大人気中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の「名言集」の第12弾です。

今回は第51話〜第54話。「孫権そんけんが妹との結婚を口実に劉備りゅうびまねくところから、劉備りゅうび孫小妹そんしょうめいが本当に結婚するまで」の内容からピックアップしています。

人気投票も実施していますので、お気に入りの名言には是非「いいね!」をしてくださいねっ!

1つの名言につき1度まで、1人で複数の名言に「いいね!」することができます。また、設置している「いいね!」ボタンは人気投票として押された数をカウントするだけのものです。


スポンサーリンク

第4部 荊州争奪(第51話〜第54話より)

第4部 荊州争奪(第51話〜第54話より)

第51話「再び荊州を求める」

名言No.183


孫権孫権

孔明こうめいは腹黒く、劉備りゅうびは二枚舌だ。

孫権そんけん孔明こうめい劉備りゅうびを評して言った言葉。


これを聞いた魯粛ろしゅくは、

「この乱世においては、腹黒いも二枚舌もありません。あるのは強いか弱いか。すなわち、勝てば官軍、負ければぞくなのです」

と、どのような手を使ってでも荊州けいしゅうを取り戻さねばならないことを強調し、荊州けいしゅうを取り戻す交渉をするため劉備りゅうびのもとに向かいました。


個人的には、「劉備りゅうびは腹黒く、孔明こうめいは二枚舌だ」の方があっている気はしますねっ!

いいね!(2)

名言No.184


周瑜周瑜

あるすぐれた人物の書だ。読めば目からうろこが落ちる…。

半月間、くり返し読んでる書物のことを問われた周瑜しゅうゆ呂蒙りょもうに言った言葉。


周瑜しゅうゆが熱心に読んでいた書物は、なんと孔明こうめいが書いたものでした。

周瑜しゅうゆは、「敵に勝ちたければ、まずは敵を師ととらえ考えを熟知せねば、いずれ滅ぼされてしまうだろう」と言って立ち上がると、「諸葛亮しょかつりょうの兵法を調べつくし、今や長所短所を余すところなく見破った。諸葛亮しょかつりょうの考えは手に取るように分かる。ゆえに私が勝つっ!」と言い放ちました。

いいね!(1)

名言No.185


周瑜周瑜

忘れるな、私は大都督だいととくだ。

勝手に出陣させたことを責める魯粛ろしゅく周瑜しゅうゆが言った言葉。


荊州けいしゅうに行く途中、周瑜しゅうゆの元に立ち寄った魯粛ろしゅくは、周瑜しゅうゆから「すでに荊州けいしゅうにむけて軍を出発させた」ことを聞かされます。

孫権そんけんの許可を得ずに出兵したことを責める魯粛ろしゅく周瑜しゅうゆは、

「忘れるな、大都督だいととくは度々権力を頼みとし、時にはあるじの声を聞かぬこともある」

と言いました。

ですがこれは「魯粛ろしゅくとの交渉が決裂すれば、本当に荊州けいしゅうを攻めるぞ」と圧力を加え、魯粛ろしゅくを助けるためのおとりの兵でした。

いいね!(0)

名言No.186


諸葛亮諸葛亮

西蜀せいしょくを取ったら、荊州けいしゅうはお返しいたします。

荊州けいしゅうをどうすべきかと問う魯粛ろしゅくに、孔明こうめいが答えて言った言葉。


終始強気で荊州けいしゅうの返還を求める魯粛ろしゅく劉備りゅうびは、約束は守りたいが、漢室かんしつの中興のための立脚の地を失ってしまうとなげきました。

この話し合いの結果、「荊州けいしゅうのものと認め、劉備りゅうび荊州けいしゅうを立脚の地として借り、西蜀せいしょくを取ったらに返す」ことが決まりました。

いいね!(0)

