大人気中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の「名言集」の第5弾です。

今回は第24話〜第28話。「関羽かんうの千里行から、官渡かんとの戦いが膠着こうちゃく状態におちいるまで」の内容からピックアップしています。

人気投票も実施していますので、お気に入りの名言には是非「いいね!」をしてくださいねっ!

1つの名言につき1度まで、1人で複数の名言に「いいね!」することができます。また、設置している「いいね!」ボタンは人気投票として押された数をカウントするだけのものです。


スポンサーリンク

第2部 中原逐鹿(第24話〜第28話より)

第2部 中原逐鹿(第24話〜第28話より)

第24話「白馬の戦い」

名言No.076


関羽関羽

この馬さえあれば、長兄の行方ゆくえが分かった時、一日にて対面かないます。

曹操そうそうから、かつて呂布りょふが乗っていた名馬・赤兎馬せきとばを贈られた関羽かんうが言った言葉。


これまで多くの金銀や美女を贈られても喜ばなかった関羽かんうですが、赤兎馬せきとばがあれば「すぐにでも劉備りゅうびの元に駆けつけることができる」と喜んだのです。

「良いぞ!立派だ、雲長うんちょう古今ここんまれに見る忠義心の持ち主だ」と言って関羽かんうを退出させた曹操そうそうは、口惜くちおしさから頭痛を発症してその場に倒れ込みました。

いいね!(0)

名言No.077


関羽関羽

兄上この世にき時は、関羽かんう、兄上の後を追い、黄泉よみの国へまいる。

劉備りゅうびどのがくなられていたら、そなたは丞相じょうしょう曹操そうそう)にお仕えできるか?」と張遼ちょうりょうに問われた関羽かんうが言った言葉。


張遼ちょうりょうは、曹操そうそうがどれだけ関羽かんうのことを大切に思っているか、また「すぐにでも劉備りゅうびの元に駆けつけることができる」と言った関羽かんうの言葉に、曹操そうそうがどれだけ心を痛めたかを伝えますが、関羽かんうの忠義の気持ちは変わることはありませんでした。

いいね!(0)

第25話「単騎、千里を走る」

名言No.078


曹操曹操

いつかまた会おう、心待ちにしておるぞ雲長うんちょう

関羽かんう袁紹えんしょうの猛将・顔良がんりょう文醜ぶんしゅうを斬ったことで、関羽かんう曹操そうそうの元にいることを知った劉備りゅうびは、関羽かんうに自分の居場所を知らせる書簡を送りました。


劉備りゅうびの消息を知った関羽かんうは、別れの挨拶あいさつをしようと曹操そうそうを訪ねますが、「会えば関羽かんうが去ってしまう」ことが分かっている曹操そうそうは会おうとしません。

そこで関羽かんうはしかたなく、曹操そうそうに貰った贈り物に封印をして屋敷に残し、河北かほくに出発します。


関羽かんう挨拶あいさつこばんだことを後悔した曹操そうそうは、急いで関羽かんうを追うと、寒さをしのぐ綿入れ(外套がいとう)を贈り、この言葉で関羽かんうを見送りました。

いいね!(2)

名言No.079


夏侯惇夏侯惇

関羽かんうよっ!俺のことを知っているか!?俺は夏侯惇かこうとんだ。

関羽かんうを追ってきた夏侯惇かこうとんが言った言葉。


曹操そうそうから通行手形を貰っていなかった関羽かんうは、5つの関所を破ることになりました。

夏侯惇かこうとんは「丞相じょうしょうは、関羽かんうが道中で将兵を斬ったことをご存じない。この俺が生け捕りにして処罰を下していただく!」と関羽かんういどみかかり、関羽かんうと互角の戦いを演じました。


別に名言ではありませんが、なぜかこの『三国志 Three Kingdoms』では夏侯惇かこうとんがここにしか登場しないので取り上げました(笑)

いいね!(1)

第26話「古城に再会す」

名言No.080


関羽関羽

張飛ちょうひ、見たであろう。この関羽かんう、決して恩義を忘れたりはせぬっ!

追ってきた曹操そうそうの将・蔡陽さいようち取って見せた関羽かんうが、張飛ちょうひに言った言葉。


道中、元黄巾賊で山賊をしていた周倉しゅうそうを仲間に加えた関羽かんうは、大変な荒くれ者がいるという古城に立ち寄りました。すると、そこにいたのは生死も知れず離れ離れとなっていた張飛ちょうひでした。

ですが張飛ちょうひは、関羽かんうに再会を喜ぶ暇すら与えず、「曹操そうそうに降った裏切り者めっ!」と突きかかってきます。


ちょうどその時、おいかたきと追ってきた曹操そうそうの将・蔡陽さいようち取って、関羽かんう張飛ちょうひに身の潔白を示しました。

いいね!(0)

名言No.081


劉備劉備

今日我ら四兄弟、古城の桃園であいまみえた。感慨かんがい一入ひとしおだ。

関羽かんう張飛ちょうひ趙雲ちょううんと再会した劉備りゅうびが言った言葉。


周倉しゅうそうから「古城の近くのとりでに勇猛な将軍がいる」と聞いた関羽かんう張飛ちょうひが様子を見に行くと、なんとその将軍の正体は趙雲ちょううんでした。

この時関羽かんうは、とりであるじ関定かんていの息子・関平かんぺいを養子にします。


そこへ、袁紹えんしょうの元を脱出した劉備りゅうびが古城に向かっているとの連絡が入り、離れ離れとなった劉備りゅうび関羽かんう張飛ちょうひ趙雲ちょううんは再開することができたのでした。

いいね!(1)

第27話「官渡の戦い」

名言No.082


田豊田豊

お止めして死ぬとあらば、それも本望っ!

