大人気中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の「名言集」の第10弾です。

今回は第43話〜第47話。「赤壁せきへきの戦いの後から劉備りゅうび南郡なんぐんを手に入れるまで」の内容からピックアップしています。

人気投票も実施していますので、お気に入りの名言には是非「いいね!」をしてくださいねっ!

1つの名言につき1度まで、1人で複数の名言に「いいね!」することができます。また、設置している「いいね!」ボタンは人気投票として押された数をカウントするだけのものです。


スポンサーリンク

第4部 荊州争奪(第43話〜第47話より)

第4部 荊州争奪(第43話〜第47話より)

第43話「司馬懿、出仕す」

名言No.148


周瑜周瑜

曹操そうそうをあえて劉備りゅうびゆずり渡したのです。

「何ゆえ我が軍は曹操そうそうを逃がした?」と孫権そんけんに問われた周瑜しゅうゆが答えて言った言葉。


周瑜しゅうゆは「劉備りゅうびの手で曹操そうそうを始末させ、曹氏そうし劉備りゅうびを争わせた方が良い」と言ったのです。

孫権そんけんは、「あっぱれだ、公瑾こうきんの才知は孔明こうめいをはるかにしのぐっ!」と賞賛しましたが、これは孔明こうめいの下で学ぶ馬謖ばしょくも言い当てたことであり、孔明こうめいにも本気で曹操そうそうを殺す気はありませんでした。

いいね!(0)

名言No.149


劉備劉備

兄として私が先にくべきなのだっ!

華容道かようどうから戻った関羽かんうが「曹操そうそうを故意に逃がしたこと」を報告すると、孔明こうめいは軍法に照らして関羽かんうを斬るように命じました。

すると劉備りゅうびは、「軍法は守らねばならぬ。だが、雲長うんちょうが死ねば自分も生きてはおれぬ」と、自分の首に剣を当てます。

劉備りゅうび軍をさぐるためその場にいた魯粛ろしゅくはこれを見て、

「今劉皇叔りゅうこうしゅくがお亡くなりになれば、我が主君は誰と曹操そうそうを倒し、漢を中興するのですか!?」

と言い、孔明こうめいを説得して劉備りゅうび関羽かんうの命を救いました。

いいね!(0)

名言No.150


魯粛魯粛

時にはおろかでなくとも、おろかな振りをする必要がある。

劉備りゅうびの芝居にだまされたのだ!そなたは甘すぎるっ!」と叱責する周瑜しゅうゆ魯粛ろしゅくが言った言葉。


魯粛ろしゅくは、「まだ曹操そうそうは健在であり、曹操そうそうと対抗するためには今後も劉備りゅうびと手を組まざるを得ません。今回は劉備りゅうびに恩を売りましょう」と、劉備りゅうびを助けた理由を述べました。

いいね!(4)

名言No.151


曹操曹操

生きるのだっ!わしは寝たら忘れたぞっ!

やっとのことで南郡なんぐんにたどり着いた許褚きょちょは、「3千の兵をすべて失った…」とずっと泣いていました。

曹操そうそう許褚きょちょの隣に座ると「勝敗は兵家の常」とやさしく語りかけ、この言葉をかけました。

また、「3千の兵が何だ!では3万与えるっ!笑えっ!」と言って許褚きょちょを元気づけると、兵を集めて敗戦の理由と今後の軍略を語りました。

いいね!(4)

名言No.152


曹操曹操

10年か、あと10年生きられるかどうか。

司馬懿しばいの展望を聞いた曹操そうそうが言った言葉。


曹操そうそうが話をしているにもかかわらず、居眠りをしている者がいました。曹仁そうじんはその男を捕らえて牢に入れます。

その後、牢屋におとずれた曹操そうそうを「お待ちしておりました」と迎えたその男は、赤壁の真の敗因は「人心はかんにあり、曹操そうそうになかったこと」にあると説きます。

また、「10年の間富国強兵をし、情勢が変わるのを待って30万の兵で南征すれば、戦わずして勝てるでしょう」と言い、「事をはかるのは人ですが、事を成すのは天でございます。賢者は人事を尽くし天命を待つ」とつけ加えました。

この話を聞いた曹操そうそうは、「そなたは司馬懿しばいだ!」と、男の名を言い当てました。

いいね!(1)

第44話「曹操、華北に帰る」

名言No.153


曹操曹操

従わぬならそなたを殺すっ!

