正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧㊶、太原郡たいげんぐん温氏おんし温恕おんじょ温恢おんかい温生おんせい温恭おんきょう温羨おんせん温憺おんたん温祗おんし温允おんいん温裕おんゆう温嶠おんきょう温放之おんほうし温式之おんしょくし)です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

太原郡温氏系図

太原郡温氏系図

太原郡たいげんぐん温氏おんし系図


この記事では太原郡たいげんぐん温氏おんしの人物、

についてまとめています。


スポンサーリンク


お㊶(太原温氏)

第1世代(温恕)

温恕おんじょ

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。子に温恢おんかい

幽州ゆうしゅう涿郡たくぐん太守たいしゅとなったが、子の温恢おんかいが15歳の時に亡くなった。


第2世代(温恢)

温恢おんかい曼基まんき

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温恕おんじょ。子に温生おんせい温恭おんきょう

15歳の時に父・温恕おんじょを亡くし、ひつぎを送って郷里に帰った。

家は裕福であったが、温恢おんかいは「今、世は乱れている。富など持っていても意味はない」と言い、ある日すっかり一族の者に分け与えてしまった。郷里ではその行為を立派だとたたえ、彼を前漢ぜんかん末期の郇越しゅんえつに比較した。

孝廉こうれんに推挙され、

  • 兗州えんしゅう済陰郡せいいんぐん廩丘県りんきゅうけん県長けんちょう
  • 豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん鄢陵県えんりょうけん県令けんれい
  • 冀州きしゅう清河国せいがこく広川県こうせんけん県令けんれい
  • 徐州じょしゅう彭城国ほうじょうこくしょう太守たいしゅ
  • 豫州よしゅう予州よしゅう)・魯国ろこくしょう太守たいしゅ

となったが、すべての任地で評判を取った。

その後、中央に入って丞相主簿じょうしょうしゅぼとなり、外に出て揚州刺史ようしゅうししとなったが、この時曹操そうそうは「おんみそば近くに置いておきたいが、この州(揚州ようしゅう)の政治の重大さには比べられぬ」と言い、丹陽太守たんようたいしゅであった蔣済しょうせい蒋済しょうせい)を州の治中従事ちちゅうじゅうじにつけた。


建安けんあん24年(219年)、孫権そんけん揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん合肥国がっぴこくを攻撃したが、この時諸州はすべて守備のために兵を駐屯させていた。

温恢おんかい兗州刺史えんしゅうしし裴潜はいせんに向かって言った。

「この辺りには賊軍ぞくぐんがいるが、心配する程のことはない。気がかりなのは、征南の軍に思いがけぬことが起こることだ。現在、水が増えているのに子孝しこう曹仁そうじんあざな)は敵地深くに孤立しており、将来の危険に備えていない。関羽かんうは勇猛であり、利に乗じて進撃して来れば、災難を引き起こすに違いない」

そして結局、樊城はんじょうの事件(包囲されて于禁うきんが捕虜となった事件)が起こった。


また、詔勅しょうちょくによって裴潜はいせん豫州刺史よしゅうしし呂貢りょこうらを召し寄せたが、裴潜はいせんらにはゆっくり来るように言いつけた。温恢おんかいは秘かに裴潜はいせんに向かって言った。

「これはきっと襄陽じょうようの危急に対して駆けつけよというのだろう。至急に集めない理由は、遠方の民衆を驚かせ動揺させたくないからだ。1、2日のうちに必ず密書があって、きみに早く来るようにき立てるだろう。張遼ちょうりょうらはかねてからおう曹操そうそう)の気持ちを知っている。彼らが後からされて先に到着すれば、きみはおとがめを受けるぞ」

裴潜はいせんはその言葉を聞き入れ、輜重しちょうを置き、改めて軽装備をしてすぐさま出発したが、案の定、催促の命令を受けた。張遼ちょうりょうらが次いでそれぞれ召集されたことは、温恢おんかいの予測した通りであった。


