正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「え」から始まる人物の一覧⑰巴西郡はせいぐん閻氏えんし閻穆えんぼく閻圃えんほ閻璞えんはく閻纘えんさん閻亨えんこう)です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

巴西郡閻氏系図

巴西郡閻氏系図

巴西郡はせいぐん閻氏えんし系図

閻穆えんぼく閻圃えんほの関係について

新唐書しんとうしょ宰相世系さいしょうせいけい三下には「閻顕えんけんの子・閻穆えんぼく(顯生穆)、閻顕えんけんの孫・閻圃えんほ(顯孫甫)」とあり、「穆生甫」とはしるされていないため、閻圃えんほ閻穆えんぼくの兄弟の子である可能性もある。

参考記事

この記事では巴西郡はせいぐん閻氏えんしの人物、

についてまとめています。


スポンサーリンク


え⑰(巴西閻氏)

第0世代(閻穆)

閻穆えんぼく

生没年不詳。益州えきしゅう巴西郡はせいぐん安漢県あんかんけんの人。父は閻顕えんけん。子に閻圃えんほ*1

益州えきしゅう巴西郡はせいぐん安漢県あんかんけんに避難した*2

脚注

*1新唐書しんとうしょ宰相世系さいしょうせいけい三下には「閻顕えんけんの子・閻穆えんぼく(顯生穆)、閻顕えんけんの孫・閻圃えんほ(顯孫甫)」とあり、「穆生甫」とはしるされていないため、閻圃えんほ閻穆えんぼくの兄弟の子である可能性もある。

*2新唐書しんとうしょ宰相世系さいしょうせいけい三下に「(閻氏えんしは)前漢ぜんかん末、司隷しれい河南郡かなんぐん滎陽県けいようけんに居住した(前漢末,居滎陽)」とあるが、その後「(閻圃えんほは)司隷しれい河南尹かなんいん新安県しんあんけんに転居(復居)した。(復居河南新安)」とあり、閻穆えんぼくがどこから避難したのかは分からない。

参考記事

第1世代(閻圃)

閻圃えんほ

生年不詳〜[黄初こうしょ元年(230年)〜青龍せいりゅう4年(236年)]没。益州えきしゅう巴西郡はせいぐん安漢県あんかんけんの人。父は閻穆えんぼく*1。子は閻璞えんはく。孫に閻纘えんさん張魯ちょうろ功曹こうそう

益州えきしゅう漢中郡かんちゅうぐんの住民の中に地中から玉印ぎょくいんを手に入れて献上した者があり、部下たちは張魯ちょうろ漢寧王かんねいおうの尊号を名乗ることを望んだが、閻圃えんほはこれをいさめ、張魯ちょうろも彼の意見に従った。

建安けんあん20年(215年)、曹操そうそう張魯ちょうろ征伐に向かい陽安関ようへいかんに達すると、張魯ちょうろ漢中郡かんちゅうぐんをあげて降伏しようとしたが、閻圃えんほは「今追い詰められた状態で出向いて行ったならば、きっと評価は小さくなりましょう。杜濩とこを頼るか朴胡ふこの元に行き、抵抗した後で臣下の礼を取られるならば、必ずや評価は大きくなりましょう」と言い、張魯ちょうろはこれに従って、蔵に封印をして立ち去った。

この態度に感心した曹操そうそうは使者を立てて慰撫いぶ・説得し、張魯ちょうろが出頭すると張魯ちょうろとその5人の子を列侯れっこうに封じた。この時、閻圃えんほ平楽郷侯へいらくきょうこうに封ぜられ、馬超ばちょうしょう董氏とうし)を与えられた。

その後閻圃えんほは、司隷しれい河南尹かなんいん新安県しんあんけんに転居(復居)した。

黄初こうしょ年間に爵位と領地を加増され、朝議の席で礼遇される身分となり、その後10年あまりで病死した。

脚注

*1新唐書しんとうしょ宰相世系さいしょうせいけい三下には「閻顕えんけんの子・閻穆えんぼく(顯生穆)、閻顕えんけんの孫・閻圃えんほ(顯孫甫)」とあり、「穆生甫」とはしるされていないため、閻圃えんほ閻穆えんぼくの兄弟の子である可能性もある。

参考記事

閻圃えんほ」の関連記事

第2世代(閻璞)

閻璞えんはく

生没年不詳。益州えきしゅう巴西郡はせいぐん安漢県あんかんけんの人。父は閻圃えんほ。子に閻纘えんさん

父・閻圃えんほの爵位を継ぎ、しんに仕えて牂牁太守そうかたいしゅとなった。

維基百科・閻纘・注より

晋書しんじょ閻纘伝えんさんでんには「父の爵位を継いだが、に仕えて牂牁太守そうかたいしゅとなった。(父璞,嗣爵,仕吳至牂柯太守)」とあるが、新唐書しんとうしょ宰相世系さいしょうせいけい三下には「(閻圃えんほは)牂牁太守そうかたいしゅ閻璞えんはくを生んだ。(生牂柯太守璞)」とあり、「」の字がない。

