大人気中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の「名言集」の第8弾です。

今回は第37話〜第39話。「孫劉連盟そんりゅうれんめいの締結から、江東こうとう蒋幹しょうかんが訪ねて来るまで」の内容からピックアップしています。

人気投票も実施していますので、お気に入りの名言には是非「いいね!」をしてくださいねっ!

1つの名言につき1度まで、1人で複数の名言に「いいね!」することができます。また、設置している「いいね!」ボタンは人気投票として押された数をカウントするだけのものです。


スポンサーリンク

第3部 赤壁大戦(第37話〜第39話より)

第3部 赤壁大戦(第37話〜第39話より)

第37話「儒者たちとの舌戦」

名言No.121


諸葛亮諸葛亮

ついに時期が、到来したのです…。

江東こうとうから弔問ちょうもんの使者が来たと聞いた孔明こうめいが言った言葉。


孔明こうめいは、

「その使者と共に私が江東こうとうに行き、我らと手を結ぶように説得します。孫権そんけんが勝てば荊州けいしゅうを取り、曹操そうそうが勝てば江東こうとうを奪う。さすれば覇業をなせるでしょう」

と言い、みずから使者となって江東こうとうに向かいました。

いいね!(0)

名言No.122


諸葛亮諸葛亮

曹操そうそうの力を思い知ったでしょう。城を攻める前に心を攻める。

江東こうとうに向かう船中、曹操そうそう長江ちょうこうに流した檄文を読んだ孔明こうめいが、魯粛ろしゅくに言った言葉。


曹操そうそうは大量の檄文を長江ちょうこうに流すことによって、戦う前から江東こうとうの軍民の心を乱したのです。

いいね!(0)

名言No.123


諸葛亮諸葛亮

つばめすずめが林ではなく、こちらに集まっていたとは意外でした。

張昭ちょうしょうに舌戦を仕掛けられた孔明こうめいが言った言葉。


江東こうとうでは、張昭ちょうしょうをはじめとする文官の多くが降伏論を唱えていました。

交戦派の魯粛ろしゅく孔明こうめいを連れてきたことを知ると、張昭ちょうしょう虞翻ぐほん顧雍こよう江東こうとうの文官たちはこぞって孔明こうめいに舌戦を挑みましたが、みなことごとく言い負かされてしまいました。

いいね!(0)

名言No.124


諸葛亮諸葛亮

我が主君は漢室の末裔まつえいです。断じて降伏は致しませぬ!

江東こうとうが取るべき道は交戦か和睦か降伏か?」と孫権そんけんに問われた孔明こうめいは、

「もし曹操そうそうに立ち向かえるなら一戦まじえ、不可能ならいさぎよよろいを脱いでこうべれるのです」

と言いました。

続いて「劉備りゅうびどのはなぜ降伏しない?」と問われると、「主君(劉備りゅうび)と将軍しょうぐん孫権そんけん)は違います」と言い、この言葉を続けました。

この言葉を聞いた孫権そんけんは、怒ってその場から退出してしまいました。

いいね!(1)

第38話「周瑜を怒らせる」

名言No.125


諸葛亮諸葛亮

曹賊そうぞくを倒す良策があるのに、孫将軍そんしょうぐんたずねもしない。残念でなりません。

孫権そんけんを怒らせてしまった孔明こうめいを責める魯粛ろしゅく孔明こうめいが言った言葉。


この言葉を聞いた魯粛ろしゅくは急いで孫権そんけんを呼び戻します。

孔明こうめい孫権そんけん曹操そうそう軍の内情を詳しく話し、曹操そうそう軍100万の大軍とは言え、実力はその1割程度であることを伝えました。

いいね!(0)

名言No.126


呉国太呉国太

孫権そんけん、お前は兄上の遺言ゆいごんを忘れたのですか?

夜遅くまで悩んでいる孫権そんけんに、呉国太ごこくたいが言った言葉。


呉国太ごこくたい孫権そんけんに、「内政のことは張昭ちょうしょうに、外交のことは周瑜しゅうゆたずねよ」という孫策そんさく遺言ゆいごんに従って、周瑜しゅうゆに相談するようにと声をかけます。

ですがこの時すでに周瑜しゅうゆはこちらに向かっており、孫権そんけんが心配していたのは、文官・武将がいくさか降伏かで分裂してしまうことでした。

いいね!(0)

名言No.127


周瑜周瑜

余計な客ばかりで、来るべき者が現れぬ…。

に到着した周瑜しゅうゆの元には、周瑜しゅうゆの考えを聞きに文官・武将たちが入れ替わり立ち替わりたずねて来ましたが、その度に周瑜しゅうゆは、「明日主君にお会いして決めます」と答えていました。

4度目の客を見送った後、周瑜しゅうゆがこの言葉をつぶやくと、ようやく待っていた魯粛ろしゅく孔明こうめいが訪ねて来ました。

いいね!(1)

