正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧㊱、「おう」から始まる人物の一覧㉟王摩おうま王莽おうもう王門おうもん王約おうやく王邑おうゆう王羕おうようです。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


お㊱(王㉟)

王(おう)

王摩おうま

生没年不詳。袁紹えんしょう将軍しょうぐん

袁紹えんしょう曹操そうそう官渡かんとで対峙していた建安けんあん5年(200年)、曹操そうそう徐州じょしゅうで反逆した劉備りゅうびの征討に向かった時、于禁うきんは歩兵・2千人を指揮して延津えんしんを固守した。

その後于禁うきんは、楽進がくしんらと歩兵・騎兵合わせて5千人を指揮して袁紹えんしょうの別の陣営を攻撃。延津えんしんから西南に向かい黄河こうが沿って司隷しれい河内郡かだいぐん汲県きゅうけん獲嘉国かくかこくまで行き、30余ヶ所の陣営を焼き払った。

斬った首の数と捕虜の数はそれぞれ数千、袁紹えんしょう将軍しょうぐん何茂かぼう王摩おうまら20余人を降伏させた。


王莽おうもう巨君きょくん

前漢ぜんかん初元しょげん4年(紀元前45年)〜しん地皇ちこう4年(23年)没。冀州きしゅう魏郡ぎぐん元城県げんじょうけん委粟里いしょくりの人。王皇后おうこうごう元后げんこう前漢ぜんかんの第11代皇帝・元帝げんてい皇后こうごう)の弟・王曼おうまんの次子。しんの皇帝[在位:しん始建国しけんこく元年(9年)〜しん地皇ちこう4年(23年)]となった。

王皇后おうこうごうが生んだ子が成帝せいていとして即位すると、王氏おうしの一族は外戚がいせきとして台頭し、王皇后おうこうごうの弟7人はすべて列侯れっこうに封ぜられ、順番に大司馬だいしばいて国家の軍事権を握った。

早くに父を亡くした王莽おうもうは、王氏おうし一族の中で1人不遇であったが、王氏おうし内部の権力争いに勝利して成帝せいていの末年にみずからも大司馬だいしばとなる。

前漢ぜんかん綏和すいわ2年(紀元前7年)に哀帝あいていが即位すると一時下野したが、哀帝あいていが急死すると、王皇后おうこうごう王莽おうもうは、元帝げんていの孫で9歳の平帝へいていを強引に擁立ようりつし、王莽おうもうが実権を握った。

前漢ぜんかん元始げんし5年(5年)、王莽おうもう平帝へいていを毒殺。みずか摂皇帝せつこうていと称すると、前漢ぜんかん初始しょし元年(9年)、讖緯しんい説を作為的に利用して、ついにみずか天子てんしに即位してしんを建国した。

天子てんしに即位した王莽おうもうは、強大化した豪族の大土地所有を制限するため、

  • 官制の改革
  • 官名・地名の改変
  • 土地制度の改変
  • 貨幣制度の改革
  • 商工業の統制

など、復古的な色彩をともなう諸政策を実施して、儒教じゅきょうに基づく理想社会を具現化しようとしたが、かえって社会の混乱を増大させた。

さらに対匈奴きょうど政策の失敗もあり、山東さんとう蜂起ほうきした農民反乱(赤眉せきびの乱)と、それに続く豪族の反乱によって、しん地皇ちこう4年(23年)、長安ちょうあん城内の未央宮びおうきゅうで、更始帝こうしてい劉玄りゅうげん)軍によって刺殺された。


王門おうもん

生没年不詳。公孫瓚こうそんさんの将。

興平こうへい元年(194年)以降のこと。公孫瓚こうそんさんの将・王門おうもん公孫瓚こうそんさんそむいて袁紹えんしょうに味方し、1万余人の兵をひきいて東州県とうしゅうけんに来攻した。

人々はじ気づいて降伏しようとしたが、東州令とうしゅうれい代行の田豫でんよ田予でんよ)は城壁に登って王門おうもんに声をかけた。

おんみ公孫氏こうそんし公孫瓚こうそんさん)に厚遇されながら離れて行ったのは、やむを得ぬ理由があることだと思っていた。今、引き返して乱暴を働けば、おんみが乱を好む人間に過ぎないと分かる。そもそも水み男ほどのわずかな智恵しかない者でも、人から器物を預かれば他人に貸したりしないものだ。わしはすでにその任を引き受けている。どうして早く攻めないのだ?」

王門おうもんは気恥ずかしくなって引き退いた。


王約おうやく

生没年不詳。しん将軍しょうぐん

『華陽国志』

建衡けんこう3年(271年)、虞汜ぐし陶璜とうこう交趾郡こうしぐん交阯郡こうしぐん)に攻め込んだ。

しん楊稷ようしょく毛炅もうけいらが立てもった城中の食糧も尽き、死亡者は半数に達した。将軍しょうぐん王約おうやくが寝返ったため、軍は城中に攻め込むことに成功し、楊稷ようしょく毛炅もうけいを捕虜とした。

『漢晋春秋』

しん霍弋かくよく楊稷ようしょく毛炅もうけいらを交趾郡こうしぐん交阯郡こうしぐん)の守りにおもむかせる際に、共に誓約して言った。

「もし敵にまちを包囲された時、100日に満たないうちに降伏したならば、その一家眷属けんぞく誅殺ちゅうさつする。もし100日を過ぎてからまちが敵の手に落ちたのであれば、刺史ししの方でその罪を引き受けよう」

