正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「か」から始まる人物の一覧㉙(賈氏かし賈信かしん賈琮かそう賈彪かひょう賈輔かほ賈龍かりょう)です。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


か㉙

賈(か)

賈氏かし鍾繇しょうようの妻)

生没年不詳。鍾繇しょうようの後妻。

鍾繇しょうよう夫人ふじん張氏ちょうしが妊娠すると、正室の孫氏そんし嫉妬しっとにより、張氏ちょうしの食事の中に毒薬を入れた。

張氏ちょうしは中毒症状を起こし、気がついてき出したが、目眩めまいが数日間続いた。張氏ちょうし孫氏そんしと争うことは「家を破滅させ国を危険におとしいれる行為」だと言い、ただ病気と称して鍾繇しょうようと会わなかった。

すると孫氏そんし鍾繇しょうように「側室そくしつが男の子を欲しがりましたので、男の子をもうける薬を飲ませたのに、毒を入れられたと申しております」と言った。これを不審に思った鍾繇しょうようは「男の子をもうける薬なら良いことだ。それをこっそり食事の中に入れて与えるとは、人情に外れているぞ」と言い、世話係に訊問じんもんするとすっかり白状したので、孫氏そんしは離縁された。黄初こうしょ6年(225年)、張氏ちょうし鍾会しょうかいを生み、恩寵はいよいよ高まった。


鍾繇しょうよう孫氏そんしを離縁した後、改めて賈氏かしを正妻としてめとった。

魏書ぎしょ鍾会伝しょうかいでんの注で裴松之はいしょうしは「鍾繇しょうようは当時年老いていたのに正妻をめとっている。おそらく礼記らいき曾子問篇そうしもんへんべる『宗子そうし(本家の嫡男ちゃくなん)は70歳になっても、主婦(家を切り盛りする妻)がなくてはならぬ』という建前からであろう」と言っている。


賈信かしん

生没年不詳。曹操そうそうの部将。

建安けんあん8年(203年)春3月、曹操そうそう冀州きしゅう魏郡ぎぐん黎陽県れいようけんを攻撃して袁尚えんしょう袁譚えんたんを大いに撃ち破った。

夏4月、曹操そうそう袁尚えんしょう袁譚えんたん鄴県ぎょうけんまで追撃してその地の麦を奪取し、さらに張遼ちょうりょう楽進がくしんに命じて冀州きしゅう魏郡ぎぐん陰安邑いんあんゆうを陥落させ、その住民を司隷しれい河南尹かなんいんに移住させた。

この時、将軍しょうぐんたちは勝ちに乗じて最後まで彼らを攻撃しようとしたが、郭嘉かくかは、

袁紹えんしょうはこの2人の男子(袁尚えんしょう袁譚えんたん)を可愛がっていましたが、後継者を選べませんでした。郭図かくと逢紀ほうきが彼らの謀臣ぼうしんとなっていますが、その間で必ずや争いが起こり、離れ離れとなるでしょう。事を急げば彼らは助け合います。攻撃をゆるめれば、後に争いの心を起こします。ここは南方の荊州けいしゅうに向かい、劉表りゅうひょうを征伐するような振りをして、彼らの変化を待つ方がよろしいでしょう。変化がはっきりした後に彼らを攻撃すれば、一挙に平定できます」

と言った。

5月、曹操そうそう郭嘉かくかの進言に従い、黎陽県れいようけん賈信かしんを残して駐屯させ、軍を引いて豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんに帰還した。


建安けんあん16年(211年)、曹操そうそう馬超ばちょうを征討した時、曹丕そうひが留守を守り、程昱ていいくを軍事に参与させた。

田銀でんぎん蘇伯そはくらが冀州きしゅう河間国かかんこくで反乱を起こすと、曹丕そうひ将軍しょうぐん賈信かしんを派遣して彼らを討伐し、ぞくのうち千余人が降伏を願い出た。


賈信かしん」の関連記事

賈琮かそう孟堅もうけん

生没年不詳。兗州えんしゅう東郡とうぐん聊城県りょうじょうけんの人。霊帝れいてい期の交阯刺史こうししし冀州刺史きしゅうしし

孝廉こうれんに推挙され、再遷さいせんして司隷しれい河南尹かなんいん京県けいけん県令けんれいとなり、その治政に功績があった。

元々交阯刺史部こうしししぶにはめずらしい産物が多く、明璣めいきき通ったたま)・翠羽すいう翡翠ひすい)・さいぞう玳瑁たいまい鼈甲べっこう)・めずらしい香料・美しい材木など、自然に生じない物はなかった。

