大人気中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の「名言集」の第4弾です。

今回は第19話〜第23話。「劉備りゅうび曹操そうそうと共に許都きょとに行くところから、再び徐州じょしゅうを得て三兄弟が離散するまで」の内容からピックアップしています。

人気投票も実施していますので、お気に入りの名言には是非「いいね!」をしてくださいねっ!

1つの名言につき1度まで、1人で複数の名言に「いいね!」することができます。また、設置している「いいね!」ボタンは人気投票として押された数をカウントするだけのものです。


スポンサーリンク

第2部 中原逐鹿(第19話〜第23話より)

第2部 中原逐鹿(第19話〜第23話より)

第19話「曹操・劉備の暗闘」

名言No.060


許褚許褚

いや、結構。罰を受けますっ!

ついに徐州じょしゅうを手に入れた曹操そうそうですが、軍師ぐんし荀彧じゅんいくには1つ気がかりなことがありました。それは、曹操そうそう貂蝉ちょうせんの気をこうと夢中になっていることです。

浮かない顔をしている荀彧じゅんいくから貂蝉ちょうせんのことを聞き出した許褚きょちょは「私がただちに始末して参ろう!」と、曹操そうそう貂蝉ちょうせんのいる白門楼はくもんろうに向かいました。

「妖婦めっ、覚悟しろっ!」

許褚きょちょが2人のいる部屋に突入したその瞬間、貂蝉ちょうせんは手にした七星剣しちせいけんみずから首を切って自害してしまいます。

激怒した曹操そうそうは「棒叩き30回の罰」を言い渡し、すぐに思い直して撤回しましたが、許褚きょちょはこの言葉を言って部屋を出て行きました。

いいね!(2)

名言No.061


曹操曹操

断じて劉備りゅうび徐州じょしゅうは守らせん!小沛しょうはいも許さんっ!

徐州じょしゅうの名士たちの陳情を聞いた曹操そうそうが、彼らが帰った後に激怒して言った言葉。


曹操そうそうは、荀彧じゅんいく郭嘉かくか程昱ていいくの3人と今後の劉備りゅうびの処遇を話し合い、劉備りゅうびを名ばかりの徐州牧じょしゅうぼくに任命しようとしていました。

ですが、名士たちの陳情から「劉備りゅうび徐州じょしゅうの民に愛されていること」を知った曹操そうそうは、劉備りゅうび徐州じょしゅうに置いてはおけぬと、一緒に許都きょとに連れて行くことに決めました。

いいね!(0)

第20話「劉備、命を受ける」

名言No.062


献帝献帝

この姿をとくと見よ、ここが、ちんにとっての玉座なのだ。

献帝けんてい劉備りゅうびかわや(トイレ)に呼び出して言った言葉。


そこで献帝けんていは、曹操そうそうが朝政を牛耳ぎゅうじり、自分は金のかごの中に捕らわれた鳥にすぎない。曹操そうそうかんの忠臣ではなく国賊だと、涙を流して訴えます。

劉備りゅうび献帝けんていに「いずれ曹操そうそうち果たし、かんを再興すること」を誓いました。

いいね!(0)

名言No.063


曹操曹操

天下の英雄は、そなた劉備りゅうびとっ!曹操そうそうだけ。

ある日曹操そうそうは、劉備りゅうびを酒に誘って「天下の英雄は誰だと思う?」とたずねました。

劉備りゅうびは、袁術えんじゅつ袁紹えんしょう劉表りゅうひょう劉璋りゅうしょう孫策そんさく馬騰ばとう張繍ちょうしゅう韓遂かんすいらの名前を挙げますが、曹操そうそうはみな「英雄とは呼べぬ」と笑い飛ばします。

「これ以上は心当たりがございません」と言う劉備りゅうびに、曹操そうそうが言ったのがこの言葉です。


劉備りゅうびはこれ以上曹操そうそうに警戒されないように、急に鳴り響いた雷の音に驚いた振りをして、はしを落として見せました。

いいね!(3)

