正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧㊳。汝南郡じょなんぐん応氏おうし応順おうじゅん応疊おうちょう応畳おうちょう)・応郴おうちん応奉おうほう応劭おうしょう応邵おうしょう)・応珣おうじゅん応㻛おうとう応璩おうきょ応貞おうてい応純おうじゅん応秀おうしゅう応紹おうしょう応詹おうせん]です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

汝南応氏系図

汝南郡応氏系図

汝南郡じょなんぐん応氏おうし系図

応疊おうちょう応畳おうちょう)の兄弟の順は不明。中子とあることから、長子・末子ではない。


この記事では汝南郡じょなんぐん応氏おうしの人物、

についてまとめています。


スポンサーリンク


お㊳(汝南応氏)

第1世代(応順)

応順おうじゅん華仲かちゅう

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。子に応疊おうちょう応畳おうちょう)。孫に応郴おうちん曾孫ひまご応奉おうほう応順おうじゅんには10人の子がおり、みな学問をおさめ才能があった。応疊おうちょう応畳おうちょう)は中子とあることから、長子・末子ではない。

若くして出仕した郡県では清廉せいれん公正こうせいな官吏であり、決して私的な文書を発行しなかった。孝廉こうれんに推挙されると尚書郎しょうしょろうから転任して右丞ゆうじょう冀州刺史きしゅうししとなったが、私欲を持たず、その後東平国相とうへいこくしょうとなると信賞必罰をもって職務にあたった。

ある時、あずさの樹が執務室の上(床を破って?屋根の上?)に生えてきたことがあったが、人々はこれを「応順おうじゅん継母ままははへの孝行心に感応したもの」だと言った。

外戚がいせき竇憲とうけんが権力を握ると、刺史しし二千石にせんせき太守たいしゅ)たちは子弟を派遣して彼に賄賂わいろおくったため、竇憲とうけんが失脚するとみな罪に問われて罷免ひめんされたが、ただ1人応順おうじゅんだけはその中にいなかったので、名をげることとなった。

応順おうじゅんは私欲がなく、また政事に明るかったので、河南尹かなんいんから転任して将作大匠しょうさくたいしょうつとめること5年、億万銭の経費を削減した。


第2世代[応疊(応畳)]

応疊おうちょう応畳おうちょう

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応順おうじゅん。子に応郴おうちん。孫に応奉おうほう

江夏太守こうかたいしゅとなった。


第3世代(応郴)

応郴おうちん

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応疊おうちょう応畳おうちょう)。子に応奉おうほう

武陵太守ぶりょうたいしゅとなった。


第4世代(応奉)

応奉おうほう世叔せいしゅく

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応郴おうちん。子に応劭おうしょう応邵おうしょう)、応珣おうじゅん。孫に応㻛おうとう応璩おうきょ

若くして聡明で、童子から大人になるまでに学んだものはすべて暗記していた。また、頭の回転が速く朗誦ろうしょう(声高く読むこと)が上手だったので、「応世叔おうせいしゅくが書物を読む時は5行を1度に読み下す」と言われた。

郡(汝南郡じょなんぐん)の決曹史けつそうし(刑事事件を担当)となると、42県を巡回して数百〜千人*1囚人しゅうじんを記録した。帰還した応奉おうほう太守たいしゅの問いに答えて「各人の罪状と姓名、罪の軽重」を口頭で報告したが、れ落ちた事柄はなかったという。これが希有けうな才能だとうわさになり、大将軍だいしょうぐん梁冀りょうき茂才もさいに推挙された。

また応奉おうほうは、漢書かんじょ後序こうじょ十余篇を作り、当時、名のある儒学者じゅがくしゃでもあった。


以前、武陵蛮ぶりょうばん詹山せんざんら4千余人が反乱を起こし、県令けんれいを捕らえて占拠して数年がった頃、みことのりにより公卿こうけいが議論し、四府しふ*2は「将帥しょうすいの任にる人材」として応奉おうほうを推挙した。

永興えいこう元年(153年)、武陵太守ぶりょうたいしゅに任命された応奉おうほうは、着任するとすぐに住民を慰撫いぶ)慰撫したので、詹山せんざんらはみなことごとく降伏してぞくは解散した。

その後応奉おうほうは、学校を建設し、仄陋そくろう)慰撫卑賤ひせん)慰撫の者)でも推挙するなどして郡を落ち着かせたが、公務における罪に連座して罷免ひめん)慰撫された。


延熹えんき年間(158年〜167年)、武陵蛮ぶりょうばんがまた反乱を起こすと、車騎将軍しゃきしょうぐん馮緄ふうこんは「蛮夷ばんいたちが応奉おうほうの威厳と恩徳に心服している」ことから彼に征伐に同行することを願い、従事中郎じゅうじちゅうろうとして従軍した応奉おうほうは、積極的に計略をもうけてぞくを破り、反乱の鎮圧に貢献した。