前後の刺史しし大抵たいてい品行方正ではなく、上は権力者の意向を受け、下は私材をたくわえ、財産が充足すると、また交阯刺史部こうしししぶから転任されることを求めたので、吏民はうらそむいた。

中平ちゅうへい元年(184年)、交阯刺史部こうしししぶの駐屯兵が謀反し、交阯刺史こうししし合浦太守ごうほたいしゅを捕らえてみずか柱天将軍ちゅうてんしょうぐんと称した。

これに対応するため、霊帝れいていが特に三府に勅命を与えて能吏を選出させたところ、役人が賈琮かそうを推挙し、賈琮かそう交阯刺史こうしししに任命された。

州に到着した賈琮かそうが反乱の実情をたずねたところ、みな「税の取り立てが厳しく、人々はみな財産が尽き果ててしまいましたが、京師けいし洛陽らくよう雒陽らくよう)]ははるか遠くて窮状きゅうじょうを報告することもできず、民は生活を楽しまず、そのため集まって盗賊になっているのです」と言った。

賈琮かそうただちに布告文を出して告示し、それぞれ自分の生業なりわいに戻らせ、逃げ去った者を呼び戻し、徭役ようえき(労役)を免除し、ぞくかしらで大きな損害を与えた者を誅殺ちゅうさつし、善良な官吏を選んで、諸県で試験・採用した。これにより、交阯刺史部こうしししぶの混乱は1年で平定され、人々は落ち着くことができた。

世間ではこれについて、「賈父かほ賈琮かそう)の到来が遅かったから、私に先に反乱を起こさせたのだ。今、平静な世の中となり、役人は民家に立ち寄って飯を食べなくなった」と歌った。

賈琮かそうが在任して3年、13州の中で治績が最も優れていたため、徵召されて議郎ぎろうを拝命した。


当時、黄巾賊こうきんぞくが敗れたばかりで、兵禍へいかの後のため郡県では税が重く、あれこれと因縁をつけて姦悪な事態が生じていた。

詔書しょうしょによって刺史しし二千石にせんせき以上の官を選定し、改めて清廉せいれんで能力のある役人を選んだところ、賈琮かそう冀州刺史きしゅうししに任命された。

旧典によれば「4頭立ての馬車に赤いれ幕を着けて新たな刺史ししを州のさかいまで出迎える」ものであるが、賈琮かそうは州に向かうにあたって車に登り、「刺史ししとは遠くまでよく見て、広きに渡ってよく聞き、美悪を糾明きゅうめいし、見極めるべきものである。どうしてれ幕などを着けて自分をおおふさぐ必要があろうか?」と言い、御者ぎょしゃに命じてれ幕を上げさせた。

このうわさを聞いた冀州きしゅうの郡県では、みな賈琮かそうつつしおそれ、収賄しゅうわいの罪がある者は勝手に印綬いんじゅを置いて去って行った。

ただ冀州きしゅう鉅鹿郡きょろくぐん癭陶県えいとうけん県長けんちょう董昭とうしょう冀州きしゅう安平国あんぺいこく観津県かんしんけん県長けんちょう黄就こうしゅうだけが官に残ったまま賈琮かそうの到着を待った。これにより州境は1つにまとまった。

霊帝れいていが崩御すると、大将軍だいしょうぐん何進かしん賈琮かそうを表彰して度遼将軍とりょうしょうぐんに任命したが、在職中に亡くなった。


賈琮かそう」の関連記事

賈彪かひょう偉節いせつ

生年不詳〜建寧けんねい2年(169年)以降没。豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん定陵県ていりょうけんの人。

若い頃、何顒かぎょう郭泰かくたいらと京師けいし洛陽らくよう雒陽らくよう)]に遊学し、慷慨こうがいこころざし*2を持ち、同郡出身の荀爽じゅんそうと名声をひとしくした。

