大人気中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の「名言集」の第18弾です。

今回は第74話〜第77話。「曹植そうしょくの七歩の詩から張飛ちょうひが殺されるまで」の内容からピックアップしています。

人気投票も実施していますので、お気に入りの名言には是非「いいね!」をしてくださいねっ!

1つの名言につき1度まで、1人で複数の名言に「いいね!」することができます。また、設置している「いいね!」ボタンは人気投票として押された数をカウントするだけのものです。


スポンサーリンク

第6部 天下三分(第74話〜第77話より)

第6部 天下三分(第74話〜第77話より)

第74話「七歩の詩」

名言No.303


司馬懿司馬懿

許都きょとさえ落とせば天下が取れるとのお考えなら、さにあらずっ!

「私が命じれば、許都きょとなど明日にでも陥落しようぞっ!」と言う曹彰そうしょう司馬懿しばいが言った言葉。


10万の兵を率いて弔問ちょうもんに来た曹彰そうしょうに、司馬懿しばいは言いました。

許都きょとを落としたとして、先王に仕えた曹仁そうじん徐晃じょこう張遼ちょうりょう許褚きょちょらが、曹彰そうしょうさまに従われるでしょうか?」

司馬懿しばいさとされた曹彰そうしょうは、10万の兵を差し出して曹丕そうひに謝罪しました。

いいね!(1)

名言No.304


司馬懿司馬懿

賢者は実を求め、愚者は名を争うもの。

これまでの恩に報い、高位に任命しようと言う曹丕そうひ司馬懿しばいが言った言葉。


「おそばにお仕えできれば十分」と言う司馬懿しばい曹丕そうひは、先の大将軍だいしょうぐん何進かしんの孫娘だという絶世の美女・静姝せいしゅを与えました。

いいね!(0)

名言No.305


曹植曹植

私を殺せるか!?殺せぬならひざまずけっ!

自分を捕らえに来た許褚きょちょ曹植そうしょくが言った言葉。


曹植そうしょく曹操そうそうの葬儀にも姿を見せず、曹丕そうひ拝謁はいえつにも来ませんでした。

曹丕そうひは、「兄への不敬は許せても、先王への孝行を欠くは許し難い」と、許褚きょちょ曹植そうしょくを捕らえるように命じます。


曹植そうしょくは、自分を捕らえに来た許褚きょちょの剣を、首に当てて言いました。

許褚きょちょっ!ひと思いにトドメを刺すが良い!私も先王の子、私を殺せるか!?殺せぬならひざまずけっ!さもなくば話は聞かぬっ!」

これまで何者も恐れず斬り捨ててきたさすがの許褚きょちょも、この言葉には逆らえずひざまずきました。

いいね!(0)

名言No.306


卞氏卞氏

曹植そうしょくあやめれば、母は先王の後を追います。

曹丕そうひ曹植そうしょくを殺そうとしている」という噂を聞いた卞氏べんし曹丕そうひに言った言葉。


曹丕そうひ曹彰そうしょう曹植そうしょくの母・卞氏べんし魏王府ぎおうふ曹丕そうひを訪ねて言いました。

「兄弟だというのに、曹沖そうちゅうを死なせ、曹彰そうしょうから兵を取り上げ、その上曹植そうしょくまで。詩文をたしなむだけの文人の弟を、そなたは許せないのですか?」

これを聞いた曹丕そうひは「ただの噂です」と否定しました。

いいね!(0)

名言No.307


曹植曹植

もとは同じ根よりしょうぜしに、相煎あいいること何ぞ、はなはだ急なる。

先王(曹操そうそう)の存命中、曹植そうしょくは「7あゆむ間に詩をつくることができる」と豪語していました。

曹丕そうひは、今この場で「7あゆむ間に詩をつくれ」できなければ、「反逆罪に君主をあざむいた罪を加え、厳罰に処す」と言い渡します。

お題は「兄弟」。ただし、兄弟の2文字を入れてはいけません。

「豆をるに、豆萁まめがらを燃やさば、豆は釜の中にありて泣く。もとは同じ根よりしょうぜしに、相煎あいいること何ぞ、はなはだ急なる」

この詩を聞いた曹丕そうひは、曹植そうしょくを許し、降格させるだけにとどめました。

いいね!(0)

第75話「退位を迫る」

名言No.308


献帝献帝

もうちんとは言えぬな…。

司馬懿しばいの勧めにより、ついに皇帝に即位することを決意した曹丕そうひは、華歆かきん禅譲ぜんじょう天子てんしの位をゆずること)をうながす上奏をさせました。


先祖の位牌の前で泣き崩れる献帝けんてい…。

そこへ曹丕そうひの妹の曹皇后そうこうごうがやってくると、「お前も曹家そうけの者、さっさと出て行けっ!」と、曹皇后そうこうごうなぐり倒してしまいます。

「乱暴して悪かった…。取り乱していたのだちんは…」

と言いかけて、この言葉を言いました。

いいね!(2)

名言No.309


曹皇后曹皇后

分かりました。ならば共に死ぬまでですっ!