文帝ぶんてい曹丕そうひ)が帝位につくと、温恢おんかい侍中じちゅうに取り立てた。外に出て魏郡太守ぎぐんたいしゅとなり、数年して涼州刺史りょうしゅうしし持節じせつりょう護羌校尉ごきょうこういに昇進したが、道中で病気にかかり亡くなった。


第3世代(温生・温恭)

温生おんせい

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温恢おんかい

父・温恢おんかいが亡くなると、

温恢おんかいは国家の柱石たる素質を持ち、先帝(曹操そうそう)にお仕えし、功労は明白である。さらにちん(私)のために事務を執行し、王室に忠実であった。だからこそ、彼に万里彼方の任務をさずけ、一方面の政治を任せたのである。なんとしたことか中途で倒れた。わしはなはだそれをいたむものである」

という詔勅しょうちょくが下され、関内侯かんだいこうの爵位をたまわったが、早くに亡くなったので爵位は断絶した。


温恭おんきょう

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温恢おんかい。子に温羨おんせん温憺おんたん

済南太守せいなんたいしゅ温恭おんきょうの兄弟6人はみな世に名を知られて「六龍りくりゅう」と号された。


第4世代(温羨)

温羨おんせん長卿ちょうきょう

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温恭おんきょう。祖父は温恢おんかいかん代に護羌校尉ごきょうこういであった温序おんじょ後裔こうえい。 

若い頃から才知にすぐれて(朗寤ろうご)いたことによってたたえられ、斉王せいおう司馬攸しばゆう辟召まねかれてえんとなり、尚書郎しょうしょろううつった。また、恵帝けいていが即位すると豫州刺史よしゅうししを拝命し、中央に入って散騎常侍さんきじょうじ尚書しょうしょを歴任する。

斉王せいおう司馬冏しばけい輔政ほせいするようになると、温羨おんせんが父・司馬攸しばゆう故吏こりであることから特に親しまれ、吏部尚書りぶしょうしょに転任した。


これより先、司馬冏しばけい誅殺ちゅうさつされた張華ちょうかの官爵を回復したいと提案した。これに反対する者もいたが、温羨おんせんはこれに反論して、

天子てんし御前ごぜんで臣下の異なる意見を戦わせた結果ですので、ただ1人の罪とは言えません。ゆえ晏子あんし晏嬰あんえい)は『(君主が社稷しゃしょくのために死んだのならば私も死のう。しかし君主が私事のために)死んだのならば、近臣(直臣じきしん)以外、誰がお供するというのだ?』*1と言ったのです。

  • 春秋しゅんじゅう時代・しんの)裏克りこく里克りこく)が2人の庶子を殺したこと。
  • 春秋しゅんじゅう時代・せいの)陳乞ちんきつ田乞でんきつ)が(晏孺子荼あんじゅしとを廃して)陽生ようせい悼公とうこう)を立てたこと。
  • 漢朝かんちょう前漢ぜんかん)が呂氏りょし外戚しょりょ)を誅殺ちゅうさつしたこと。

みな積年せきねんのちにようやく評価されました。まして張華ちょうかの死から数ヶ月の今、彼の行いを正しく評価することはできません。

式乾殿しきけんでん式乾しきけんの会)において、張華ちょうかだけが[愍懐太子びんかいたいし司馬遹しばいつ)の廃位を]いさめました。

上司の宰相さいしょうたちは仲が悪く、善行が称賛されず、みなその命令に従うことを望んでいるその中で、誰が諫言かんげんできるでしょうか?