初めて州郡に出仕し、孝廉こうれんげられ、豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん新息県しんそくけん県長けんちょうとなった。

当時の領民は貧困にあえいでおり、多くの者は生んだ子を育てられない有り様だったので、賈彪かひょうは厳しく間引き(口減らしのため嬰児えいじを殺すこと)を取り締まる制度を作り、「嬰児えいじを殺すことは殺人と同罪である」とした。

ある時、城の南に殺人をおかした強盗がおり、北には子を殺した婦人がいた。城を出て事件現場におもむいて取り調べることになったが、掾吏えんり賈彪かひょうを南に連れて行こうとした。

すると賈彪かひょうは怒って「強盗が人を殺すことは普通の道理である。母子がお互いに殺し合うのは、天に逆らい道にたがう行為である」と言い、そのまま車をって北へ行き、子を殺した母の罪を取り調べた。城の南のぞくはこれを聞き、みずから後ろ手に縛った状態で自首した。

数年の間に、子を育てる人は千を単位に数えられ、みなが「賈父かほ賈彪かひょう)がお育てになった」と言い、男を生めば賈子かしと名付け、女を生めば賈女かじょと名付けた。


延熹えんき9年(166年)、「第1次党錮とうこの禁」が起こり、太尉たいい陳蕃ちんはんはこれと争ったが勝つことはできなかった。朝廷の人々はきもを冷やし、この事についてあえて口にする者はいなかった。

賈彪かひょうこころざしを同じくする者に「わたしが西[洛陽らくよう雒陽らくよう)]に行かなければ、大きなわざわい党錮とうこの禁)はけない」と言って洛陽らくよう雒陽らくよう)に入ると、城門校尉じょうもんこうい竇武とうぶ尚書しょうしょ霍諝かくしょを説得した。これにより竇武とうぶたちは党錮とうこの解除を訴え、桓帝かんてい党人とうじん大赦たいしゃを行った。

李膺りようは出獄すると「わたし赦免しゃめんされたのは、賈彪かひょうはかりごとのお陰である」と言った。


これより以前、岑晊しんしつは「党錮とうこの禁」にって逃亡し、親友の多くは彼をかくまったが、1人賈彪かひょうだけは門を閉じて受け入れなかった。当時の人はこれをうらんだが、賈彪かひょうは「春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん隠公いんこう11年に『時勢を見て行動し、後世の人をわずらわせることのないようにする』とある。岑晊しんしつは君(の成瑨せいしん張汎ちょうはんを捕らえるよう)求めて罪を得たのであり、自分からとがを残したのである。わたしは武器を振るって追っ手の役人と対することはできない。かえってこれをかくまうことなどできようか?」と言ったので、みなその判断の正しさに感服した。


(第2次党錮とうこの禁の際、)党人とうじんであるとして官途を閉ざされ、自宅で亡くなった。

賈彪かひょうの兄弟3人はいずれも高い名声があり、賈彪かひょうが最も優れていた。ゆえに天下の者は彼らを称して「賈氏かしの三虎、偉節いせつ賈彪かひょうあざな)最も勇猛なり」と言った。

脚注

*2世間のしき風潮や社会の不正などを、怒りなげくこと。


賈彪かひょう」の関連記事

賈輔かほ

生没年不詳。中領軍ちゅうりょうぐん司馬しば

景元けいげん4年(263年)、によってしょくが平定されると、鍾会しょうかいは反乱を計画して遠征中の将兵を集め、武力によって威嚇いかくし、初めてわるだくみを口にした。その発言は凶悪を極め、人々を脅迫して互いに議論させたが、突然の事態っだったのでみな驚愕きょうがくし、恐怖に打ち震えていた。

この時、相国しょうこく左司馬さしば夏侯和かこうか夏侯和かこうわ)と騎士きし曹属そうぞく朱撫しゅぶは使者として成都せいとに滞在しており、中領軍ちゅうりょうぐん司馬しば賈輔かほ郎中ろうちゅう羊琇ようしゅうはそれぞれ鍾会しょうかいの軍務に参与していたが、夏侯和かこうか夏侯和かこうわ)・羊琇ようしゅう朱撫しゅぶはみな節義を高くかかげてくじけることなく、鍾会しょうかいの凶悪な発言を拒否し、危険を前にして一身いっしんかえりみず、正義の言葉は激烈を極めた。