曹皇后そうこうごう曹丕そうひ懐刀かいとうを突き立てて言った言葉。


宮殿の廊下で曹丕そうひと出会った曹皇后そうこうごうは、「曹丕そうひよ、そなたは本当にかんを廃し建国するつもりなのか?」と、涙ながらに曹丕そうひに問いかけます。

「天意に従います」

この答えを聞いた曹皇后そうこうごうは、曹丕そうひの背中に懐刀かいとうを突き立てますが、曹丕そうひは朝服の下によろいを着込んでいたため、傷つけることすらできませんでした。

いいね!(0)

名言No.310


司馬懿司馬懿

私はかんの臣下です。陛下が天子てんしであられる限り、君臣の道を守ります。

献帝けんていは2度も禅譲ぜんじょう天子てんしの位をゆずること)のみことのりを出しましたが、曹丕そうひは辞退して受けませんでした。


内宮に戻った献帝けんていのところへ、司馬懿しばいがやって来ます。

司馬懿しばい献帝けんていの前で深々とひれ伏して見せましたが、この言葉とは裏腹に、すぐに足をくずしてあぐらをかくと、華歆かきん受禅台じゅぜんだいきずかせていることを告げました。

いいね!(1)

第76話「曹丕、漢を簒奪する」

名言No.311


司馬懿司馬懿

亡国の君主の去りぎわをしかと見届けたい。

遠ざかる船を見送る司馬懿しばい司馬昭しばしょうに言った言葉。


献帝けんてい曹丕そうひ禅譲ぜんじょう天子てんしの位をゆずること)し、山陽公さんようこうに封ぜられました。


曹丕そうひの命令で劉協りゅうきょう献帝けんてい)を見送りに来た司馬懿しばいは、劉協りゅうきょうと酒をみ交わします。

「前の者のさいわいを、後の者が受ける。されど喜んではおられぬのだ。そのさいわいは、さらに後の者に渡る」

劉協りゅうきょうはこの言葉を言って酒を飲み干すと、船に乗りました。

いいね!(1)

名言No.312


献帝献帝

皇后こうごうよ、来世があるなら、決して皇帝の家にはとつぐでないぞ。

一緒に死ぬことを望んだ曹節そうせつ曹皇后そうこうごう)に劉協りゅうきょう献帝けんてい)が言った言葉。


劉協りゅうきょうが乗った船は、しばらく進んだところで沈み始めました。

「ご先祖の山河をぞくの手に渡してしまった…。私はかんの大地に眠らず、魚のえさとなるべきなのだ」

なんと、船底に穴を空けさせたのは劉協りゅうきょう自身だったのです。


劉協りゅうきょうは逃げるように言いましたが、曹節そうせつは「お供します。陛下のおそばを離れません」と劉協りゅうきょうに寄り添います。

皇后こうごうよ、来世があるなら、決して皇帝の家にはとつぐでないぞ」

劉協りゅうきょうの腕の中で曹節そうせつが答えました。

「陛下も来世があるなら、二度と皇帝の家には生まれないでください…」

いいね!(1)

名言No.313


劉備劉備

孔明こうめいやまいではないな?

病床で帝位にくことを勧める孔明こうめいに、劉備りゅうびが言った言葉。


曹丕そうひが帝位にき、劉協りゅうきょう献帝けんてい)が亡くなったことが伝わると、趙雲ちょううん孔明こうめい魏延ぎえん馬謖ばしょくをはじめ多くの臣下が劉備りゅうびに帝位にくことを勧めました。

すると劉備りゅうびは激怒して、「いくら勧めようと、死んでも断る。口にした者は罰するっ!」と言ったきり、やまいと称して政務を孔明こうめいに任せ、部屋にもってしまいました。


しばらくして、孔明こうめいやまいに倒れたという知らせが届きます。

見舞いに来た劉備りゅうびに、孔明こうめいはもう一度熱心に、皇帝に即位することを勧めました。

いいね!(0)

第77話「張飛、殺害される」

名言No.314


劉備劉備

時を選び、必ずやを討たんっ!

天子てんしに即位した劉備りゅうびが初めて下したみことのりの言葉。


劉備りゅうび天子てんしに即位したその日、初めて下したみことのりは、かんを滅ぼしたではなく、関羽かんうを殺したを討つものでした。

これに驚いた趙雲ちょううん孔明こうめいいさめ、劉備りゅうびも思いとどまりましたが、ただ1人張飛ちょうひだけが納得がいきません。


その後、張飛ちょうひに言い寄られた劉備りゅうび李厳りげんに相談します。

この時、李厳りげんへの出兵には反対でしたが、仕えてまだ日の浅い李厳りげんは「劉備りゅうび孔明こうめいの意見が対立した時には、劉備りゅうびに従った方が得策」と考え、出兵に賛成しました。

すると劉備りゅうびはついにへの出兵を決意。こうなるともう孔明こうめいにも止めることはできませんでした。

いいね!(0)

名言No.315


孫権孫権

この疫病神やくびょうがみがっ!

張飛ちょうひの首を持って投降して来た范彊はんきょう張達ちょうたつに、孫権そんけんが言った言葉。


への出兵に際して、張飛ちょうひは5日以内に3万の白旗と白衣をそろえるように命じていましたが、命じられた范彊はんきょう張達ちょうたつそろえることができませんでした。

この罪により鞭打ち200回の罰を受けた范彊はんきょう張達ちょうたつは「次は殺されてしまう」と、張飛ちょうひの寝込みを襲ってに逃亡します。


張飛ちょうひの首を見た孫権そんけんは、

「この疫病神やくびょうがみがっ!関羽かんうのことで劉備りゅうびうらまれているのに張飛ちょうひまでも!火に油をそそいだなっ!」

と、激怒して2人を牢に入れました。

いいね!(1)

三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

画像引用元

中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河