第21話「吉平、毒を盛る」

名言No.064


曹操曹操

疑わしき者は使わず、使う者疑わずがわしの信念だ。

劉備りゅうびを連れ戻すことに失敗した曹操そうそうが言った言葉。


朝議の場に「袁術えんじゅつ袁紹えんしょうと合流するべく冀州きしゅうに向かっている」という報告が届きました。

許都きょとを脱出する機会をうかがっていた劉備りゅうびは「今が好機!」と袁術えんじゅつ討伐を願い出ます。曹操そうそうは「是非に」と勧める献帝けんていの手前、やむなく朱霊しゅれい路招ろしょうに5万の兵を与え、劉備りゅうびと共に出陣させました。


その後、劉備りゅうびを危険視する程昱ていいくの進言を受けた曹操そうそうは、張遼ちょうりょう許褚きょちょ劉備りゅうびを連れ戻すよう命令を下しますが、劉備りゅうびはこれを拒否します。

程昱ていいくはさらに「大軍を送って始末しましょう」と進言しましたが、曹操そうそうはそれ以上劉備りゅうびを追いませんでした。

いいね!(1)

名言No.065


荀彧荀彧

君主とは、あやまちを知りそれを改めるが、決してその非は認めぬものだ。

「あきらかなあやまちを、我が君はお認めにならぬ」と愚痴ぐち程昱ていいく荀彧じゅんいくが言った言葉。


荀彧じゅんいくは、今劉備りゅうびに討伐軍を差し向ければ敵を増やすだけであり、こうなってしまった以上、劉備りゅうび袁術えんじゅつたせた方が良いのだと程昱ていいくをなだめました。

いいね!(3)

名言No.066


袁術袁術

のどかわいた…。みつの入った水を運ばせよ…。

劉備りゅうびに追いめられて廃廟はいびょうに逃げ込んた袁術えんじゅつが、伝国璽でんこくじかかえながら言った言葉。


劉備りゅうびは「袁術えんじゅつを都に連行するのは忍びない」と、趙雲ちょううんを使者に立てて、袁術えんじゅつに自決して威名を保つように勧めます。

観念した袁術えんじゅつは「劉備りゅうびはまさに忠義の人だ!」と叫ぶと、見事自害して果てました。

いいね!(3)

名言No.067


曹操曹操

何の使い道があるかーーっ!!

劉備りゅうびに5万の兵を奪われて帰って来た朱霊しゅれい路招ろしょう。2人が差し出した伝国璽でんこくじを見て曹操そうそうが言った言葉。


さらにその後、劉備りゅうび徐州じょしゅうを奪われたという報告が届くと、曹操そうそうは怒り狂い、気を失ってしまいました。

曹操そうそうの頭痛の始まりです。

いいね!(1)

名言No.068


荀彧荀彧

私が見るに、明らかに袁紹えんしょうの十敗、主君の十勝でしょう。

徐州じょしゅうを手に入れた劉備りゅうびは、袁紹えんしょうに使者を送って出兵を勧めました。

ついに決戦を決意した袁紹えんしょうは、陳琳ちんりん檄文げきぶんを書かせて曹操そうそうに宣戦布告します。


これに、袁紹えんしょうと和睦するべきと進言する臣下を制した荀彧じゅんいくは、曹操そうそう袁紹えんしょうより優れている点を10個挙げ、「袁紹えんしょう雌雄しゆうを決すべし!」と進言しました。

いいね!(0)

名言No.069


吉平吉平

ぞくを殺すのに指図は無用だっ!

曹操そうそうの暗殺に失敗して取り押さえられた吉平きっぺいが「誰の指図だ?」と問う曹操そうそうに言った言葉。


董承とうしょうから相談を受けた太医たいい吉平きっぺいは、曹操そうそうに毒を盛る約束をしましたが、運悪く扉の外で下僕が盗み聞きしていました。

そしてちょうどその夜、その下僕が董承とうしょうめかけ姦通かんつうし、逃亡して曹操そうそうに密告したため、暗殺計画が露見してしまったのでした。

いいね!(0)

第22話「三兄弟離散す」

名言No.070


曹操曹操

こんな下僕より、犬でも飼った方がマシであろう。

暗殺計画を密告した下僕に死罪を言い渡した曹操そうそう董承とうしょうに言った言葉。


董承とうしょうを呼び出した曹操そうそうは、その場に董承とうしょうの下僕を呼んで、董承とうしょう吉平きっぺいの密談を証言させました。

これに董承とうしょうもついに観念します。

すると曹操そうそうは、主人のめかけむつみ合い、主人の話を盗み聞きして密告した2つの大罪を挙げ、下僕に斬首の刑を言い渡しました。


その後曹操そうそうは、暗殺をたくらんだ罪を献帝けんていきさきである董承とうしょうの娘にすべて負わせ、献帝けんていの目の前でくびり殺すと、自分の娘を皇后こうごうに立てました。

いいね!(1)

名言No.071


許攸許攸

袁紹えんしょうおろかな君主だっ!