名言No.187


周瑜周瑜

確かに天下をやすんじる自身はある。されど、この世には諸葛亮しょかつりょうがいる…。

劉備りゅうびとの交渉を終えて立ち寄った魯粛ろしゅくに、周瑜しゅうゆは久し振りに2人だけで酒を飲もうと誘いました。

懐かしい昔語りに花を咲かせる2人。

「そなたが家に来た時、私は一目見て分かった。そなたは将来必ず大業をなすとっ!」

この魯粛ろしゅくの言葉を聞いた周瑜しゅうゆは、天井をにらんでこの言葉を言いました。


そして、

「私が最も憎いのは曹操そうそうではない。諸葛亮しょかつりょうだ…。尊敬できるのも、曹操そうそうではなく諸葛亮しょかつりょうだっ! 私と奴は…、決して並び立たんのだっ!」

と、本心を明かす周瑜しゅうゆの目から、一筋の涙がこぼれ落ちました。

いいね!(1)

名言No.188


周瑜周瑜

思いついたぞっ!劉備りゅうびからめ取って離さず、荊州けいしゅうを手にする策をっ!

劉備りゅうびの妻・甘夫人かんふじんが亡くなったことを知った周瑜しゅうゆが、魯粛ろしゅくに言った言葉。


周瑜しゅうゆは、孫権そんけんの妹をとつがせるという名目で劉備りゅうび江東こうとうまねき、劉備りゅうびを捕らえて荊州けいしゅうと交換する策を思いつきました。

心配なのは孫権そんけんの母・呉国太ごこくたいが承知するかどうかですが、この策の目的は本当に結婚させることではなく、劉備りゅうび江東こうとうにおびき出すことです。

この策は、呉国太ごこくたいには内密にして実行されることになりました。

いいね!(0)

第52話「劉備、呉を訪ねる」

名言No.189


劉備劉備

そなたら2人が、よもや孔明こうめい先生をそしるとはっ!

孫権そんけんの妹との結婚は、劉備りゅうび婿入むこいりし、一度江東こうとうに行くことが条件でした。

行けば姻戚いんせき、行かねばかたき、もし行ったならば、劉備りゅうびを人質にして荊州けいしゅうと交換しようとしてくるのは明らかです。

ですが劉備りゅうびは「それでも行かねばならぬ」と、孔明こうめい荊州けいしゅうを任せて江東こうとうに行くことにしました。


この時劉備りゅうびが、「孔明こうめい荊州けいしゅうを乗っ取るのではないか」と疑っている関羽かんう張飛ちょうひに言ったのがこの言葉です。

劉備りゅうびは2人に、決して孔明こうめいに逆らうことがないよう厳命しました。

いいね!(1)

名言No.190


諸葛亮諸葛亮

子龍しりょう、この3つのにしきの袋には、各々の策が入っている。

劉備りゅうびの出発の時、護衛として同行する趙雲ちょううん孔明こうめいが言った言葉。


孔明こうめい趙雲ちょううんに、船がに入ったら赤い袋を、年の瀬になってもにいた際には黄色の袋を、いざという時には白い袋を開けて、書いてある策に従うように伝えました。

いいね!(0)

名言No.191


呉国太呉国太

兄が母に相談もせず、妹を勝手にとつがせるとはっ!

街の噂で劉備りゅうび孫権そんけんの妹が結婚することを知った呉国太ごこくたいが、激怒して孫権そんけんに言った言葉。


はじめの袋を開いた趙雲ちょううんは、孔明こうめいの策に従って、街に出て盛大に結納ゆいのうの品を買いあさりました。これにより、街は劉備りゅうび孫権そんけんの妹との結婚の噂で持ちきりになります。

この噂を聞きつけた呉国太ごこくたいは、自分に一言の相談もなく娘の結婚を決めた孫権そんけんしかりつけました。

いいね!(0)

名言No.192


劉備劉備

楽隊はなくとも、兵馬を待機させてくださったのですね?

「お早いお着きのため、楽隊も用意しておりません」とびる魯粛ろしゅく劉備りゅうびが言った言葉。


この縁談話を断って来るものと思っていた周瑜しゅうゆは、劉備りゅうびに向けて出発したことを聞くと、劉備りゅうびを捕らえるため、呂蒙りょもうに命じて船着き場に兵を配置させていました。

ですが、一足先に魯粛ろしゅくが出迎えたため、呂蒙りょもうは手出しをできませんでした。

いいね!(2)

第53話「孫権、兵符を返す」

名言No.193


孫権孫権

孫家そんけのものか?周家しゅうけのものかっ!?