馮緄ふうこんはこの功績をもって応奉おうほう司隷校尉しれいこういに推挙し、司隷校尉しれいこういに任命された応奉おうほうは、たとえ有力な豪族であっても罪あらば厳しく糾弾きゅうだんし、検挙することで名を知られた。


鄧皇后とうこうごう鄧猛女とうもうじょ)が廃位されると、桓帝かんてい寵愛ちょうあいする田貴人でんきじん田聖でんせい)を皇后こうごうに立てようとしたが、応奉おうほうが「田氏でんし微賤びせん(身分・地位が低いこと)の出身である」ことを理由に皇后こうごうに立てることをいさめたので、桓帝かんていはその言葉を聞き入れ、竇皇后とうこうごうを立てた。

党錮とうこの禁」が起こると、応奉おうほう公憤こうふん(正義感から発する公共のためのいきどおり)を覚えてうれなげき、やまいと称してみずから引退し、屈原くつげん*3を思いあわれんでみずから身体に傷をつけ、数万言に及ぶ感騒かんそう30篇をあらわした。

諸公しょこう応奉おうほうを何度も推挙したが応じることはなく、病気により亡くなった。

脚注

*1原文は「錄囚徒數百千人」。

*2大将軍府だいしょうぐんふ太尉府たいいふ司徒府しとふ司空府しくうふの4府。

*3戦国せんごく時代のの詩人。自分の意見が受け入れられずに祖国が滅亡していくさまうれえ、石をいて汨羅江べきらこうに飛び込んで亡くなった。


第5世代[応劭(応邵)・応珣]

応劭おうしょう仲遠ちゅうえん*4応邵おうしょう

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応奉おうほう。弟に応珣おうじゅん

若い頃から学問に熱心で、霊帝れいてい期に孝廉こうれんに推挙され、車騎将軍しゃきしょうぐん何苗かびょうえん(属官)にまねかれた。

中平ちゅうへい2年(185年)、涼州りょうしゅう漢陽郡かんようぐんぞく辺章へんしょう韓遂かんすいらがきょうと共に三輔さんぽに侵攻したので、左車騎将軍さしゃきしょうぐん皇甫嵩こうほすうがその討伐を命じられた。

これを受け、皇甫嵩こうほすうが「烏桓うがん兵3千人」を徴発ちょうはつするようにおうとしたところ、北軍中候ほくぐんちゅうこう鄒靖すうせいが「烏桓うがん兵は弱いので、鮮卑せんぴ兵をつのるのが良いでしょう」と上言し、そのことが四府しふ*2で話し合われた。

その席で大将軍だいしょうぐんえん(属官)・韓卓かんたくが、

烏桓うがん兵は少なく、しかも鮮卑せんぴとは代々仇敵きゅうてきの間柄です。もし烏桓うがん徴発ちょうはつすれば、鮮卑せんぴは必ずその留守を襲い、烏桓うがんは命令を放棄してでも救いに戻るでしょう。役に立たないばかりか、三軍さんぐんの士気を下げることになります。

鄒靖すうせいは辺境のとりでの近くに住んでいるので、彼らの扱いを熟知しています。もし鄒靖すうせい鮮卑せんぴの軽騎兵・5千をつのらせれば、必ずや敵を破ることができるでしょう」

と言うと、これに応劭おうしょうが反論して言った。

鮮卑せんぴは遠くへだたった砂漠の北におり、犬や羊のように群れ、まとめる者もなく廬落ろらく(移動式住居)に住み、もとより欲深くて荒々しい性質で不誠実、ゆえ幾度いくどとなく障塞しょうさいおかすので、おだやかな年はありません。

唯一、互市ごし(貿易のため辺境に置かれた市場)に来る時だけ帰服する彼らは、かんの威徳におそなついているのではなく中国の珍貨ちんか(珍しい品物)をほっしているだけで、欲しいものを手に入れるときびすを返して害をなします。これこそ国家が諸夏しょか(諸侯の国々)を内として鮮卑せんぴを外とする所以ゆえんです。

昔、匈奴きょうどはんした時には度遼将軍とりょうしょうぐん馬続ばしょく烏桓校尉うがんこうい王元おうげん鮮卑せんぴ兵5千余騎を徴発ちょうはつし、きょうはんした時には武威太守ぶいたいしゅ趙沖ちょうちゅうもまた鮮卑せんぴ兵をひきいて彼らを征討しましたが、敵兵の斬獲は言うに及ばず、鮮卑せんぴは一線を越えて多くの不法をなしました。