まして今は、賈皇后かこうごう皇太子こうたいし司馬遹しばいつそしって殺害し、内に秘めた難題は予測できず、『礼』は失われております。

さらに、皇后こうごう皇帝こうていと同じように尊く、その罪は『子を冤罪えんざいおとしいれたこと』ですので、反逆の罪とはならず、これを討つ『義』もありません。

今、張華ちょうかが新しい皇太子こうたいしを廃せなかったことを、しん趙盾ちょうじゅんが主君を殺した賊を討たなかったことと同じとし、張華ちょうかを責めておとしめるのは、義において道理が通りません」

と言い、その結果、張華ちょうかは生前の爵位を回復した。


その後、司馬冏しばけい成都王せいとおう司馬頴しばえい討伐に従って勲功くんこうげ、大陵県公だいりょうけんこうに封ぜられ、封邑ほうゆう1,800戸を与えられた。

地方に出て冀州刺史きしゅうししとなり後将軍こうしょうぐんを加えられたが、范陽王はんようおう司馬虓しばこう許昌きょしょうで敗れ、河北かほくうつってみずか冀州牧きしゅうぼくを称したので、温羨おんせん冀州きしゅう司馬虓しばこうゆずった。

恵帝けいてい司馬衷しばちゅう)が長安ちょうあん行幸ぎょうこうした際、温羨おんせん中書令ちゅうしょれいに任命したが就任しなかった。

恵帝けいてい司馬衷しばちゅう)が洛陽らくようかえると、温羨おんせん徴召まねかれて中書監ちゅうしょかんに任命され、散騎常侍さんきじょうじを加えられたが、まだ拝命する前に恵帝けいてい司馬衷しばちゅう)が崩御ほうぎょ懐帝かいてい司馬熾しばし)が即位すると、左光禄大夫さこうろくたいふ開府かいふ司徒しとうつった。

人々はみな「温羨おんせんは出世が速い」とうわさしたが、ほどなくしてやまいで亡くなり、司徒しとの位を追贈され、げんおくりなされた。

脚注

*1崔杼さいちょの妻と密通した荘公そうこう崔杼さいちょに殺害された時、晏子あんし晏嬰あんえい)が自分のスタンスをあらわして言った言葉。張華ちょうかが死をしてまで強くいさめなかったことを擁護ようごしている。


温憺おんたん少卿しょうけい

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温恭おんきょう。兄に温羨おんせん。子に温嶠おんきょう

東晋とうしん河東太守かとうたいしゅをつとめた。


第5世代(温祗・温允・温恭・温嶠)

温祗おんし敬斉けいせい

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温羨おんせん。弟に温允おんいん温裕おんゆう

太傅たいふ西曹掾せいそうえんとなった。


温允おんいん敬咸けいかん

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温羨おんせん。兄に温祗おんし。弟に温裕おんゆう

太子舍人たいししゃじんとなった。


温裕おんゆう敬嗣けいし

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温羨おんせん。兄に温祗おんし温允おんいん

武安長公主ぶあんちょうこうしゅ司馬炎しばえん胡芳こほうの娘)を降嫁こうかされ、官は左光禄大夫さこうろくたいふまで至った。


温嶠おんきょう太真たいしん

西晋せいしん太康たいこう9年(288年)〜東晋とうしん咸和かんわ4年(288年)没。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温憺おんたん。子に温放之おんほうし温式之おんしょくし

聡明そうめい鋭敏えいびん、博学で文才があり、幼い頃より孝行で知られた。容姿端麗ようしたんれいで談論にすぐれ、見た者はみな彼を愛したという。

17歳の時、州や郡に辟召まねかれたがすべて辞退した。司隷校尉しれいこうい都官従事とかんじゅうじとなると、当時評判が高かった散騎常侍さんきじょうじ庾敳ゆがいの莫大な蓄財を奏上して京都けいと洛陽らくよう)のゆるんだ気風を引き締めた。後に秀才しゅうさいに推挙され、司徒しと辟召まねかれて東閤祭酒とうこうさいしゅ幷州へいしゅう并州へいしゅう)・上党郡じょうとうぐん潞県ろけん県令けんれいとなる。

温嶠おんきょう従母じゅうぼ(母の姉妹)の夫である平北大将軍へいほくだいしょうぐん劉琨りゅうこんは、礼を尽くして温嶠おんきょうに軍に参加することをい、劉琨りゅうこん大将軍だいしょうぐんうつると、温嶠おんきょう従事中郎じゅうじちゅうろう上党太守じょうとうたいしゅとなり、建威将軍けんいしょうぐんを加えられて督護前鋒軍事とくごぜんほうぐんじとなった。

