『三国志 Three Kingdoms』を観ていると、登場人物が怒りで血をいて倒れるシーンがよく見られます。途中から「まただっ!」と笑って観ていた人も多いのではないでしょうか?そんな吐血とけつ憤死ふんしシーンをまとめてみました。

スポンサーリンク

吐血シーンまとめ

周瑜は何回吐血した?『三国志 Three Kingdoms』吐血・憤死シーンまとめ

袁紹(えんしょう)

第29話「夜、烏巣うそうを襲う」

袁紹(えんしょう)1

記念すべき吐血とけつした人物・第1号は、袁紹えんしょうでした。


曹操そうそう烏巣うそうを強襲された袁紹えんしょうは、みずから兵をひきいて、からになっているであろう曹操そうそう軍の本陣に攻撃を仕掛けます。

ですが、これを読んでいた曹操そうそうは本陣に曹仁そうじんを残し、袁紹えんしょう軍を罠を仕掛けた本陣に誘い込みました。

予期せぬ猛反撃を受けた袁紹えんしょうあわてて自軍の本陣に撤退しようとしますが、逆にからになった袁紹えんしょう軍の本陣が、曹操そうそう軍の攻撃にさらされているとの報告が届きます。

この報告を聞いた袁紹えんしょうは「曹操そうそうめっ!貴様は不倶戴天ふぐたいてんの敵だっ!」と叫び、血をいて馬から転げ落ちました。


第29話「夜、烏巣うそうを襲う」

袁紹(えんしょう)2

本拠地の冀州きしゅうに撤退する袁紹えんしょうの前に、曹操そうそうに寝返った許攸きょゆうが現れました。

怒りに任せて突撃を命じた袁紹えんしょうは伏兵により散々に打ち負かされ、半年前に出征した時には70万の大軍をようしていた袁紹えんしょう軍も、わずか100人足らずとなってしまいます。

「もはやこれまでかっ! なにゆえ天はえんを助けてくれんのだっ!」

剣を抜いて自害しようとした袁紹えんしょうは、血をいて気を失ってしまいました。


周瑜(しゅうゆ)

第41話「苦肉の策」

周瑜(しゅうゆ)1

周瑜しゅうゆの初めての吐血とけつは、矢傷を負う前のことでした。


曹操そうそうを破るには火攻めをもちいることは決まりました。「苦肉の策」によって黄蓋こうがいを投降させる準備も整いました。

すべて順調に進んでいる…。

小喬しょうきょう長江ちょうこうを眺めていた周瑜しゅうゆは、今の季節の風は北西の風であり、火攻めをもちいれば炎は味方の方へ燃え広がってしまうことに気づきます。

これでは火攻めはできないっ!そう思った周瑜しゅうゆは、大きな悲鳴をあげてその場に倒れ込みました。


第47話「智略で南郡なんぐんを取る」①

周瑜(しゅうゆ)2

曹操そうそうとの「赤壁の戦い」に勝利した周瑜しゅうゆは、曹仁そうじんが守る南郡なんぐんを攻めましたが、敵の計略にかかり、その身に猛毒の矢を受けてしまいます。

医者が言うには、この傷を治すには100日は安静が必要。その間、感情を高ぶらせれば、傷口が開いて症状が悪化してしまうとのことです。

矢傷を押して出陣した周瑜しゅうゆは、曹仁そうじんののしる言葉に怒り、血をいて落馬してしまいました。


第47話「智略で南郡なんぐんを取る」②

周瑜(しゅうゆ)3

曹仁そうじんの目の前で血をいて落馬した周瑜しゅうゆは、これを逆手に取り、自分は死んだことにして、曹仁そうじんの攻撃を誘います。

これを待ち伏せて曹仁そうじんを撃ち破った周瑜しゅうゆは、そのままからになった南郡なんぐんに攻め寄せますが、南郡なんぐんはすでに、劉備りゅうび配下の趙雲ちょううんに落とされていました。

南郡なんぐんめぐっては、孔明こうめい周瑜しゅうゆの間で「周瑜しゅうゆ南郡なんぐんを取り損なったおりには、劉備りゅうびが取って良い」という約束がわされており、趙雲ちょううんは「周瑜しゅうゆが戦死した」と聞いたので城を取ったのだと言ったのです。

これを聞いた周瑜しゅうゆは、くやしさのあまり血をいて馬から転げ落ちました。


第47話「智略で南郡なんぐんを取る」③

周瑜(しゅうゆ)4

陣に戻って安静にしていた周瑜しゅうゆは、自分たちが曹仁そうじんと戦っている間に、孔明こうめい南郡なんぐんをはじめとする荊州けいしゅうの3つの城を、易々やすやすと手に入れていたことを聞きました。

これを聞いた周瑜しゅうゆき込んで血をくと、

「この上もない恥辱…、この上もない恥辱だっ!仇を討たずして、この周瑜しゅうゆ、死んでも死にきれぬわっ!諸葛孔明しょかつこうめいよ、いずれお主の身体を八つ裂き、切り刻んでくれようぞっ…」

