正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧⑪。琅邪郡ろうやぐん王氏おうし④[王盧九おうろきゅう王夫人おうふじん孫権そんけん夫人ふじん大懿皇后だいいこうごう)]です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

琅邪王氏④系図

琅邪郡王氏④系図

琅邪郡ろうやぐん王氏おうし④系図


この記事では琅邪郡ろうやぐん王氏おうしの人物④、

についてまとめています。

その他の琅邪王氏

スポンサーリンク


お⑪(琅邪王氏④)

第1世代(王盧九)

王盧九おうろきゅう

生没年不詳。徐州じょしゅう琅邪国ろうやこくの人。娘に王夫人おうふじん孫権そんけん夫人ふじん大懿皇后だいいこうごう)。

王夫人おうふじん孫権そんけん夫人ふじん大懿皇后だいいこうごう)の父という以外の事跡は不明。


第2世代(王夫人)

王夫人おうふじん孫権そんけん夫人ふじん大懿皇后だいいこうごう

生没年不詳。徐州じょしゅう琅邪国ろうやこく臨沂県りんぎけんの人。父は王盧九おうろきゅう孫権そんけん夫人ふじん孫和そんか孫和そんわ)の母。

選ばれて後宮に入ると、黄武こうぶ年間(222年〜229年)に孫権そんけんの愛を受けて孫和そんか孫和そんわ)を生んだ。孫権そんけん王夫人おうふじんへの寵愛ちょうあい歩夫人ほふじんに次ぐものであった。

歩夫人ほふじんが亡くなって孫和そんか太子たいしに立てられると、孫権そんけん王夫人おうふじん皇后こうごうに立てようとしたが、全公主ぜんこうしゅ魯班ろはん)は、平素から王夫人おうふじんを憎んでいて、少しずつ彼女の悪口を吹き込み、孫権そんけんが重い病気になった時、「王夫人おうふじんは嬉しそうな顔をしている」と告げたので、孫権そんけんは彼女にひどく当たるようになり、王夫人おうふじんは心のうれいのあまり亡くなってしまった。

孫和そんかの息子の孫晧そんこう孫皓そんこう)が即位すると、王夫人おうふじんを追尊して大懿皇后だいいこうごうと呼び、彼女の3人の弟をそれぞれ列侯れっこうに封じた。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引