前趙ぜんちょう石勒せきろく討伐において度々戦功をげ、劉琨りゅうこん司空しくううつり、温嶠おんきょう右司馬ゆうしばとなる。当時、土地は荒廃して各地で盗賊たちが群れ起こり、石勒せきろく劉聡りゅうそうが国境をおかしていたので、劉琨りゅうこん温嶠おんきょうはかりごとを頼った。


建興けんこう4年(316年)、2都(洛陽らくよう長安ちょうあん)が陥落して西晋せいしん社稷しゃしょくが断絶すると、司馬睿しばえい東晋とうしん元帝げんてい)を擁立ようりつ散騎常侍さんきじょうじを拝命し、太子中庶子たいしちゅうしょしを兼任して東宮とうぐう太子たいしを補佐した。

その後、明帝めいてい太子たいし司馬紹しばしょう)が即位すると、侍中じちゅう中書令ちゅうしょれいとなる。

王敦おうとんが反乱を起こすと、中塁将軍ちゅうるいしょうぐん持節じせつ都督ととく東安とうあん北部ほくぶ諸軍事しょぐんじとして討伐軍に従軍。みずから水軍をひきいて王含おうがんを破る戦功を立て、建寧県けんねいけん開国公かいこくこうに封ぜられ、絹・5,400匹をたまわり、前将軍ぜんしょうぐんに進んだ。

明帝めいていが重病となると、王導おうどう郗鑒ちかん庾亮ゆりょう陸曄りくよう卞壼べんこんらと共に顧命こめい天子てんし臨終りんじゅうの際に発する命令)を受ける。

咸和かんわ年間の初め江州刺史こうしゅうしし持節じせつ都督ととく平南将軍へいなんしょうぐんとして武昌ぶしょうに駐屯し、咸和かんわ2年(327年)に起こった「蘇峻そしゅんの乱」を鎮圧した功績により、驃騎将軍ひょうきしょうぐん開府かいふ儀同三司ぎどうさんし散騎常侍さんきじょうじとなり、始安郡公しあんぐんこうに封ぜられて封邑ほうゆう3,000戸を与えられた。

咸和かんわ2年(327年)に42歳で病死。侍中じちゅう大将軍だいしょうぐん持節じせつ都督ととく刺史ししを追贈され、銭・百万銭と布千匹をたまわり、おくりなされた。


魏書ぎしょ盧毓伝ろいくでんが注に引く晋諸公賛しんしょこうさんに、温嶠おんきょうが上奏文をたてまつって、盧植ろしょくの子・盧毓ろいく曾孫ひまごにあたる盧諶ろしんを「とりわけ清潔で文才がある」と称揚したことがしるされている。


第6世代(温放之・温式之)

温放之おんほうし弘祖こうそ

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温嶠おんきょう。弟に温式之おんしょくし

父・温嶠おんきょうの爵位(始安郡公しあんぐんこう)をぎ、清官せいかん*2を歴任して給事黄門侍郎きゅうじこうもんじろうに至った。

交州刺史こうしゅうししの官職を求め、朝廷に認められた。この時王述おうじゅつ会稽王かいけいおうに手紙を送って温放之おんほうしを地方に出すことをいさめたが、聞き入れられなかった。

広州こうしゅう南海郡なんかいぐんに入った温放之おんほうしは威光と恩恵をほどこしたが、温放之おんほうし林邑りんゆうに侵攻すると交阯太守こうしたいしゅ杜宝とほう別駕べつが阮朗げんろうは従うことを拒否したので、温放之おんほうしは彼らを誅殺ちゅうさつして軍を進め、林邑りんゆうを陥落させて帰還した。在官のまま亡くなった。

脚注

*2名門貴族のみがく事ができる上位の官品を持つ官職。


温式之おんしょくし穆祖ぼくそ

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん祁県きけんの人。父は温嶠おんきょう。兄に温放之おんほうし

新建県侯しんけんけんこうに封ぜられ、位は散騎常侍さんきじょうじにまで至った。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引