と言い、必ずや20日以内に荊州けいしゅうを奪い返してみせようぞと、孫権ぞんけんに3万の増兵を求めました。


第51話「再び荊州けいしゅうを求める」

周瑜(しゅうゆ)5

巴陵はりょうに駐屯していた周瑜しゅうゆは、孔明こうめいが書いた書物を読んでいました。この時不意にき込んだ周瑜しゅうゆは、書物に血がついていることに気づきます。

この時すでに周瑜しゅうゆの病状は、感情を荒立てなくても血をくほどに悪化していました。


第56話「再び周瑜しゅうゆを怒らせる」①

周瑜(しゅうゆ)6

劉備りゅうびから荊州けいしゅうを取り返すため、周瑜しゅうゆは「劉備りゅうび孫権そんけんの妹・孫小妹そんしょうめい孫尚香そんしょうこう)との結婚を口実に、劉備りゅうびまねいて人質に取る」計略を立てました。

ですが、単なる口実に過ぎなかった結婚は現実のものとなり、劉備りゅうびを脱出しようとしています。周瑜しゅうゆ劉備りゅうびを逃がさぬよう、先回りをして河岸で待ち受けました。

そして、ついに劉備りゅうびを追いめたと思ったその時、横合いから黄忠こうちゅう魏延ぎえんの部隊が現れます。

またも孔明こうめいに邪魔をされた周瑜しゅうゆは、怒り心頭に発っして血をきながら攻撃を命じましたが、黄忠こうちゅう魏延ぎえんの一斉射撃を受け、劉備りゅうびの捕縛を断念しました。


第56話「再び周瑜しゅうゆを怒らせる」②

周瑜(しゅうゆ)7

黄忠こうちゅう魏延ぎえんに助けられた劉備りゅうびは、用意した船に乗り込みます。

周郎しゅうろう妙計みょうけい天下をやすんず、妻を失いまた兵をくじく」

逃げ去っていく船から届くこの言葉を聞いた周瑜しゅうゆは、再度血をいて気を失ってしまいました。


第56話「再び周瑜しゅうゆを怒らせる」③

周瑜(しゅうゆ)8

周郎しゅうろう妙計みょうけい天下をやすんず、妻を失いまた兵をくじく…」

屋敷に戻っても怒りが収まらない周瑜しゅうゆは、また血をきました。

「厳重に包囲したが、劉備りゅうびあみをかいくぐり逃げたっ!挙げ句諸葛亮しょかつりょうのあの言葉。人をからかいおって…。狡猾こうかつ忌々いまいましい奴めっ!」

そう言った周瑜しゅうゆですが、

「(孔明こうめいは)私を怒らせようとあおっているのだ。姑息こそくな手段で怒りの火に油を注ぎ、挙げ句は私の命を奪う気だ…。よかろうっ!怒りはせぬっ!」

と、怒りを静めました。


関羽(かんう)

第72話「麦城ばくじょうに敗走す」

関羽(かんう)

劉備りゅうび荊州けいしゅうを任されていた関羽かんう曹操そうそう軍の樊城はんじょうを攻めると、孫権そんけん配下の呂蒙りょもうからになった荊州けいしゅうに攻め入り、荊州けいしゅうを奪ってしまいます。

退路を断たれた関羽かんうは、やむなく樊城はんじょう攻略をあきらめて撤退しますが、馬良ばりょうともはぐれ、兵も千人らずに減ってしまいました。

「私の油断で荊州けいしゅうを失った。一敗地いっぱいちまみれる…」

関羽かんうがそうつぶやいた時、前方から廖化りょうかの兵が現れます。

劉封りゅうほうどのと孟達もうたつどのに援軍を求めたものの、さかずきの水で馬車一杯のたきぎの火を消すも同然と、断られましたっ!」

この報告を聞いた関羽かんうは、腕に受けた傷口から血をにじませ、血をいて落馬してしまいました。


劉備(りゅうび)

第82話「陸遜りくそん、連営を焼く」

劉備(りゅうび)

関羽かんうの仇討ちのために攻め入った劉備りゅうびは、陸遜りくそんの火計に大敗し、白帝城はくていじょうに逃げ込みました。

そこへ、の使者として孔明こうめいの兄・諸葛瑾しょかつきんがやって来ます。

呉王ごおう孫権そんけん)はおっしゃっております。夷陵いりょうが勝利したは、思いもよらぬ幸運。是非とも陛下におびしたいと。呉王ごおうは望まれておいでです。陛下が遺恨いこんを消し去られ、再びと連盟し、に対抗されんことを」

これを聞いた劉備りゅうびは、怒りのため血をいて、「ちんを侮辱しに参ったのかっ!」と言うと、そのまま気を失ってしまいました。


王朗(おうろう)

第85話「ののしって王朗おうろうを殺す」

王朗(おうろう)

曹真そうしん軍師ぐんしとして孔明こうめいの北伐軍と対峙した王朗おうろうは、陣頭に進み出て孔明こうめいに舌戦を挑みました。

ですが、孔明こうめい完膚かんぷなきまでに論破された王朗おうろうは、血をいてそのまま亡くなってしまいました。


曹真(そうしん)

