正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧⑱。左馮翊さひょうよく王氏おうし王琰おうえん王嘉おうか)です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

左馮翊王氏系図

左馮翊王氏系図

左馮翊さひょうよく王氏おうし系図


この記事では左馮翊さひょうよく王氏おうしの人物、

についてまとめています。

その他の左馮翊さひょうよく王氏おうし

  • 王九真おうきゅうしん

スポンサーリンク


お⑱(左馮翊王氏)

第1世代(王琰)

王琰おうえん

生没年不詳。司隷しれい左馮翊さひょうよくの人。子に王嘉おうか護羌校尉ごきょうこうい

たびたび郡守ぐんしゅ太守たいしゅ)となったが、清廉潔白せいれんけっぱくもくされる人物ではなかった。

袁紹えんしょうおい幷州刺史へいしゅうしし高幹こうかんは、曹操そうそう鄴県ぎょうけん陥落かんらくさせた時に降伏し、そのまま幷州刺史へいしゅうししに任命されていたが、その後曹操そうそう烏丸うがんの征討に向かったことを聞いた高幹こうかんは、州をあげて反乱を起こしてす。

建安けんあん11年(206年)春正月、曹操そうそう高幹こうかん征伐の軍を起こすと高幹こうかん荊州けいしゅうに逃亡したが、上洛都尉じょうらくといであった王琰おうえんは、彼を捕らえて斬った。

王琰おうえん高幹こうかんを捕らえた手柄によってこうに取り立てられたが、彼の妻は、王琰おうえんが富貴を得れば、別にめかけめとって自分への愛が奪われてしまうと考え、部屋で大声をあげて泣いたという。


王琰おうえん」の関連記事

第2世代(王嘉)

王嘉おうか

生没年不詳。司隷しれい左馮翊さひょうよくの人。父は王琰おうえん

県令けんれい県長けんちょうを歴任し、世故せこ(世間の俗事や習慣)にけた人物とされていた。

散騎郎さんきろうから左馮翊さひょうよく中正ちゅうせい*1に転任し、吉茂きつぼうの人品を等級づけることになった王嘉おうかは、彼を「上級に位置するが容姿ははなはだ劣る」と評価した上に「徳はすぐれているが能力にとぼしい」とべた。

すると吉茂きつぼうはムカっとして「ひどいものだ。わしはお前たち父子のように官服で人を脅すような真似はしない」と言ったという。

脚注

*1九品官人法きゅうひんかんじんほう九品中正きゅうひんちゅうせい)をつかさどり、人材の選抜推挙に当たる。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引