楊稷ようしょくらは100日に満たないうちに食糧が尽きて陶璜とうこうに降伏を申し出たが、陶璜とうこうは降伏を許さず、食糧を与えて城の守りを続けさせた。

の者たちがいさめると、陶璜とうこうは言った。

霍弋かくよくは死んでおり、救援に来られる者はない。与えた食糧がなくなるのを待って、その後で降伏を認めれば、彼らの投降も罰せられることなく、我々は義のある行動を取ったことになる。国内的には我が民衆たちに教訓を与え、対外的には隣国の人々の心をこちらにきつけることができるのだ。素晴らしいことではないか」

楊稷ようしょく毛炅もうけいは食糧を食べ尽くしたが救援はやって来ず、そこで陶璜とうこうは降伏を認めて彼らの身柄を保護した。


上記のように、漢晋春秋かんしんしゅんじゅう王約おうやくは登場しない。


王邑おうゆう文都ぶんと

生没年不詳。涼州りょうしゅう北地郡ほくちぐん泥陽県でいようけんの人。

王邑おうゆう劉寛りゅうかんの門生で、幷州へいしゅう并州へいしゅう)・西河郡せいかぐん離石県りせきけん県長けんちょうとなった。

興平こうへい2年(195年)12月、長安ちょうあんを脱出した献帝けんてい司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんに到達すると、当時河東太守かとうたいしゅであった王邑おうゆう綿帛めんはくを献上し、献帝けんていはそれらを公卿こうけい以下、従ってきた者たちに分け与え、王邑おうゆう列侯れっこうに封じた。


建安けんあん7年(202年)、袁尚えんしょうが勝手に任命した河東太守かとうたいしゅ郭援かくえん司隷しれい河東郡かとうぐんに侵攻し、絳邑県こうゆうけんを包囲した。逃げられないとさとった賈逵かきは、人をって間道伝いに郡まで官印とひもを送らせて、河東太守かとうたいしゅ王邑おうゆうに「急いで皮氏県ひしけんを占拠せよ」と伝えさせた。

その後、絳邑県こうゆうけんを降伏させた郭援かくえんが、絳邑県こうゆうけんの軍勢を合わせてさらに兵を進めようとすると、賈逵かきは「郭援かくえん皮氏県ひしけんを占拠すること」を恐れて一計を案じ、郭援かくえん謀士ぼうし祝奥しゅくおうを迷わせて郭援かくえんの軍勢を7日間引き止めたので、郡は皮氏県ひしけんを確保することができ、敗北せずに済んだ。


建安けんあん10年(205年)、王邑おうゆう詔勅しょうちょくをもってし寄せられたが、天下がまだ安定していなかったため、おしに応じることを願っていなかった上、官民もまた王邑おうゆうしたっていた。

そこで、郡のえん(属官)・衛固えいこ中郎将ちゅうろうしょう范先はんせんらが司隷校尉しれいこうい鍾繇しょうようの元におもむいて、王邑おうゆうの留任を要請したが、この時すでに詔勅しょうちょくによって河東太守かとうたいしゅに任命された杜畿ときが郡境に入っており、鍾繇しょうよう范先はんせんらの希望を聞き入れず、王邑おうゆうに「太守たいしゅの割符を渡せ」と催促した。

すると王邑おうゆうは、太守たいしゅ印綬いんじゅびたまま真っ直ぐ河北かほくを通って許都きょと許県きょけん)に行き、自分で直接印綬いんじゅを返還した。

洛陽らくようにあって司隷しれいの統治に当たっていた鍾繇しょうようは、命令が守られない以上「自分は統治者としての資格を失っている」と判断し、みずからを弾劾だんがいする上奏をして辞職を願い出たが、認められなかった。


建安けんあん18年(213年)秋7月、献帝けんてい魏公ぎこう曹操そうそうの3人の娘を貴人きじんに迎え、一番年少の娘は国で成長を待つこととなった。

そこで曹操そうそうは、使持節しじせつこう太常たいじょう大司農だいしのう安邑侯あんゆうこう王邑おうゆうを使者として冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんに派遣し、へき白帛しろぎぬ玄纁げんくん(赤黒いきぬ)・きぬ5万匹を結納ゆいのうとした。

その翌年正月、曹操そうそうは、王邑おうゆう持節じせつ宗正そうせい劉艾りゅうがい介添かいぞえ5人をつけ、束帛そくはく(礼物用にたばねたきぬ)と4頭立ての馬を持たせて、給事きゅうじ黄門侍郎こうもんじろう掖庭丞えきていじょう中常侍ちゅうじょうじ2人と、魏国ぎこくから2人の貴人きじんを迎えさせた。


王邑おうゆう」の関連記事

王羕おうよう

生没年不詳。大将軍府だいしょうぐんふ舎人しゃじん

中書令ちゅうしょれい李豊りほうは、かねてから大将軍だいしょうぐん司馬師しばしに親任されていたが、秘かに太常たいじょう夏侯玄かこうげんに心を寄せ、皇后こうごうの父である光禄大夫こうろくたいふ張緝ちょうしゅうと結託して夏侯玄かこうげんに政治をらせようとたくらんだ。

嘉平かへい6年(254年)、司馬師しばし李豊りほうの陰謀を聞き知ると、舎人しゃじん王羕おうようは「命令によって李豊りほうまねく」ように要請した。

司馬師しばし王羕おうようを派遣して車をもって迎えさせると、李豊りほうは脅迫され王羕おうようの後についてやって来た。そこで司馬師しばしが厳しく問いめたところ、観念した李豊りほうは、

「お前たち父子は悪心をいだき、社稷しゃしょくをひっくり返そうとしている。わしの力が足りず、討ち滅ぼせなかったのが残念だ」

と言ったので、司馬師しばしは激怒して、強力の勇士にかたな李豊りほうの腰を叩かせて殺害した。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引