曹沖そうちゅう師傅しふとなることを断ろうとした司馬懿しばい曹操そうそうが言った言葉。


かつて曹操そうそう司馬懿しばいを呼びつけた時、司馬懿しばいはそれに応じませんでした。

今になって現れた司馬懿しばい曹操そうそうは、

「待遇が良くなってから仕えようとは無礼な!なんたる傲慢ごうまんさかっ!」

と怒って見せましたが、司馬懿しばいを(生きている中で)4番目の子・曹沖そうちゅう師傅しふに任命しました。

いいね!(2)

名言No.154


曹操曹操

常に隠れているからだ(笑)

許都きょとに向かう馬車に同乗していた司馬懿しばい曹操そうそうは、

「足の裏は、なにゆえ顔や手よりも色が白いのか申してみよ?」

と尋ねました。

司馬懿しばいは「分かりません」と答えます。

すると曹操そうそうは、「常に隠れているからだ」と、笑いながら意味深な答えを言いました。


まだ曹操そうそうに警戒されていることに気づいた司馬懿しばいは、一層注意深く仕えるようになりました。

いいね!(2)

名言No.155


曹沖曹沖

南門から入城なされば、ぞくは必ずお命を狙います。

「そなたはなぜ西門で出迎えた?」と問われた曹沖そうちゅう曹操そうそうに言った言葉。


曹操そうそう赤壁せきへきで大敗したことが伝わると、西涼せいりょう馬騰ばとう韓遂かんすいが侵攻を開始し、許都きょとの中にも刺客が入り込んでいました。


曹操そうそうを出迎えるため、曹丕そうひや百官は南門に整列しましたが、3日経っても曹操そうそうは到着しません。

そして4日目、南門に行列が到着すると、ひそんでいた刺客たちが一斉に矢を放ち、南門は大混乱におちいります。

そんな中、曹操そうそうの子の中で一番幼い曹沖そうちゅうだけが、曹操そうそうが西門から入ってくることを見抜いていました。

いいね!(0)

第45話「曹沖の死」

名言No.156


曹操曹操

敵をうらむより、敵を利用すべきと心得よ!

西門に集まった子らに曹操そうそうは、「討ちらした刺客をどうすれば良いと思う?」と問いました。

すると、曹丕そうひ曹彰そうしょう曹植そうしょくはみな刺客を逃がさない方法を答える中、曹沖そうちゅうだけは「むしろ逃がしてお父上の帰還を報告させ、馬騰ばとうおののかせるべきです」と答えました。

これを聞いた曹操そうそうは、「よくぞ言った、その通りだ!」と曹沖そうちゅうを褒め称え、

「賊を殺したところで何になる?覚えておけ、いきどおるな。いきどおれば知恵が働かなくなる。加えて敵をうらむな。うらみを持てば判断力がそこなわれる。良いか、敵をうらむより、敵を利用すべきと心得よ!」

と、子らに言って聞かせました。

いいね!(2)

名言No.157


司馬懿司馬懿

曹沖そうちゅうさまは、自ら死をまねかれたのです。

ある日、曹沖そうちゅう曹丕そうひ毒鼠どくそ(実は毒蛇)にまれ、曹丕そうひは一命を取りめたものの、幼い曹沖そうちゅうは命を落としてしまいました。

この時、「誰が曹沖そうちゅうさまをあやめたと思う?」と陳羣ちんぐんに問われた司馬懿しばいが言った言葉。


司馬懿しばいは「ご聡明そうめいさが飛び抜けておりました。父君から受けたご寵愛ちょうあいもです。こうなる運命でした」と言って答えをにごしましたが、司馬懿しばいはこの事件が起こる以前、「曹沖そうちゅうさまは聡明そうめいではない。真に聡明そうめいである方は、決してそれを人にさとらせぬもの」と言っていました。

いいね!(2)

第46話「荊州を争う」

名言No.158


孫権孫権

私がいては、公瑾こうきんも何かとやりにくい。

荊州けいしゅうめぐって劉備りゅうび軍との間で緊張が高まる中、早々に柴桑さいそうに戻ろうとする孫権そんけん魯粛ろしゅくに言った言葉。


孫権そんけんは、

「離れた方が互いに心地よいのだ。公瑾こうきんは、私がはるか遠くで玉座に収まり、軍権をゆだねることを望んでおるのだ」

と言って、周瑜しゅうゆにすべてを任せて柴桑さいそうに戻りました。

いいね!(1)

名言No.159


周瑜周瑜

そなたが見たものは、相手がそなたに見せたいものだ!