曹操そうそうを倒す絶好の機会にもかかわらず、息子の病気を理由に出兵しようとしない袁紹えんしょう許攸きょゆうが言った言葉。

袁紹えんしょうは「私をはずかしめるのかっ!」と許攸きょゆうに棒叩き20回の罰を与えました。


曹操そうそうは暗殺計画に名を連ねていた劉備りゅうびつため、全軍で徐州じょしゅうに侵攻します。そこで劉備りゅうびは、手薄になった許都きょとを攻めるよう袁紹えんしょうに使者を送りますが、袁紹えんしょうは動きませんでした。

そして、孤軍で戦うことになった劉備りゅうびは城からおびき出されて大敗し、城を失って張飛ちょうひ趙雲ちょううんともはぐれてしまいます。

その後劉備りゅうびは、許攸きょゆうの口利きで袁紹えんしょうの元に身を寄せました。

いいね!(0)

第23話「関羽、三事を約す」

名言No.072


関羽関羽

主君と張飛ちょうひを救い出す!救えんのならば、その時はいっそ共に死ぬっ!!

下邳かひで孤立している関羽かんうの元に、劉備りゅうびが救援を求めているという知らせが入りました。

たった2,000の兵で救援に向かおうとする関羽かんうを止める孫乾そんけんに、関羽かんうが言った言葉。


ですがこの時、劉備りゅうびはすでに行方ゆくえ知れずとなっており「劉備りゅうびが救援を求めている」というのは、関羽かんうをおびき出すための程昱ていいくの計略でした。

いいね!(0)

名言No.073


張遼張遼

そなたがここで死ねば、すなわち3つの罪となる。

曹操そうそう軍に包囲され、絶体絶命となった関羽かんう張遼ちょうりょうが言った言葉。


あくまでも玉砕して果てようとする関羽かんう張遼ちょうりょうは、

  • もし劉備りゅうびが生きていた場合、同年同月同日に死のうと約束した「桃園の誓い」を破ることになる。
  • 関羽かんうが守っていた劉備りゅうびの夫人たちを見捨てることになる。
  • かんの再興を誓ったにもかかわらず、ぞくを除けぬまま死ぬことになる。

と、死に急ぐことで犯す3つの罪を挙げて、関羽かんうに投降を勧めました。

いいね!(0)

名言No.074


関羽関羽

だが条件がある!承諾出来ぬなら、私は罪を背負って死ぬ。

死ねば3つの罪を犯すことになると、投降を勧める張遼ちょうりょう関羽かんうが言った言葉。


関羽かんうは、

  • 曹操そうそうではなく漢帝かんていに降伏すること。
  • 劉備りゅうびの夫人たちを手厚く守ること。
  • 劉備りゅうび行方ゆくえが分かり次第、曹操そうそうの元を去ること。

という3つの条件を出して曹操そうそうに降りました。

いいね!(0)

名言No.075


周瑜周瑜

本当の狙いは、音楽ではありませぬな?

突然琴譜きんふを学びだした孫策そんさく周瑜しゅうゆが言った言葉。


ある日、竹林で美しい琴の音色ねいろを聴いた孫策そんさく周瑜しゅうゆは、その演奏者が喬国老きょうこくろうの2人の娘・大喬だいきょう小喬しょうきょうであることをつきとめました。

周瑜しゅうゆは、孫策そんさくが突然琴譜きんふを学びだしたのは、稀代きだいの美女・大喬だいきょう小喬しょうきょうが気になって仕方ないからだと言い当てたのです。その後、孫策そんさく大喬だいきょうを、周瑜しゅうゆ小喬しょうきょうを嫁に迎えました。

いいね!(1)

三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

【スリキン】三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

画像引用元

中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河