答えて言った言葉。


益州えきしゅうしょく)から朝貢にやって来た張松ちょうしょうを、曹操そうそうは6日も待たせた挙げ句、わざと名前を間違えてみせ、寝転んだままぞんざいな対応をします。

これに怒った張松ちょうしょう曹操そうそうの前で悪態をつき、棒叩きの刑に処されました。

いいね!(3)

名言No.243


曹操曹操

方略の変更とは、安易に行ってはならぬものだ。

「いっそしょくと手を結び、漢中かんちゅうを攻められてはいかがでしょうか」と言う程昱ていいく曹操そうそうが言った言葉。


漢中かんちゅう張魯ちょうろしょくを狙っている。曹操そうそうは、張松ちょうしょうが来たのは漢中かんちゅう張魯ちょうろを攻めるように頼みに来たのだと思いました。

ですが、現状では全力を傾けなければ漢中かんちゅうを落とすことはできず、漢中かんちゅうを攻めている隙に孫権そんけん劉備りゅうびの攻撃を受ければ、許都きょとも危険にさらされます。


曹操そうそうは、「け負うわけにいかぬが断れもせぬ。どうにもならぬゆえ、怒らせて追い返したのだ」と言いました。

ですがこれにより曹操そうそうは、しょくを手に入れる絶好の機会を失ってしまったのです。

いいね!(2)

第64話「張松、地図を献ず」

名言No.244


諸葛亮諸葛亮

我が君、やはりお戻り下さい。奥方さまの機嫌をそこねませぬよう…。


張松ちょうしょう許都きょとを出たことを知った劉備りゅうびは、龐統ほうとう関羽かんう張飛ちょうひを出迎えに出して、盛大な宴会を開いて張松ちょうしょうをもてなします。

そして宴会も3日目になると、ずっと相手をされていない孫小妹そんしょうめい孫尚香そんしょうこう)が、怒って2度も劉備りゅうびを呼びつけてきました。

すると孔明こうめいは、大きくため息をついて、

「世話になっている相手には頭が上がらぬものです。荊州けいしゅうはしょせんからの借りもの。だからこそ奥方さまは、かくもお怒りになれるのです」

と、大げさになげいてみせました。

いいね!(0)

名言No.245


張松張松

天よぉ~っ!何ゆえ我がしょくに賢君名主を与えてくださらぬのだっ!

益州えきしゅうしょく)を取る気はないという劉備りゅうびの言葉を聞いた張松ちょうしょうが叫んだ言葉。


劉備りゅうびの人となりに接した張松ちょうしょうは、劉備りゅうびこそしょくを託すことができる君主だと、曹操そうそうに渡すはずだった「しょくの地図」を見せました。

ですが劉備りゅうびは、その地図をそっとたたむと、「たとえ死に追いやられても、劉璋りゅうしょうどのの益州えきしゅうは取りません」と言って出て行ってしまいます。

困惑する張松ちょうしょうに、龐統ほうとうは1つの策をさずけました。

いいね!(0)

名言No.246


王累王累

益州従事えきしゅうじゅうじ王累おうるい、我が血を持っておいさめいたすっ!

劉備りゅうびを出迎えに行こうとする劉璋りゅうしょうに、楡橋門ゆきょうもんの上から王累おうるいが言った言葉。


益州えきしゅうしょく)に戻った張松ちょうしょうは、劉備りゅうびに対張魯ちょうろの援軍を求めるよう、劉璋りゅうしょうに進言しました。

使者となった法正ほうせいは、これを機に劉備りゅうび益州えきしゅうを取るように勧めますが、劉備りゅうびは承知せず、ただ張魯ちょうろに対する援軍として益州えきしゅうに向かいます。


ですが益州えきしゅうでは、李厳りげん黄権こうけんら多くの臣下が劉備りゅうびを危険視していました。

劉備りゅうびを出迎えようと城を出た劉璋りゅうしょうを止めるため、王累おうるいみずから首を切っていさめましたが、劉璋りゅうしょうを止めることはできませんでした。

いいね!(0)

第65話「江を遮り阿斗を奪う」

名言No.247


龐統龐統

法正ほうせいどの、その名と大違いだ。わしに悪事を働くようそそのかすとはなぁ!(笑)

