大人気中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の「名言集」の第19弾です。

今回は第78話〜第80話。「夷城いりょうの戦いの始まりから劉備りゅうびの快進撃が続くところまで」の内容からピックアップしています。

人気投票も実施していますので、お気に入りの名言には是非「いいね!」をしてくださいねっ!

1つの名言につき1度まで、1人で複数の名言に「いいね!」することができます。また、設置している「いいね!」ボタンは人気投票として押された数をカウントするだけのものです。


スポンサーリンク

第6部 天下三分(第78話〜第80話より)

第6部 天下三分(第78話〜第80話より)

第78話「劉備、呉を伐つ」

名言No.316


諸葛亮諸葛亮

そちの耳にはれ言しか届かぬようだなっ!

「朝廷ではかように言われております。陛下が丞相じょうしょうに代わり、李厳りげんを登用するとっ!」

孔明こうめいを心配して朝廷での噂話うわさばなしを聞かせた魏延ぎえん孔明こうめいが言った言葉。


これを聞いた孔明こうめいは、「みだりに邪推じゃすいなどするものではないっ!」と魏延ぎえんしかりつけました。


でもこれ、魏延ぎえんが本当に孔明こうめいを心配して言ったことなんですよね。孔明こうめい魏延ぎえんに厳し過ぎます(笑)

いいね!(0)

名言No.317


孫権孫権

戦わずしての和睦わぼくなど、屈辱であるっ!

劉備りゅうびとの和睦わぼくを勧める諸葛瑾しょかつきん孫権そんけんが言った言葉。


劉備りゅうびに向けて進軍を開始したことを聞いた孫権そんけんは、孫桓そんかん鎮西左都督ちんぜいさととく朱然しゅぜん鎮西右都督ちんぜいゆうととくとして精鋭5万を預け、荊州けいしゅうの入り口である秭帰城しきじょうを1月持ちこたえるように命じました。

ただ和睦わぼくうのではなく、劉備りゅうび軍と戦い、兵糧が尽きることを見計らって和睦わぼくを申し入れる作戦です。

いいね!(0)

名言No.318


孫小妹孫小妹

かたや私の兄、かたや私の夫です。心が2つに引き裂かれて、どうすれば良いのか…。

劉備りゅうびとの和睦わぼくが決裂したことを聞いた孫小妹そんしょうめい孫尚香そんしょうこう)が、呉国太ごこくたいに言った言葉。


1ヶ月持ちこたえるように命じた秭帰城しきじょうは3とき(約6時間)で陥落。孫権そんけんは、に帰っていた劉備りゅうびの妻・孫小妹そんしょうめい荊州けいしゅう3郡を返すことを条件に、和睦わぼくを申し入れます。

ですが劉備りゅうびは、「時すでに遅し!」と、この和睦わぼくをはねつけました。

いいね!(0)

第79話「黄忠、矢に当たる」

名言No.319


張昭張昭

一国の主たるもの、あまたのはずかしめに耐えることも欠かせぬ所業しょぎょうであります。

魯粛ろしゅくの墓の前で、曹丕そうひに投降することを悩む孫権そんけん張昭ちょうしょうが言った言葉。


劉備りゅうびの快進撃を前に、諸葛瑾しょかつきんは「曹丕そうひに投降して援軍を求める」ことを進言しました。

諸葛瑾しょかつきんの進言に加え張昭ちょうしょうの助言を受けた孫権そんけんは、ついに曹丕そうひに投降する上奏をします。


ですが曹丕そうひは、孫権そんけん呉王ごおうに封じ、九錫きゅうせきさずけただけで兵を出しませんでした。

つまり曹丕そうひは、しょくが争って疲弊ひへいするのを待ち、漁夫の利を得ることにしたのです。

いいね!(0)

名言No.320


陸遜陸遜

痛ましきかなぁ!痛ましいぞぉ~っ!

韓当かんとうらの出陣の前に、髪を振り乱し、乱心した振りをして陸遜りくそんが言った言葉。


秭帰城しきじょうを落とされた孫桓そんかんは、4万の兵で夷陵城いりょうじょうに立てこもりました。

劉備りゅうびは「このまま城を1つずつ落としていけば、孫権そんけんの本拠地・建業けんぎょうにたどり着く頃には軍が疲弊ひへいしてしまう」ことを心配していました。


夷陵城いりょうじょうもった孫桓そんかん孫権そんけんの親族。劉備りゅうび張苞ちょうほうに命じて夷陵城いりょうじょうを包囲させ、孫権そんけんの援軍を誘い出して一網打尽にする作戦に出ます。