曹操そうそうとの短期決戦に反対する田豊でんぽうは、決戦を決意した袁紹えんしょうの怒りを買って投獄されていました。

袁紹えんしょう軍が、今まさに出陣しようとしていることを知った田豊でんぽうは、袁紹えんしょう諫言かんげんするため看守に筆とすみを求めました。

「次は投獄では済まなくなるのでおやめなされ」という看守に田豊でんぽうが言ったのがこの言葉です。


田豊でんぽう諫書かんしょを読んだ袁紹えんしょうは「大戦を前に士気ががれる」と大いに怒り、袁紹えんしょうの三男・袁尚えんしょうなどは「出陣前の生贄いけにえにすべし!」と進言しましたが、許攸きょゆうの取りなしによって、田豊でんぽうに勝利を見せた後に処分することにしました。

いいね!(1)

名言No.083


曹操曹操

袁紹えんしょうわしがそなたなら、決して曹孟徳そうもうとくとは和睦わぼくなどせぬ。

袁紹えんしょう軍と対峙した曹操そうそうは、いくさの前に袁紹えんしょうを茶に誘いました。

両軍の中間地点で向かい合う曹操そうそう袁紹えんしょう

そこで曹操そうそうは、これ以上ない程へりくだった態度で袁紹えんしょう和睦わぼくを申し入れます。

ですがこれは、精兵を袁紹えんしょう軍の背後に回り込ませるための時間稼ぎをする、曹操そうそうの作戦でした。


そして、十分に準備が整ったと見た曹操そうそうは、急に不遜ふそんな態度を取って袁紹えんしょうに言いました。

袁紹えんしょうわしがそなたなら、決して曹孟徳そうもうとくとは和睦などせぬ。大きな墓1つ与えるのみであるぞ。なぜなら、曹孟徳そうもうとくに最後の息がある限りは、孟徳もうとくが必ず勝つからだっ!!」

そう言うと曹操そうそうは、大きく1つ高笑いをしたかと思うと、袁紹えんしょうを馬鹿にするようにおどけながら自陣に戻って行きました。

いいね!(3)

第28話「田豊、死諫す」

名言No.084


袁紹袁紹

奴の進言を聞き入れておれば、かような事にはならなかった…。

曹操そうそうの計略により緒戦しょせんの敗北をきっした袁紹えんしょうが、決戦に反対した田豊でんぽうの言葉を思い出して言った言葉。


「やはり田豊でんぽうは正しかった」と袁紹えんしょうは、「即刻田豊でんぽうを釈放し、これからは重用することにしよう」と言いました。

すると許攸きょゆうは、袁紹えんしょう軍の敗北を知った田豊でんぽうが牢屋の中で「主君は凡庸ぼんようであり、独りよがりで仕える価値もない。自分の進言に耳を貸さぬゆえ、大敗をきっしたも必然の結果だ」と吹聴ふいちょうしていると袁紹えんしょうに吹き込みます。

これを聞いた袁紹えんしょうは激怒して、「田豊でんぽうを斬れっ!」と命令を出しました。

いいね!(0)

名言No.085


田豊田豊

私も長くはあるまい…。

袁紹えんしょう官渡かんとで大敗したこと」を伝えた看守は、進言が的中したのだから「また主君からお召しがあるはずです」と田豊でんぽうはげまします。

ですが、田豊でんぽうはゆっくりと首を振ってこの言葉をつぶやきました。


はたして袁紹えんしょうから「自害するように」との命令が届いた田豊でんぽうは、落ち着いて袁紹えんしょう遺書いしょをしたためると、「口惜くちおしや…、まこと無念ぞっ!」と叫んで、星明かりの下自害して果てました。

いいね!(0)

名言No.086


荀彧荀彧

撤退はお勧め致しません。むしろ、進軍をお勧めします。

軍の進退を問う曹操そうそうの書簡を読んだ荀彧じゅんいくが、曹丕そうひに言った言葉。


許都きょとで留守を守る荀彧じゅんいくのもとに曹操そうそうから、「兵糧が残り少ないが、撤退するべきか、このまま進軍するべきか」を問う書簡が届きます。

荀彧じゅんいくは、曹操そうそうが撤退を望んでいることを知りながら、えて進軍を勧めました。

いいね!(0)

名言No.087


許攸許攸

そなたたちの心にある曹操そうそうへの恐怖心が、奴の強さを助長しているのです!

曹操そうそうのなすことすべてがはかりごとに見えてしまっている郭図かくと許攸きょゆうが言った言葉。


曹操そうそうの陣を偵察していた許攸きょゆうは、徐州じょしゅうに向かう伝令を射殺いころし、補給を曹操そうそうの軍令を手に入れました。

許攸きょゆうは「曹操そうそう軍の武器・兵糧が不足している今こそ好機!」と、総攻撃を進言します。

ですが、その場にいた郭図かくとは、「曹操そうそうは我々をおびき出すためにわざと軍令を奪わせ、伏兵を置いて待ち構えているに違いない」と言い、袁紹えんしょう郭図かくとを信じて攻撃を仕掛けようとはしませんでした。

いいね!(1)

三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

【スリキン】三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

画像引用元

中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河