正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧㊷(温毅おんぎ温顒おんぎょう温氏おんし)です。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


お㊷(温②)

王(おう)

温毅おんぎ

生没年不詳。後漢ごかん案行使者あんこうししゃ光禄大夫こうろくたいふ

初平しょへい元年(190年)、董卓とうたく討伐の兵をげた荊州刺史けいしゅうしし王叡おうえいは「まず先に(仲が悪かった武陵太守ぶりょうたいしゅの)曹寅そういんを殺すのだ」と言い立てた。

これをおそれた曹寅そういんは、案行使者あんこうししゃ光禄大夫こうろくたいふ温毅おんぎ檄文げきぶんを偽作して長沙太守ちょうさたいしゅ孫堅そんけんに送りつけ、孫堅そんけんが計略をもって城内に入ると、王叡おうえいけずったきんを飲んで自害した。


温顒おんぎょう

生没年不詳。魏書ぎしょ劉放伝りゅうほうでんの注に名前が登場する。

  • 温顒おんぎょう
  • 荀寓じゅんぐう
  • 張華ちょうか
  • 鄒湛すうたん
  • 鄭詡ていく
  • 劉許りゅうきょ

の6人は、文章が立派で思考が論理的であると言われた。


温氏おんし

生没年不詳。魏書ぎしょ呂布伝りょふでんが注に引く献帝春秋けんていしゅんじゅうに名前が登場する。

曹操そうそうに降伏して曹操そうそうの前に引き出された呂布りょふは、曹操そうそうに向かって「殿(曹操そうそう)はどうしておせになったのか」とたずねた。

曹操そうそうが「君はどうしてわしを知っているのだ」と言うと、呂布りょふは「昔、洛陽らくよう雒陽らくよう)にいた頃、温氏おんしの庭園でお目にかかったことがあります」と答えた。

これを聞いた曹操そうそうは「そうだ、わしは忘れていた。せたのは、もっと早く捕まえられなかったのが残念だからだ」と言った。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引