正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「か」から始まる人物の一覧⑬、譙郡しょうぐん夏侯氏かこうし夏侯文寧かこうぶんねい夏侯令女かこうれいじょ)です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

譙郡夏侯氏系図

譙郡夏侯氏系図

譙郡しょうぐん夏侯氏かこうし系図


この記事では譙郡しょうぐん夏侯氏かこうしの人物、

についてまとめています。

関連記事

スポンサーリンク


お⑬(譙郡夏侯氏)

第1世代(夏侯文寧)

夏侯文寧かこうぶんねい

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・譙郡しょうぐんの人。娘に夏侯令女かこうれいじょ

豫州よしゅう予州よしゅう)・梁国りょうこくしょう

若くして未亡人となった娘の夏侯令女かこうれいじょに何度も再婚を勧めたが、ついに再婚させることはできなかった。


第2世代(夏侯令女)

夏侯令女かこうれいじょ

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・譙郡しょうぐんの人。父は夏侯文寧かこうぶんねい。名が令女れいじょ

曹爽そうそう従弟いとこ曹文叔そうぶんしゅくとついだが、曹文叔そうぶんしゅく夏侯令女かこうれいじょと結婚してすぐに亡くなってしまった。

曹文叔そうぶんしゅく喪服もふく期間が終わると、夏侯令女かこうれいじょは、子供もなく年も若いことから「実家ではきっと自分を再婚させるだろう」と心配し、髪を切って曹文叔そうぶんしゅくへの変わらぬ真心を示した。

その後、実家では予想通り彼女を再婚させようとしたので、夏侯令女かこうれいじょはそれを聞くと、即座にかたなで両耳を切り落としてしまった。


彼女は曹爽そうそうの元に身を寄せて生活したが、曹爽そうそうが処刑され、そう一族がことごとく殺されると、夏侯令女かこうれいじょ叔父おじは上書して、曹氏そうしとの婚姻関係を断ち切り、無理矢理に夏侯令女かこうれいじょを家に引き取った。

当時、父の夏侯文寧かこうぶんねいは、豫州よしゅう予州よしゅう)・梁国りょうこくしょうであったが、彼女が若いのにみさおを立て通しているのを可哀想に思い、また曹氏そうしに生き残った人もいないのだから、なんとか彼女の気持ちが折れるようにと、こっそりと人をってそれとなく再婚を勧めさせた。

すると夏侯令女かこうれいじょ悲嘆ひたんに暮れて涙を流しつつ、「私もそう思っています。承知するのが正しいでしょう」と言った。

家ではこれを本心だと思って、彼女への警戒をゆるめてしまった。そこで夏侯令女かこうれいじょは、こっそりと寝室に入ってかたなで鼻をぎ落とし、布団をかぶって横になっていた。

母親が呼びかけても返事がなかったので布団をいでみると、血が寝台一杯に流れていた。家中の者は仰天ぎょうてんして駆けつけ、その様子を見ると、みないたみ悲しんだ。


ある人が彼女に、

「人間がこの世に生きているのは、ちょうど軽いちりがか弱い草の上に乗っているのと同じです。どうしてつらい目をしてそんなことまでするのです?それにご主人(曹文叔そうぶんしゅく)の一門は皆殺しにされて、もう誰もいないのですよ。誰のためにみさおを守ろうとなされるのです」

と言うと夏侯令女かこうれいじょは、

「『仁者は盛衰せいすいによって節義を改めず、義人は存亡によって心を変えないものだ』と聞いております。曹氏そうしが以前、隆盛であった頃でさえ、最後まで節操をつらぬきたいと願っていたのです。ましてや今は滅亡してしまったのです。どうして平気でてられましょう。けだもの同然の行為を、どうして私が成し得ましょうか」

と答えた。

司馬懿しばいはこの話を聞いて感動し、夏侯令女かこうれいじょに「養子をもらって養育し、その子を曹氏そうしの後継ぎとすること」を許した。彼女の名声は天下に鳴り響いた。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引