周瑜しゅうゆはすでに6万の兵を荊州けいしゅうに向かわせた上で、劉備りゅうび不在の荊州けいしゅうを攻め取ることを進言しました。

ですが、孫劉連盟そんりゅうれんめいを維持する考えの孫権そんけんには、認めることはできません。

自分の許可を得ず兵を動かした周瑜しゅうゆ孫権そんけんは、「この江東こうとうあるじはそなたか?それとも私か?」と問い、周瑜しゅうゆ罷免ひめんして兵に撤退を命じました。


この時魯粛ろしゅくに「周瑜しゅうゆが進軍を命じた6万の兵を撤退させるのは難しいかと…」と言われた孫権そんけんが、激怒して言ったのがこの言葉です。

さらに孫権そんけんは「めいに従わぬ兵は斬れっ!」とつけ加えました。

いいね!(0)

名言No.194


周瑜周瑜

江東こうとうにもう周瑜しゅうゆはおらぬ…。

大都督だいととく罷免ひめんされた周瑜しゅうゆは荒れていました。

「今は何より養生なさることが肝要…。大都督だいととく江東こうとうに必要なお方です」という呂蒙りょもう周瑜しゅうゆが言った言葉。

いいね!(0)

名言No.195


呉国太呉国太

曹操そうそうにでもなったつもりですか!?

孫権そんけんに撤退を命じられた丁奉ていほう徐盛じょせい蒋欽しょうきん甘寧かんねいらは「撤退すれば、諸葛亮しょかつりょうは東に進軍する」と、孫権そんけんに再検討を求めてきました。

自分の命令に従わないことに腹を立てた孫権そんけんは、彼らを罷免ひめんしようとします。


そこに現れた呉国太ごこくたいは、臣下が心を1つにすることが大切だと、周瑜しゅうゆ大都督だいととくに戻すように言いました。

呉国太ごこくたいさとされた孫権そんけんみずか兵符へいふを届け、周瑜しゅうゆに謝罪しました。

いいね!(1)

名言No.196


孫権孫権

私を主君とあおがぬ者を、私も臣下とは認めまいぞ。

魯粛ろしゅく罷免ひめんの撤回を周瑜しゅうゆ孫権そんけんが言った言葉。


周瑜しゅうゆ大都督だいととくに戻した孫権そんけんは、周瑜しゅうゆに次に打つ手をたずねました。

「今すぐ劉備りゅうびを捕らえ、荊州けいしゅうを攻めるのです」と進言する周瑜しゅうゆに、「弱い者同士が争えば曹操そうそうが天下を取ります!」と魯粛ろしゅくが反対します。

そして、「公瑾こうきんどのの独断に任せれば、国は道をあやまり、我が江東こうとうは失われるでしょう」という魯粛ろしゅくの言葉を聞いた孫権そんけんは、「それではあたかも私と公瑾こうきんが、暗主あんしゅ奸臣かんしんだと申しているようだ」と言い、今度は魯粛ろしゅく罷免ひめんしました。

いいね!(1)

名言No.197


孫小妹孫小妹

誰より慈愛じあいあふれる母上は、誰より冷酷な母親です。

50歳手前の劉備りゅうびと結婚するように言われた孫小妹そんしょうめい孫尚香そんしょうこう)が、涙を流して呉国太ごこくたいに言った言葉。


体面を重んじる呉国太ごこくたいは「妹をダシに妻をめとりに来た劉備りゅうびを捕らえ、人質にするなど恥とは思わぬかっ!」と激怒し、この上は嘘をまことにするしかないと、劉備りゅうび孫小妹そんしょうめいを本当に結婚させるように言いました。

ですが今度は「年齢が不釣り合い」だと周瑜しゅうゆが反対し、劉備りゅうび甘露寺かんろじに招待してとばりの陰から劉備りゅうびを見せ、孫小妹そんしょうめいが気に入れば結婚させることにしました。