劉備りゅうびが出て行った後、事後報告を勧める法正ほうせい龐統ほうとうが言った言葉。


劉璋りゅうしょう涪城ふうじょう劉備りゅうびを出迎えることを伝えた法正ほうせいは、龐統ほうとうとともに、この機に劉璋りゅうしょうを殺すよう劉備りゅうびに勧めました。

ですが劉備りゅうびは「そなたらの考え、仁者が成すにあらず、覇者が成すにあらずだ!」と言って、怒って出て行ってしまいます。


「この機会をのがせば多くの血を流すことになる。仁義で身を立てられた我が君が、仁義で事をあやまるとは…」

と嘆く龐統ほうとうに、法正ほうせいは言いました。

「私は客人ゆえ皇叔こうしゅくそむく訳にはゆかぬが、そなたは大権を掌握する身。動いてから報告すれば良い」


龐統ほうとう魏延ぎえんを呼びました。

いいね!(0)

名言No.248


劉備劉備

これは鴻門之会こうもんのかいにあらず。ましてや私はおうでもない!

劉璋りゅうしょうとの宴会で剣舞を舞う将軍しょうぐんたちに劉備りゅうびが言った言葉。


劉璋りゅうしょうの出迎えを受けた劉備りゅうびは、宴会を開いて劉璋りゅうしょうをもてなしました。

「酒宴の余興に」と魏延ぎえんが剣舞を舞い始めると、その舞に殺気を感じた劉璋りゅうしょうの将・張任ちょうじんは、「剣舞たるもの、お相手が必要であろう」と魏延ぎえんと剣を交えます。

すると両陣営から将軍しょうぐんたちが次々に剣舞に加わり、宴席はまるで戦場のような様相を見せはじめました。


「よさぬかっ!」剣舞をやめさせた劉備りゅうびは、

「人我にそむくとも我人にそむかず!みなの主君に私が不義を働いたときには、誰でも私を殺すが良い」

と、益州えきしゅうしょく)の将軍しょうぐんたちに誓いました。

いいね!(0)

名言No.249


孫小妹孫小妹

母上の死に目に会いに行けぬのならば、ここで自害するまでっ!

江東こうとうに帰るのを止めようとする趙雲ちょううん張飛ちょうひに、孫小妹そんしょうめい孫尚香そんしょうこう)が言った言葉。


曹操そうそうは軍事行動をひかえ、劉備りゅうび益州えきしゅう張魯ちょうろと戦っている。

孫権そんけんにとって荊州けいしゅうを取る絶好の機会ですが、心配なのは劉備りゅうびに嫁いだ孫小妹そんしょうめいのことです。

孫権そんけんもぐり込ませた周善しゅうぜんに、「呉国太ごこくたいが重いやまいにかかり、孫小妹そんしょうめいに会いたがっている」と聞かされた孫小妹そんしょうめいは、劉備りゅうびの子・阿斗あとを連れ、急いで江東こうとうに向かいました。


これに気づいた孔明こうめいは、すぐに趙雲ちょううん張飛ちょうひに後を追わせ、なんとか阿斗あとを取り返しましたが、孫小妹そんしょうめいの意志だけは変えることができませんでした。

いいね!(0)

第66話「落鳳坡」

名言No.250


劉備劉備

士元しげん、この私が、しょくを取りたくないとでも…?

上・中・下の3つの策を提示して決断を迫る龐統ほうとう劉備りゅうびが言った言葉。


孫小妹そんしょうめい孫尚香そんしょうこう)が荊州けいしゅうを去ったことを知った劉備りゅうびは、酒を浴びるように飲み、荒れていました。

「仁義を重んじたいと思いつつも、かたやしょくを攻め取り大業を成したいとも思っておる。なれど無理だ…。この2つは両立しえぬっ!!」

劉備りゅうびの本音を聞いた龐統ほうとうは言いました。

「我が君、私が2つを両立してみせましょう!我が君がしょくを攻略なさらぬのは、出陣の名分がないため。ご安心くだされ。この龐統ほうとうが、名分ある出陣にしてみせまするぞっ!」