しん初の学者・趙一清ちょういっせいは「閻璞えんはくで爵位を継ぎながら、歴史書に『東呉とうごに出仕したこと』について詳細がしるされていない」ことに疑問をていしている。

労格ろうかく劳格ろうかく)の晋書校勘記しんじょこうかんきは「東呉とうごが(益州えきしゅう・)牂牁郡そうかぐんを領有したことはなく、『』の字は衍字えんじ(語句の中に間違って入った不要な文字)である」と言っている。

参考記事

第3世代(閻纘)

閻纘えんさん続伯ぞくはく

生没年不詳。益州えきしゅう巴西郡はせいぐん安漢県あんかんけんの人。父は閻璞えんはく。祖父は閻圃えんほしん西戎司馬せいじゅうしば

広く詳細に物事に通じて、歴史の記録者として立派な資質を持っていた。

閻纘えんさん司隷しれい河南尹かなんいん新安県しんあんけんかりまいし、若い頃は旅をして多くの英雄・豪傑と交友を結び、古書典籍(墳典ふんてん)を広く読んで、物事のことわりに通じていた。

父・閻璞えんはくの死後、閻纘えんさん継母ままははに愛されなかったが、常に敬意を表して接していた。

継母ままははの病気が重くなると、閻纘えんさんは「父の金銀財宝を盗んだ」と誣告ぶこくされ、有司ゆうし(役人)に訴えられた。審議を受けること10余年にわたったが、閻纘えんさんうらむことなく孝行をおこたらなかった。のち継母ままははの疑念が晴れると、中正ちゅうせいに移されてひんを回復することができた。


初め太傅たいふ楊駿ようしゅん舍人しゃじんとなり、安復県令あんふくけんれいに転任した。

しん永平えいへい元年(291年)に楊駿ようしゅん賈后かこうの一党に誅殺ちゅうさつされると、閻纘えんさんは官をてて帰り、元楊駿ようしゅん主簿しゅぼ潘岳はんがく、元えん(属官)の崔基さいきらと共にこれをほうむろうとしたが、崔基さいき潘岳はんがくは罪をおそれて閻纘えんさん喪主もしゅした。

墓が完成して埋葬まいそうする時になって、楊駿ようしゅん従弟いとこ楊模ようぼ武陵王ぶりょうおう司馬澹しばせんに「発案者を殺す」ように言った。人々はおそれ、墓をめ直して逃げ出したが、閻纘えんさんはただ1人、家財を投じて楊駿ようしゅん埋葬まいそうして去った。


国子祭酒こくしさいしゅ鄒湛すうたんは、閻纘えんさんを「佐著作さちょさくえ得る才の持ち主」として秘書監ひしょかん華嶠かきょうに推薦したが、華嶠かきょうは「佐著作さちょさくは多くの貴族たちが争う重要な職なので空きはない」と言い、閻纘えんさんもちいなかった。

結局、河間王かかんおう司馬顒しばぎょう西戎校尉せいじゅうこうい司馬しばに任命され、功あって平楽郷侯へいらくきょうこうに封ぜられた。

また、のちにその忠烈さが朝廷に認められ、漢中太守かんちゅうたいしゅ抜擢ばってきされた。


しん建始えんし元年(301年)、趙王ちょうおう司馬倫しばりんが死んで埋葬まいそうされると、閻纘えんさんは車でその墓をいた。

閻纘えんさんは細かいことにはこだわらず、国家の存亡にかかわる重大事や正義に外れたことなどに激しくいきどおなげいた。在任中に59歳で亡くなった。

閻纘えんさんの5人の子はみな明るく広やかで、すぐれた才能と力量があった。


魏書ぎしょ管輅伝かんろでん裴松之はいしょうし注に、閻纘えんさん劉太常りゅうたいじょう劉寔りゅうしょく)から聞いた「管辰かんしん管輅伝かんろでんせていない管輅かんろの話」が紹介されている。


第4世代(閻亨)

閻亨えんこう

生没年不詳。益州えきしゅう巴西郡はせいぐん安漢県あんかんけんの人。父・閻纘えんさんの長子。

遼西太守りょうせいたいしゅとなったが、王濬おうしゅんが身内をもちいているため就任を見送った。

青州刺史せいしゅうしし苟晞こうきの政治と刑罰が苛烈かれつ残虐ざんぎゃくであったので、閻亨えんこうは何度も切実にいさめたため、苟晞こうきによって殺害された。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引