いいね!(2)

名言No.198


劉備劉備

勝ち目がたったの一割でも、試すほかありませぬ。

甘露寺かんろじでの周瑜しゅうゆの陰謀を伝えに来た魯粛ろしゅく劉備りゅうびが言った言葉。


「今すぐ荊州けいしゅうへ逃げなされ」と言う魯粛ろしゅく劉備りゅうびは「去ってしまえば孫劉連盟そんりゅうれんめいに不和が生じ、得をするのは曹操そうそうです」と、孫小妹そんしょうめい孫尚香そんしょうこう)が自分を気に入ることに賭けて、甘露寺かんろじに行くことにしました。

いいね!(0)

第54話「甘露寺に婿を招く」

名言No.199


趙雲趙雲

主君をまねいておきながら、なぜ伏兵がいるのです?

剣を抜く音に気づいた趙雲ちょううんが、劉備りゅうびの側に駆けつけて孫権そんけんに言った言葉。


甘露寺かんろじでの会見が始まって間もなく、ゆっくりと剣を抜くかすかな音に気づいた趙雲ちょううんは、こうたずねました。

孫権そんけんが素知らぬ振りをすると趙雲ちょううんは、

「私の耳は、一ちょう先の矢の音も聞き分けます。数歩先の剣の音も、聞きらしませぬっ!!」

と、背後の障子を切り払い、孫権そんけんが配置した伏兵をあらわにします。

一気に空気が緊迫する中、劉備りゅうびは「子龍しりょうよ、呉国太ごこくたいさまの御前で剣を振り回すな」と言って趙雲ちょううんを下がらせました。

いいね!(0)

名言No.200


劉備劉備

もしも私の言葉をお疑いとあらば、どうか私を斬ってくだされ。

孫権そんけんは、伏兵を指示したと言う呂蒙りょもうを斬れと命じました。

ですが劉備りゅうびは、「今日はかようにめでたき日。将軍しょうぐんを斬っては不吉」と言い、江東こうとうの兵士が私をうらむのはしかるべきだが、漢室かんしつの中興のためには仕方がなかったと、自分のこころざしを語り始めます。

そして、「大業をなしたあかつきには、私は故郷に帰り、田畑を耕し、まつりごとはいたしませぬ」と誓い、呂蒙りょもう趙雲ちょううん青紅せいこうの剣を手渡してこの言葉を言いました。


呂蒙りょもう劉備りゅうびの頭上に剣を振り上げたその時、孫小妹そんしょうめい孫尚香そんしょうこう)が劉備りゅうびを気に入った合図であるふえの音が鳴り響きました。

いいね!(0)

名言No.201


孫権孫権

その石にうらみでもあるのですか?

庭の石を剣で真っ二つに割った劉備りゅうびに、孫権そんけんたずねて言った言葉。


「もし漢室かんしつの中興が叶うのであれば、一太刀で石よ割れよと祈りました」と劉備りゅうびが答えると、「私も天にたずねます。曹操そうそうを倒せるなら、その石よ割れよ!」と言って孫権そんけんも剣を振り下ろします。石は真っ二つに割れました。

ですがこの時、劉備りゅうびは「荊州けいしゅうに戻り覇業を成しげられること」を祈り、孫権そんけんは「荊州けいしゅうを取り、帝業をなすこと」を祈っていました。

いいね!(2)

名言No.202


孫小妹孫小妹

母上、どちらが良いですか? 変わった私と、前の私と…。

「一夜のうちにまるで人が変わった」と言われた孫小妹そんしょうめい孫尚香そんしょうこう)が呉国太ごこくたいに言った言葉。


甘露寺かんろじでの会見が終わると、ついに劉備りゅうび孫小妹そんしょうめいの結婚式が挙式されました。

呉国太ごこくたいは、男勝りで聞こえていた孫小妹そんしょうめいが、一夜にして女らしくなったことをたいそう喜びました。

いいね!(1)

三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

画像引用元

中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河