第90話「曹真そうしん、敵を軽んじる」

曹真(そうしん)

司馬懿しばいの敗北により曹真そうしん大都督だいととくに返り咲くと、なぜかしょく軍は撤退を開始。これまでしょく軍に奪われた城を取り返した曹真そうしんは、嬉々ききとして陳倉城ちんそうじょうに入ります。

ですがこれは、低地にある陳倉城ちんそうじょうは長雨で水に浸かり、武器や鎧、兵糧などが使い物にならなくなってしまうことを見越した孔明こうめいの計略でした。

ろくに反撃もできぬまま敗北した曹真そうしんは、しょく軍の鎧を着て逃げる始末です。

援軍に駆けつけた司馬懿しばいが、

「おやおや、賊兵ぞくへいかと思えば大都督だいととくでありましたか?」

曹真そうしんあざけると、曹真そうしんは血をいて憤死ふんししてしまいました。


諸葛亮(しょかつりょう)

第94話「星落ち、五丈原ごじょうげんく」

諸葛亮(しょかつりょう)

孔明こうめい司馬懿しばい上方谷じょうほうこくに誘い込み、谷口を封鎖して火計を仕掛けることに成功します。

司馬懿しばい自身も観念し、自害しようと首に剣を当てたその時、雨のしずくが落ちたかと思うと、その雨はすぐに土砂降りに変わりました。

祁山きざんはここ9ヶ月、まるで雨が降らなかったと申すのに、今日に限って何故なにゆえかような土砂降りになるのだっ!私は見放されたっ!」

そう叫ぶと孔明こうめいは、血を吐いてその場に倒れ込みました。



スポンサーリンク


憤死シーンまとめ

袁紹(えんしょう)

第30話「曹操、河北を平らぐ」

憤死ふんしした人物・第1号も袁紹えんしょうです。

映像はなく、「袁紹えんしょういきどおりの中、吐血とけつし急死」というナレ死でした。


王朗(おうろう)

第85話「ののしって王朗おうろうを殺す」

王朗(おうろう)

憤死ふんしと言えばこの人っ!

孔明こうめいに舌戦を挑んだ王朗おうろう完膚かんぷなきまでに論破され、血をいてそのまま亡くなってしまいました。


曹真(そうしん)

第90話「曹真そうしん、敵を軽んじる」

曹真(そうしん)

孔明こうめいの計略に敗れ陳倉城ちんそうじょうを奪われた曹真そうしんは、敵の目をくらますためしょく軍の鎧を着て逃げ出しました。

観念した曹真そうしんが息子の曹爽そうそうに自分を斬れと命じたその時、陰平いんぺいから援軍に駆けつけた司馬懿しばいが追いつきます。

司馬懿しばい曹真そうしんの隣に腰を下ろし、

「おやおや、賊兵ぞくへいかと思えば大都督だいととくでありましたか?」

と言って曹真そうしんの首根っこをポンと叩くと、曹真そうしんは屈辱から血をいて憤死ふんししてしまいました。



スポンサーリンク


吐血・憤死した人物一覧表

吐血・憤死した人物一覧表

  人物 吐血 死因
1 袁紹えんしょう 2回 憤死ふんし
2 周瑜しゅうゆ 8回 病死
3 関羽かんう 1回 討死
4 劉備りゅうび 1回 病死
5 王朗おうろう 1回 憤死ふんし
6 曹真そうしん 1回 憤死ふんし
7 諸葛亮しょかつりょう 1回 病死

『三国志 Three Kingdoms』を観ていると、しょっちゅう誰かが吐血とけつしていたような感覚がありましたが、全話を通して7名と、意外と少なかったですね。

憤死ふんしした人物は、袁紹えんしょう王朗おうろう曹真そうしんの3名。

周瑜しゅうゆは最期に「孔明こうめいに対するうらごと」を言って亡くなりますが、孫権ぞんけんらに看取られながら寝台の上で静かに亡くなっています。

孔明こうめいに対するいきどおり・怒りが直接の引き金とはなっていないので、病死としました。

中国における怒り表現

方小贇ほうしょういん氏の論文「日本語と中国語における怒りの表現について」によると、

日本語では「血が起こる → 血が上る → 頭に血が上る」というように血圧の上昇によって怒りの程度がますます強くなることを示唆している。

中国語では「气血上涌 → 气得脸上充血 → 气得脑门冲血 → 气的吐血」のように「血が上る → 顔には血が充満する → 頭に血が上る → 血を吐くほど怒る」となる。

この例から分かるように、日本語の怒りの連鎖より、中国語の「血を吐くほど怒る」の方が印象的である。

日本人はせいぜい頭に血が上るほどにしか怒らなくて、中国人ほど「血を吐く」ように怒りを外に表さないように感じられる。

とあります。

私たちが、怒った時に「血をく」ことや「憤死ふんしすること」に違和感(面白さ)を感じるのは、このような文化的背景があるようです。

関連記事

参考文献

方小贇「日本語と中国語における怒りの表現について」

画像出典

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河