正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧㊵、汪踦おうき欧冶おうやです。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


お㊵

汪(汪踦)

汪踦おうき汪錡おうき

生年不詳〜哀公あいこう11年(紀元前484年)没。春秋しゅんじゅう時代の魯国ろこく童子わらべ(男の子)。汪錡おうきとも。

哀公あいこう11年に斉国せいこく魯国ろこくに攻め込んだ時、魯国ろこくの童子・汪踦おうきは国を守るために身をていして戦って死んだ。

彼の忠勇の精神に感嘆かんたんした魯国ろこくの人々の間で「汪踦おうきに対し成人と同じ葬礼そうれいを行うべきか」が議論になったが、この時孔子こうしは、

「武器を取って国家を守ったのだから、しょう(20歳前に死ぬこと)の扱いをしなかったとしても、良いではありませんか」

と言い、特別な例外として「成人の葬礼そうれい」によって彼を埋葬した。


呉書ごしょ張昭伝ちょうしょうでんに名前が登場する。

張昭ちょうしょうの弟の子・張奮ちょうふんは、20歳の時に城攻めにもちいる「大攻車だいこうしゃ」を考案し、歩騭ほしつ推奨すいしょうを受けたが、張昭ちょうしょうはそれを喜ばず、「お前はまだ若いではないか。どうして進んで軍隊などに入ろうとするのか」と言った。

すると張奮ちょうふんは「昔、まだ童子わらべであった汪踦おうきは国難にじゅんじ、子奇しきは(20歳にもならぬ身で)の地を統治いたしました。私は確かに不才ではございますが、年齢の点で不足はしておらぬのです」と答えた。


欧[欧冶(欧冶子)]

欧冶おうや欧冶子おうやし

生没年不詳。刀鍛冶かたなかじ

蜀書しょくしょ郤正伝げきせいでんが注に引く越絶書えつぜつしょに名前が登場する。


昔、越王えつおう句践こうせんの元に5本の宝剣があり、天下に有名であった。

句践こうせんが、有能な剣の鑑定家である薛燭せつしょくにその内の2本、「純鉤じゅんこう」と「湛盧たんろ」を見せたところ、薛燭せつしょくはそれらを絶賛した。

そこで句践こうせんが、

食客しょっかくの中に『これをきょう3つ、駿馬千頭、千戸の都市2つで買いたい』という者がいるが、売ってしまって良いだろうか」

たずねると、薛燭せつしょくは、

「いけません。この剣が作られた時には、赤堇せききんの山がけてすずを出し、若邪じゃくやの谷がれてどうを出し、雨師うし(雨の神)が洗い清め、雷公らいこう(雷神)が太鼓を打ち鳴らし、太一たいいつ(天の神)が下りてご覧になり、天の精気がそれに下り、欧冶おうや刀鍛冶かたなかじ)が天の精気に従い、その技巧ぎこうを尽くしました。

第1を純鉤じゅんこうと言い、第2を湛盧たんろと言います。現在、赤堇せききんの山はすでに合わさり、若邪じゃくやの谷は測定できないほど深く、欧冶子おうやしはすでに死亡していますから、城を傾けて黄金を積み、河にあるだけの珠玉を取り出したとしましても、この一物のみは手に入れることができないでしょう。

きょう3つ、駿馬千頭、千戸の都市2つなどで手放して良い代物ではありません」

と答えたという。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引