いいね!(5)

名言No.251


龐統龐統

どうか我が君の馬をお貸しください。

雒城らくじょうに向かう途中、龐統ほうとう劉備りゅうびに言った言葉。


龐統ほうとうは、益州えきしゅうしょく)の内通者・張松ちょうしょうへの返書を、わざと張松ちょうしょうの兄・張粛ちょうしゅくに届けさせました。

張松ちょうしょう劉備りゅうびに内通していたことを知った劉璋りゅうしょうは、劉備りゅうび張松ちょうしょうの首を送り、張任ちょうじんに12万の兵を与えて葭萌関かぼうかんに出陣させます。


しかたなく劉備りゅうびは、兵糧の乏しい葭萌関かぼうかんを捨て、雒城らくじょうを取るため進軍を開始。

軍が小道に差し掛かった時、龐統ほうとう劉備りゅうび的盧てきろを借りて、先頭に立つことを願い出ました。

いいね!(0)

名言No.252


龐統龐統

落鳳坡らくほうはだと?どうやら、ここは天がわしに与えた死に場所らしいなっ!

落鳳坡らくほうはに差し掛かった龐統ほうとうが笑って言った言葉。


的盧てきろに乗って小道を進む龐統ほうとうは、張任ちょうじんの伏兵に遭い、身体に無数の矢を浴びて命を落としてしまいます。

魏延ぎえんが届けた龐統ほうとうの血染めの書状には、こう書かれていました。

「我が君、張松ちょうしょうおとしいれたのはこの私。劉璋りゅうしょうが我が君を攻めるよう仕向けんがためです。これで出陣の名分ができましょう。劉璋りゅうしょうは恩をあだで返した。荊州けいしゅう軍が退く道に伏兵を置き、軍師ぐんしあやめたのです。これを理由にしょくを攻めれば、天下の者も納得するはず。ご自身も納得されましょう。前方は死の谷・落鳳坡らくほうは荊州けいしゅうに向かう道で、最も伏兵に適した地。天が私に与えた最高の墓場です」

龐統ほうとうは、「劉備りゅうびしょくを攻める大義名分」をつくるため、あえて死地におもむいてその命をささげたのでした。

いいね!(7)

名言No.253


諸葛亮諸葛亮

悲しきかな…。数日の内に敗戦の知らせが届く。

天文を観た孔明こうめい馬良ばりょうに言った言葉。


数日後劉備りゅうびから、龐統ほうとうの戦死を知らせ、孔明こうめいを呼ぶ書状が届きます。

孔明こうめい関羽かんうに、「北は曹操そうそうを防ぎ、東は孫権そんけんと和す」ことをいましめて荊州けいしゅうを任せ、益州えきしゅうに向かいました。

いいね!(0)

第67話「劉備、益州を領す」

名言No.254


諸葛亮諸葛亮

馬超ばちょうがお気に召しましたか?

張飛ちょうひ馬超ばちょうの一騎打ちを見守る劉備りゅうび孔明こうめいが言った言葉。


劉備りゅうびを敵に回した劉璋りゅうしょうは、今度は張魯ちょうろを頼り、20の県の割譲を約束して馬超ばちょう葭萌関かぼうかんを攻めさせました。

馬超ばちょう張飛ちょうひの一騎打ちは夜になっても決着がつかず、劉備りゅうび馬超ばちょうの武勇を賞賛します。

「それでは、私が策をろうして投降させてみましょう」

荊州けいしゅうから葭萌関かぼうかんに到着した孔明こうめいは、強欲な張魯ちょうろ軍師ぐんし楊松ようしょうを買収して馬超ばちょうを孤立させ、劉備りゅうびに帰順させました。

いいね!(0)