賈輔かほは、散将さんしょう王起おうきに「鍾会しょうかいは邪悪で凶暴な男だ。将兵をことごとく殺そうとしている」と語り、また「相国しょうこく司馬昭しばしょう)はすでに30万の軍勢をひきいて西へ向かい、鍾会しょうかいを討伐しようとしておられる」と言うなど、有利な状勢を誇張して宣伝し、人々の心をふるい立たせようとした。

王起おうきは退出すると、賈輔かほの言葉を諸軍に言いふらしたため、将兵の心はいよいよいさみ立った。


この働きにより、夏侯和かこうか夏侯和かこうわ)と賈輔かほ郷侯きょうこうに、羊琇ようしゅう朱撫しゅぶ関内侯かんだいこうに封ぜられ、王起おうき賈輔かほの言葉を宣伝し、将兵に知らせた功績によって特別の恩賞が与えられ、部曲(部隊)の将に任命された。


賈輔かほ」の関連記事

賈龍かりょう

生没年不詳。益州えきしゅう蜀郡しょくぐんの人。後漢ごかん末期の益州従事えきしゅうじゅうじ

中平ちゅうへい5年(188年)、益州えきしゅうの逆賊・馬相ばしょう趙祗ちょうしらは益州えきしゅう広漢郡こうかんぐん緜竹県めんちくけんにおいてみずか黄巾こうきんと号し、役務に疲れ切った民衆を寄せ集めて1、2日のうちに数千人を手に入れ、まず手始めに緜竹県めんちくけん県令けんれい李升りしょうを殺害し、官民を糾合きゅうごうして合計1万余人にふくれ上がった。

馬相ばしょう趙祗ちょうしらはたちまち進攻して雒県らくけんを撃ち破り、益州えきしゅうを攻撃して刺史しし郤険げきけんを殺害し、さらに蜀郡しょくぐん犍為郡けんいぐんに到達し、1ヶ月のうちに蜀郡しょくぐん広漢郡こうかんぐん犍為郡けんいぐんの3つの郡を破壊した。

馬相ばしょうみずか天子てんしと称し、その軍勢は5けたの数に達した。

益州えきしゅう従事じゅうじ賈龍かりょうは、私兵・数百人をひきいて犍為郡けんいぐんの東のさかいにいたが、官民を配下におさめ、千余人の手勢を獲得して馬相ばしょうらを攻撃し、数日にして敗走させたので、州内は平穏になった。

賈龍かりょうはそこで吏卒りそつを選んで劉焉りゅうえんむかえにやった。ところが劉焉りゅうえんは、秘かに独立の計画をし進め、州内の豪族・王咸おうかん李権りけんら10人余りを殺害して自己の権力を示した。

犍為太守けんいたいしゅ任岐じんき賈龍かりょうは、この事件によりそむいて劉焉りゅうえんを攻撃したが、劉焉りゅうえん任岐じんき賈龍かりょうを撃破して殺害した。


蜀書しょくしょ劉焉伝りゅうえんでんが注に引く英雄記えいゆうきには、

劉焉りゅうえんはたげはしたものの、天下の人々と協力して董卓とうたくを討伐しようとせず、益州えきしゅうを保持して自己の地位を守るのみだった。犍為太守けんいたいしゅ任岐じんきは勝手に将軍しょうぐんと名乗り、従事じゅうじ陳超ちんちょうと共に兵をげ、劉焉りゅうえんを攻撃したが、劉焉りゅうえんはこれを撃破した。

董卓とうたく司徒しと趙謙ちょうけん*3に軍隊を統率させて益州えきしゅうに向かわせると、校尉こうい賈龍かりょうを説得して、軍隊を引き返して劉焉りゅうえんを攻撃させた。

劉焉りゅうえん青羌せいきょうの部隊を出陣させて彼らと戦わせたため、賈龍かりょうを撃ち破り殺すことができた」

と、賈龍かりょうの死についての異説がせられている。

脚注

*3趙謙ちょうけん司徒しとになったのは、王允おういん董卓とうたくを殺害し、董卓とうたくの配下によって殺された後である。従って、官名もしくは人名にあやまりがあると思われる。


賈龍かりょう」の関連記事


スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引