軍令をもってさばけば怒って反乱を起こし、制御を少しゆるめればすぐに住人や旅商人を襲い、牛や羊をらい、兵馬を略奪しました。多くの褒賞を得ても去らずに鉄を買いたがり、辺将へんしょう夷狄いてきを征伐する将軍しょうぐん)が聞き入れないと、縑帛けんぱくを奪い集めて焼こうとしました。辺将へんしょうは恐怖し、反乱を恐れて断る勇気はありませんでした。

狡猾こうかつな侵略者は今も絶滅せず、きょうが巨害をなしています。後になって後悔した場合、そこから挽回ばんかいできるでしょうか。

臣愚わたしならば、隴西郡ろうせいぐんきょうの中から善良・忠実な精鋭をつのり、多くの褒賞を与えます。隴西太守ろうせいたいしゅ李参りさんは冷静沈着ではかりごと)謀がありますので、必ずや彼らを奨励して死力を尽くさせることができるでしょう。結論を急いではなりません」

その後も韓卓かんたく応劭おうしょうは議論を戦わせたが、最終的にみことのりにより百官が朝堂に集められ、みな応劭おうしょうの意見に従った。


中平ちゅうへい3年(186年)に高第こうていに推挙されて2度転任し、中平ちゅうへい6年(189年)に泰山太守たいざんたいしゅに任命された。

初平しょへい2年(191年)、黄巾こうきん30万が泰山郡たいざんぐんに侵入すると、応劭おうしょうは文官・武官を集めひきいてぞくと連戦して退却させた。斬首・数千級、捕虜は老人・子供合わせて1万余人、輜重しちょう2千両を手に入れ、郡内に平穏が戻った。

興平こうへい元年(194年)、さき太尉たいい曹嵩そうすうとその子・曹徳そうとく徐州じょしゅう琅邪国ろうやこくから兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんに入った。

この時応劭おうしょうは(曹操そうそうの命令により)兵をひきいて彼らを迎えに出たが、徐州牧じょしゅうぼく陶謙とうけん曹嵩そうすうの子・曹操そうそうが度々攻撃してくることをうらんでいたので、軽騎兵をもって曹嵩そうすうの行列を襲い、応劭おうしょうが到着する前に郡境で彼らを殺害してしまった。

応劭おうしょう曹操そうそうちゅうされることをおそれ、郡をてて冀州牧きしゅうぼく袁紹えんしょうのもとに逃亡し、建安けんあん2年(197年)にみことのりにより袁紹えんしょう軍謀校尉ぐんぼうこういに任命されたが、その後鄴県ぎょうけんで亡くなった。


応劭おうしょうは博学多識で、とりわけ好事家こうずか(風流な事柄を好む人)であった。風俗通ふうぞくつう風俗通義ふうぞくつうぎ)など種々の著述は合わせて百余篇にのぼり、その文辞は典雅ではないが、世間はその博識に感服している。

応劭おうしょう応邵おうしょう)はまた中漢輯叙ちゅうかんしゅうじょ』『漢官儀かんかんぎ』『礼儀故事れいぎこじ合わせて11種136巻をあらわした。朝廷の制度、百巻の儀式が滅びなかった理由は、応劭おうしょう応邵おうしょう)がそれらを書きしるしておいたからである。

脚注

*2大将軍府だいしょうぐんふ太尉府たいいふ司徒府しとふ司空府しくうふの4府。

*4謝承しゃしょう後漢書ごかんじょ応氏譜おうしふには「仲遠ちゅうえん」、続漢書ぞくかんじょ文士伝ぶんしでんには「仲援ちゅうえん」、漢官儀かんかんぎには「仲瑗ちゅうえん」とあり、いずれが正しいかは分からない。


応劭おうしょう」の関連記事

応珣おうじゅん季瑜きゆ

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応奉おうほう。兄は応劭おうしょう応邵おうしょう)。子に応㻛おうとう応璩おうきょ

司空しくうえん(属官)となった。

応珣おうじゅんの2人の子・応㻛おうとう応璩おうきょは、共に文才があった。


第6世代(応㻛・応璩)

応㻛おうとう徳璉とくれん

生年不詳〜建安けんあん23年(218年)以前没。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応珣おうじゅん。弟に応璩おうきょ

曹操そうそう招聘しょうへいを受け、丞相じょうしょう掾属えんぞく(属官)となった。平原侯へいげんこう曹植そうしょく)の庶子しょしに転任し、後に文帝ぶんてい曹丕そうひ)の文学ぶんがくとなった。

文帝ぶんてい曹丕そうひ)が五官中郎将ごかんちゅうろうしょうとなった頃、

  • 王粲おうさん
  • 徐幹じょかん
  • 陳琳ちんりん
  • 阮瑀げんう
  • 劉楨りゅうてい

と共に友人として親愛された。(この5人に応㻛おうとう孔融こうゆうを加えた7人を「建安けんあん七子しちし」と言う)