3,000石の兵糧を贈るという名目で、油江口ゆこうこう劉備りゅうびの陣をおとずれた呂蒙りょもう周瑜しゅうゆが言った言葉。


呂蒙りょもうおとずれた時、劉備りゅうびの陣ではいくさの準備をしているようには見えませんでした。

周瑜しゅうゆ呂蒙りょもうに「孔明こうめいいくさの準備をしていないように見せただけで、裏ではいくさの準備をしているのだ」と言ったのです。

ですが、孔明こうめいの真意は「いくさの準備をしているように思わせる」ことで、周瑜しゅうゆが裏をかくことまで読んでいたのでした。

いいね!(1)

名言No.160


周瑜周瑜

30日で奪えなかった時には、そなたが南郡なんぐんを取れば良い。

周瑜しゅうゆ孔明こうめいに約束して言った言葉。


孔明こうめいの真意を探るべく油江口ゆこうこうおとずれた周瑜しゅうゆは「劉備りゅうび劉琦りゅうきかつぎ出し、旧領を取り戻すという名目で南郡なんぐんを攻めようとしているのでは?」と問いめます。

そして「南郡なんぐん江東こうとうが攻める!」と言う周瑜しゅうゆ孔明こうめいは、

曹操そうそう南郡なんぐんに残した曹仁そうじんいくさけた猛将。城を落とせない上に甚大じんだいな被害を受けるのでは?」

憂慮ゆうりょしてみせました。

これに答えて周瑜しゅうゆが言ったのがこの言葉です。これこそ孔明こうめいの思うツボでした。

いいね!(0)

第47話「智略で南郡を取る」

名言No.161


周瑜周瑜

私が南郡なんぐんを取れなければ、諸葛亮しょかつりょうが取りに来る…。

兵力で劣る南郡なんぐん窮地きゅうちおちいっていました。そこで曹仁そうじんは、城を捨てて撤退する振りをして周瑜しゅうゆを城内に誘い込み、孫権そんけん軍に大打撃を与えます。

そしてその最中さなか周瑜しゅうゆはその身に毒矢を受けてしまいました。

この時、「一時撤退して治療に専念するべきです」と進言する程普ていふに、周瑜しゅうゆが言ったのがこの言葉です。

いいね!(0)

名言No.162


趙雲趙雲

大都督だいととく、ご健在のこと、お喜び申し上げます。

南郡城なんぐんじょうを占拠した趙雲ちょううん周瑜しゅうゆに言った言葉。


曹軍そうぐんの目の前で血を吐いて落馬した周瑜しゅうゆは、「このまま自分が死んだことにせよ」と命じました。

そして周瑜しゅうゆは、周瑜しゅうゆの死に乗じて全軍で攻めてきた曹仁そうじんを撃ち破ると、余勢を駆って南郡城なんぐんじょうに攻め掛かります。

ですが、からになった南郡城なんぐんじょうはすでに趙雲ちょううんに奪われた後でした。

「こちらの軍が多大な損失をこうむり、大都督だいととくも戦死されたとの知らせが届きました。私は曹賊そうぞくはばむようつかわされたのです。南郡なんぐんを取り損なった折には、我が主君の好きにして良いとおっしゃったはず」

と言う趙雲ちょううんの言葉を聞いた周瑜しゅうゆは、その場で血を吐いて落馬しました。

いいね!(0)

名言No.163


曹操曹操

曹仁そうじんは大したものだ!

曹仁そうじん敗北の知らせを受けた曹操そうそうが言った言葉。


曹仁そうじんは大したものだ!周瑜しゅうゆの部下を討ち滅ぼし、劉備りゅうびには城を3つもくれてやった!」


曹操そうそう荊州けいしゅうたもち続けるよりも、孫権そんけん劉備りゅうび荊州けいしゅうめぐって争わせ、疲弊ひへいさせる方が良いと考えていました。

その点では曹操そうそうにとって、孫権そんけんではなく劉備りゅうび荊州けいしゅうを手に入れた方が好都合だったのです。

いいね!(2)

名言No.164


孫権孫権

我らはあの劉備りゅうびのようなエセ君主すら受け入れたのだぞ!

周瑜しゅうゆから兵符へいふを取り上げ、治療に専念させるのです」と言う魯粛ろしゅく孫権そんけんが言った言葉。


「今江東こうとう劉備りゅうびが争えば、曹操そうそうを喜ばせるだけ。だが、公瑾こうきんは撤退を受け入れるだろうか?」

そう心配する孫権そんけん魯粛ろしゅくは、周瑜しゅうゆから兵符へいふを取り上げるように進言しました。

ですが孫権そんけんは、

公瑾こうきん不遜ふそんで独断的ではあるが、才に恵まれ、忠勇に優れている。もしあの者がおらねば、赤壁せきへきで負けていただろう」

と、言った上で、

「我らはあの劉備りゅうびのようなエセ君主すら受け入れたのだぞ!周公瑾しゅうこうきんを、受け入れぬ道理はあるまい」

と言いました。

すると魯粛ろしゅくは、周瑜しゅうゆが撤退せざるを得ない一計を進言しました。

いいね!(1)

三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

画像引用元

中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河