名言No.255


劉璋劉璋

されど劉皇叔りゅうこうしゅくだけはうらめないのです。

劉備りゅうびに降伏した劉璋りゅうしょうが言った言葉。


劉備りゅうびに帰順した馬超ばちょうは、そのまま成都せいとの城下に進軍して、劉璋りゅうしょうに降伏をせまりました。

ただ1人残った黄権こうけんは、成都せいとに残された3万の兵で戦うことを主張しましたが、劉璋りゅうしょう劉備りゅうびに降伏してしまいます。


印綬いんじゅの受け渡しの際、

「仁義は守りました。益州えきしゅうはやむを得ず取ったまでのこと。おうらみなさいますな」

と言った劉備りゅうび劉璋りゅうしょうは、

うらむのは天だ、うらむのは地だ、うらむのはおのれ、されど劉皇叔りゅうこうしゅくだけはうらめないのです」

と言いました。

いいね!(4)

名言No.256


劉備劉備

龐統ほうとうも、黄泉よみの国で喜んでおろう。

黄権こうけんを登用した劉備りゅうびが、黄権こうけんに言った言葉。


成都せいとに入った劉備りゅうびの前に、最後まで劉璋りゅうしょうにつき従った黄権こうけんが引き出されてきます。

張松ちょうしょうを斬ったのも、落鳳坡らくほうはに伏兵を置いたのも、この黄権こうけんの指示でした。


「早く私の首をねろっ!」と言う黄権こうけんに、劉備りゅうび龐統ほうとうの遺書を見せます。

「私が死んだのち、主君はしょくを平定なさいましょう。しょくには才ある者があまたおります。どうか能力を見て人材を登用し、国を治めさせ、かんの復興の柱となさってください。とりわけあの黄権こうけんは、しょく随一の能臣です。くれぐれも私の死で、黄権こうけんうらむことのなきように。忠臣は得難いもの、我が君が黄権こうけんを登用してくださらねば、私は浮かばれませぬ」

この遺書を読んだ黄権こうけんは、劉備りゅうびに仕え、力の限り尽くすことを誓いました。

いいね!(7)

名言No.257


劉備劉備

仁義には大きな仁と小さな仁、大きな義と小さな義がある。

法正ほうせいの「刑罰の軽減化と法の簡略化」の案に賛成した孔明こうめいに、劉備りゅうびが言った言葉。


孔明こうめいは、400年前、高祖こうそ劉邦りゅうほう)が法を簡略化して大業を成したことにならい、我々も刑罰をゆるめ、民の期待に答えるのですと言いました。

ですが、劉備りゅうびの考えは違いました。

劉備りゅうびは、

高祖こうそが刑罰をゆるめたのは、しん始皇帝しこうていの暴虐な行いを万民が憎んでいたためで、今回のしょくとは事情が違う。これまでのしょくは、劉親子りゅうおやこによって権威が軽んじられ、君臣の道もすたれていた。今のしょくに必要なのは、厳しい法と刑罰で功罪を厳正にすること。そして数年後、しょくが落ち着いたその時にこそ、法を簡略化し刑罰をゆるめるのだ」

と言いました。

つまり、今刑罰をゆるめるのは小さな仁義を拾うこと。我々は、目先の小さな仁義にとらわれず、もっと大きな仁義をほどこさねばならないと言ったのです。

いいね!(4)

名言No.258


関羽関羽

関平かんぺいよ、軍師ぐんしの書状を50篇書き写し、荊州けいしゅうの文官武将に読ませるのだ。

孔明こうめいにおだてられて喜んだ関羽かんうが、関平かんぺいに言った言葉。


関平かんぺいは、しょくを平定した劉備りゅうびが、関羽かんう張飛ちょうひ趙雲ちょううん黄忠こうちゅう馬超ばちょう五虎大将軍ごこだいしょうぐんに任命したことを伝えました。

すると関羽かんうは、帰順したばかりの馬超ばちょう五虎大将軍ごこだいしょうぐんに相応しくないと、馬超ばちょうとの腕比べを所望する書状を送ります。

これを見た孔明こうめいは笑って一筆書くと、関平かんぺいに持たせました。

美髯公びぜんこうめいを受け、荊州けいしゅうを守る任は極めて重く、仮にしょくに入り荊州けいしゅうに失態あれば、これより重き罪なし。ご明察を願う」


関羽かんう孔明こうめいに「美髯公びぜんこう」とめられたのがよほど嬉しかったのか、満足げにヒゲをナデナデしました。

いいね!(5)

三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

画像引用元

中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河