正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧㊴、南陽郡なんようぐん応氏おうし応余おうよ応倫おうりん)です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

南陽応氏系図

南陽郡応氏系図

南陽郡なんようぐん応氏おうし系図


この記事では南陽郡なんようぐん応氏おうしの人物、

についてまとめています。


スポンサーリンク


お㊴(南陽応氏)

第1世代(応余)

応余おうよ子正しせい

生年不詳〜建安けんあん23年(218年)没。荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんの人。子に応倫おうりん

生まれつき折り目正しく剛毅ごうきな性格で、仁義を尊重する気持ちが強かった。

建安けんあん23年(218年)に南陽郡なんようぐん功曹こうそうとなったが、当時、しょくは服従せず、国境地帯は紛争ふんそうが絶えなかった。


冬10月、宛県えんけんの大将・侯音こうおんが山民を煽動せんどうし、城を守って反乱を起こした時、応余おうよ太守たいしゅ東里袞とうりこんはその騒乱の最中に逃走し脱出することができた。

侯音こうおんはすぐに騎兵を派遣して追跡させ、城から10里(約4.3km)のところで追いつくと、敵はすぐに東里袞とうりこんかけ、矢が入り乱れて飛びった。すると応余おうよは進み出て身をもって矢を防ぎ、7ヶ所も傷を受けながら追撃して来た賊徒ぞくとにこう言った。

侯音こうおんは理性を失い極悪非道な行為を起こしたが、まもなく大軍が到着するゆえ誅滅ちゅうめつされるのは目前のことである。君たちは元来善人で、元々悪心は持っていないのだから、善へ立ち戻ることを考えるべきである。どうして侯音こうおんの指揮など受けるのか。わしは主君の身代わりになって重傷を受けたが、もしわしが死んで主君の生命が助かるなら、命を落としてもいはない」

そこで天をあおいで号泣し涙を流すと、血と涙が一緒に流れ落ちた。彼の烈々たる忠義振りを見た賊徒ぞくとは、東里袞とうりこんを見逃して危害を加えなかったが、賊徒ぞくとが立ち去った後、間もなくして応余おうよは命を落とした。

征南将軍せいなんしょうぐん曹仁そうじん侯音こうおんを討伐して平定すると、応余おうよの行為を表彰し、同時に酒を地にそそいで彼の魂を祭った。

曹操そうそうはこの話を聞くとしばらくの間声を上げて感歎かんたんし、荊州けいしゅうに命を下して、さらに村の入り口の門のところに応余おうよの業績を書き表して表彰させ、千石せんごくの穀物を下賜かしした。


甘露かんろ3年(258年)6月、高貴郷公こうききょうこう曹髦そうぼう)は詔勅しょうちょくを下してべた。

「昔、南陽郡なんようぐんの山賊が騒動を起こし、元の太守たいしゅ東里袞とうりこんおどして人質にしようとした時、功曹こうそう応余おうよは単身東里袞とうりこんを守り、ついに危難をまぬかれさせた。応余おうよは倒れて命を落とし、我が身を殺して主君を救ったのであった。よって応余おうよの孫・応倫おうりんを官吏に取り立て、忠節にじゅんじた賞を受けさせるように司徒しとに処置を命ずる」


第2世代(応倫)

応倫おうりん

生没年不詳。荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんの人。父は応余おうよ

甘露かんろ3年(258年)6月、父・応余おうよの功績により官吏に取り立てられ、忠節にじゅんじた賞を受けた。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引