臨菑侯りんしこうとなった曹植そうしょく楊脩ようしゅう楊修ようしゅう)に送った手紙の中に「徳璉とくれん応㻛おうとう)は大魏たいぎにおいて(辞賦じふの)才能を発揮した」とあり、また太子たいしであった曹丕そうひ呉質ごしつに送った手紙には「徳璉とくれん応㻛おうとう)は常に華々しく著作の意志をいだき、その才能・学問は書物をあらわすに充分であったが、その立派な意志は完遂されなかった」とある。


応璩おうきょ休璉きゅうれん

初平しょへい元年(190年)~嘉平かへい4年(252年)没。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応珣おうじゅん。兄に応㻛おうとう。子に応貞おうてい応純おうじゅん応秀おうしゅう

学識広く、文章を作るのが上手で、書と記を得意とした。

文帝ぶんてい曹丕そうひ)・明帝めいてい曹叡そうえい)の時代に散騎常侍さんきじょうじの官を経験し、斉王せいおう曹芳そうほう)が即位すると、次第に昇進して侍中じちゅう大将軍だいしょうぐん長史ちょうしとなった。

散騎常侍さんきじょうじの時、当時河南尹かなんいんであった劉靖りゅうせいに「彼の行政をたたえる」手紙を送っている。

曹爽そうそうは政権を握ると、法律制度に違反することが多かったので、応璩おうきょは詩を作ってそれを風刺した。その言葉には、いささか迎合げいごうしているおもむきはあるが、多くは時代の要求に適合しており、世間ではみなそれを伝えている。

61歳の時、再び侍中じちゅうとなり著作を担当したが、嘉平かへい4年(252年)に63歳で亡くなり、衛尉えいいの官を追贈された。


曹丕そうひ五官中郎将ごかんちゅうろうしょうであった頃*5、30人ほどの者が集まったことがあり、曹丕そうひ人相見にんそうみが得意だという朱建平しゅけんぺいに、その席にいる1人1人の人相をうらなわせた。

この時応璩おうきょは「あなたは62歳で常伯じょうはく侍中じちゅう)の位につかれますが、その時にきっと災難がありましょう。それより1年前、あなただけに1匹の白い犬が見え、他の人には見えないということがあるでしょう」とうらなわれた。

その後応璩おうきょは61歳で再び侍中じちゅうとなり、宮中で宿直をしていたところ、ふと白い犬を見かけたので、人々にたずねてみたが、誰も見たと言う者はいなかった。

このことがあってから、彼はしばしば客を集め、立て続けに地方を旅行して山河を見て回り、酒を飲んで楽しみにふけったが、結局、朱建平しゅけんぺいに言われた期限を1年超えて、63歳で亡くなった。

脚注

*5建安けんあん16年(211年)〜建安けんあん22年(217年)。


第7世代(応貞・応純・応秀)

応貞おうてい吉甫きっぽ

生年不詳〜西晋せいしん泰始たいし5年(269年)没。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応璩おうきょ。弟に応純おうじゅん応秀おうしゅう

若くして才能を取り沙汰され、談論が上手かった。

正始せいし年間(240年〜249年)、夏侯玄かこうげんは多大な名誉・権勢を持っていた。応貞おうていはある時、夏侯玄かこうげんの座中で「五言詩ごごんし」を作ったが、夏侯玄かこうげんは感心してそれを愛玩あいがんした。そのため応貞おうていは上席で推挙され、高官を歴任した。

司馬炎しばえん撫軍大将軍ぶぐんだいしょうぐんとなると、応貞おうてい軍事参与ぐんじさんよとし、西晋せいしんの帝位につくと、太子中庶子たいしちゅうしょし散騎常侍さんきじょうじに昇進した。

また、儒学じゅがくを買われて太尉たいい荀顗じゅんぎはと共に新しい儀礼を制定したが、施行には至らなかった。

泰始たいし5年(269年)に亡くなった。


応純おうじゅん

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応璩おうきょ。兄に応貞おうてい。弟に応秀おうしゅう

詳細不明。


応秀おうしゅう

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応璩おうきょ。兄に応貞おうてい応純おうじゅん

詳細不明。


第8世代(応紹・応詹)

応紹おうしょう

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応純おうじゅん

永嘉えいか年間(307年〜313年)に黄門侍郎こうもんじろうとなったが、司馬越しばえつに殺害された。


応詹おうせん

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん南頓県なんとんけんの人。父は応秀おうしゅう

鎮南大将軍ちんなんだいしょうぐん江州刺史こうしゅうししとなった。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引