名言No.128


諸葛亮諸葛亮

たかが二喬にきょうです。しむことはありませぬ。

いくさか降伏かをたずねる魯粛ろしゅく周瑜しゅうゆは、「明日主君には降伏をお勧めするつもりだ」と答えます。

すると孔明こうめいは「大喬だいきょう小喬しょうきょうの2人の美女を送るだけで、曹操そうそうは兵を引くでしょう」と言いました。

これを聞いて突然怒り出した周瑜しゅうゆに、孔明こうめいが言ったのがこの言葉です。


その後、魯粛ろしゅくから2人が孫策そんさく周瑜しゅうゆの奥方だと聞いた孔明こうめいは大慌てで謝罪すると、曹操そうそうが「若い女には目もくれず、人妻ばかりを追いかけるゆがんだ好みの持ち主」であることも付け加えました。

いいね!(0)

名言No.129


魯粛魯粛

本当に知らなかったのか? 大喬だいきょう孫策そんさくの妻、小喬しょうきょう周瑜しゅうゆの妻…。

周瑜しゅうゆの屋敷から帰る馬車の中で、魯粛ろしゅく孔明こうめいに言った言葉。


これに孔明こうめいは「無論、存じております」と答え、また「公瑾こうきんどのの気持ちはすでに戦うべきだと決まっているのに、降伏だ和睦だと言って我らをもてあそんだからです」と、笑って言いました。

いいね!(2)

名言No.130


孫権孫権

今日より我が江東こうとうの地で、降伏を口にした者はこうなると思えっ!!

周瑜しゅうゆの交戦すべしという演説を聞いた孫権そんけんが、佩剣はいけんで書見台の角を切り落として言った言葉。


孫権そんけんはまた、降伏を唱えていた張昭ちょうしょうら文官たちに重要な後方支援の役目を与え、江東こうとうの文官・武将たちの気持ちを1つにまとめました。

いいね!(0)

名言No.131


周瑜周瑜

いずれ江東こうとうわざわいとなろう。いっそきものにすべきか。

孔明こうめいの知謀を警戒する周瑜しゅうゆ魯粛ろしゅくに言った言葉。


これを聞いた魯粛ろしゅくは、「大戦をひかえて味方を殺すなどなりませぬっ!」とあわてて否定します。

すると周瑜しゅうゆは、「ならば孔明こうめい江東こうとうに寝返らせて欲しい」と言い、魯粛ろしゅく孔明こうめいの兄・諸葛瑾しょかつきんを、孔明こうめいのところへ送り込みました。

いいね!(0)

第39話「蒋幹、手紙を盗む」

名言No.132


小喬小喬

おごりです。ご自分の才におぼれ、おごっておられます。

孔明こうめいを殺そうとする周瑜しゅうゆに、妻・小喬しょうきょうが言った言葉。


孔明こうめいを寝返らせることに失敗した周瑜しゅうゆは、曹操そうそうの手で孔明こうめいほうむらせようと、孔明こうめい曹操そうそう軍の兵糧の拠点を夜襲するように命令を下しました。


孔明こうめいを殺すことに執着する周瑜しゅうゆを見かねた小喬しょうきょうが、

「あなたは自分より優れた人間が許せないのです。諸葛亮しょかつりょうあやめたいのは、いずれ江東こうとうわざわいになるからではありません。その才覚が、ご自分の元にないからではありませんか?」

と言うと、怒った周瑜しゅうゆ小喬しょうきょう柴桑さいそうに帰るよう命じました。

いいね!(1)

名言No.133


諸葛亮諸葛亮

そなたは私の意図を察しておられたのでは?

曹操そうそう軍の兵糧拠点の夜襲を命じられた孔明こうめい魯粛ろしゅくに、

「私は水上での戦も陸上での戦もすべて意のままです。ですが、周公瑾しゅうこうきんどのは水上の戦しかできぬ」

と言いました。

このことを魯粛ろしゅくから聞いた周瑜しゅうゆは「陸上戦もできることを見せてやる!」と自分で曹操そうそう軍の兵糧拠点を攻撃することにします。


公瑾こうきんどのにできるのは水上戦だけとあざ笑った時、そなたは私の意図を察しておられたのでは?」と孔明こうめいに問われた魯粛ろしゅくは、ただニヤリと笑ってみせただけでした。

いいね!(3)

名言No.134


小喬小喬

策略には、策略では?

周瑜しゅうゆに協力を求められ、「何をするか分かっているのか?」と問われた小喬しょうきょうが答えて言った言葉。


柴桑さいそうに帰るよう命じられた小喬しょうきょうですが、「ずっとお側にいたい」と、周瑜しゅうゆの命令を破って陣に残っていました。

そこへ、周瑜しゅうゆの幼なじみの蒋幹しょうかんが訪ねて来ます。

曹操そうそうに仕えているはずの蒋幹しょうかんが訪ねて来た…。「周瑜しゅうゆを寝返らせるため説得に来た」ことを見抜いた小喬しょうきょう周瑜しゅうゆは、「そなたの力を借りたい」と協力を頼みました。

いいね!(0)

三国志 Three Kingdoms 名言集【目次】

画像引用元

中国ドラマ『三国志 Three Kingdoms』

三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河