これに孫権そんけんは、韓当かんとう周泰しゅうたい潘璋はんしょう甘寧かんねい凌統りょうとうらに10万の兵を与え、夷陵城いりょうじょうに援軍を派遣しました。


するとこの出陣を知った陸遜りくそんは、

韓当かんとうどの、そなたは何もせずに死ぬだけの凡人ぼんじんだっ!その首にやいばが突きつけられているのに気づかぬとはっ!」

と大声でわめき散らし、髪を振り乱して出兵に反対しました。

いいね!(0)

名言No.321


陸遜陸遜

進言にのぞみて薄氷はくひょうむがごとし。我がはこれでもう、おしまいだ…。

陸遜りくそんろうに放り込め!」と言った張昭ちょうしょう陸遜りくそんが言った言葉。


その後、陸遜りくそん孫権そんけん拝謁はいえつを求めましたが「主君は、そなたのごとき乱心者にはお目通りせぬっ!」とろうに入れられてしまいました。

いいね!(1)

名言No.322


黄忠黄忠

大魚を釣るには良きえさがいります。

思惑通り孫権そんけんの援軍を誘い出すことに成功した劉備りゅうびですが、まともに戦えば味方がこうむる被害も甚大じんだいになることが予想されます。

そこで黄忠こうちゅうは、待ち伏せに適した富池口ふちこうに敵を誘い出すことを提案し、

「大魚を釣るには良きえさがいります。この黄忠こうちゅうがそのえさとなり、軍をおびき寄せましょう!」

と、みずかおとりとなることを志願しました。

いいね!(0)

第80話「陸遜、大都督となる」

名言No.323


黄忠黄忠

私は負けをきっしましたが、陛下は勝利なされた。負けてもいはない…。

全身に矢を受けた黄忠こうちゅうが、見舞いに来た劉備りゅうびに言った言葉。


韓当かんとうらを富池口ふちこうに誘い込んだ黄忠こうちゅうは、敵兵7万と、助けに入ったの名将・程普ていふ甘寧かんねい潘璋はんしょう馬忠ばちゅうち取る大戦果をげましたが、黄忠こうちゅう自身も多数の矢を受けて重体となってしまいます。

黄忠こうちゅうは、劉備りゅうび看取みとられながら、満足げに息を引き取りました。

いいね!(0)

名言No.324


陸遜陸遜

江東こうとうの文武は、私に従わぬと言うことです。

大都督だいととくに任命された陸遜りくそんが、孫権そんけんに言った言葉。


富池口ふちこうで大敗北をきっした孫権そんけんは、この敗北を予見していた陸遜りくそんを釈放して、大都督だいととくに任命しました。

江東こうとうには、これに異をとなえる者が少なくはないでしょう。江東こうとうの文武は、私に従わぬと言うことです。そもそも私は一介の書生です。才や徳にも欠ける。適任ではありません」

大都督だいととくを辞退しようとする陸遜りくそんに、孫権そんけんは言いました。

江東こうとうの英雄は若くして世に出る!そなたをこの危急存亡ききゅうそんぼうときもちいるからには、栄辱生死をともにする覚悟であるっ!」

いいね!(0)

名言No.325


劉備劉備

ふっ、まだくちばしが黄色い。孫も同然だ。

大都督だいととくとなった陸遜りくそんの経歴と年齢を聞いた劉備りゅうびが言った言葉。


陸遜りくそんを軽視してはなりませぬ」と言う馬良ばりょうの進言を聞き入れた劉備りゅうびは、「ならば才を試そう」と、陸遜りくそんが10日できずかせたという数十の陣営を5日で撃ち破りました。

いいね!(1)

名言No.326


陸遜陸遜

軍法に情けは無用。

軍営を造っては5日間だけ守って撤退することを繰り返す陸遜りくそんの作戦に、将軍しょうぐんたちは不満をつのらせていきます。

ここまでの作戦で陸遜りくそんあなどった孫権そんけんの妻の弟・傳駿ふしゅんは、軍議に遅れて来ただけでなく謝罪もしませんでした。

孫権そんけんの奥方の弟を傷つければ、孫権そんけん面子めんつつぶすことになる。ですが陸遜りくそんは、恐れることなく傳駿ふしゅんを棒叩き80回の刑に処して言いました。

「再び軍法に反せば、私がこの王剣を抜いて斬るっ!」

いいね!(0)

名言No.327


陸遜陸遜

二月ふたつき後には、30万の精鋭が天から降り立つであろう。

「時が来れば、そなたらにも(この作戦の意味が)分かるであろう」

そう言っていた陸遜りくそんですが、韓当かんとうたちにわれてこの作戦の意図を説明しました。

「最後の防御線となるのは猇亭山おうていざん。この作戦の目的はしょく軍を疲弊ひへいさせることにある。そして2ヶ月後、しょく軍が猇亭山おうていざんに着いた時には、30万の精鋭が天から降り立つであろう」

ですがこの説明を聞いても、韓当かんとうたちはその意味を理解できませんでした。

いいね!(0)

三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

画像引用元

中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河