正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧④。太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけん王氏おうし王浚おうしゅん王尚おうしょう王済おうせい王澄おうちょう王汶おうぶん王承おうしょう王卓おうたく王聿おういつ王述おうじゅつ)です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

太原(晋陽)王氏系図

太原郡・晋陽県・王氏系図

太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけん王氏おうし系図

王俊おうしゅんについて:史料には「王淪おうりんの兄」とあるだけで、王渾おうこん王深おうしんとの兄弟の順は不明である。


この記事では太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけん王氏おうしの人物、

についてまとめています。

関連記事
その他の太原王氏

【三国志人物伝】お②太原王氏(王宏・王允・王晨・王淩・王蓋・王景・王定・王広・王飛梟・王金虎・王明山・王黒)

スポンサーリンク


お④(太原郡晋陽県王氏)

第4世代

王浚おうしゅん彭祖ほうそ

嘉平かへい4年(252年)〜しん建興けんこう2年(314年)没。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけんの人。父は王沈おうしん。母は趙氏ちょうし

父・王沈おうしんの爵位(博陵郡公はくりょうぐんこう)を継ぎ、員外いんがい散騎侍郎さんきじろう右軍将軍ゆうぐんしょうぐん東中郎将とうちゅうろうしょう許昌鎮将きょしょうちんしょうを歴任し、太子たいし司馬遹しばいつの毒殺に加担した。

その後、寧北将軍ねいほくしょうぐん青州刺史せいしゅうししに任じられたが、しばらくして寧朔将軍ねいさくしょうぐん持節じせつ都督ととく幽州諸軍事ゆうしゅうしょぐんじに転任し、長期に渡って北方異民族からの防備にあたる。

永興えいこう元年(304年)7月、長沙王ちょうさおう司馬乂しばがいを殺害した河間王かかんおう司馬顒しばぎょう成都王せいとおう司馬穎しばえいは、右司馬ゆうしば和演わえん幽州刺史ゆうしゅうししに任命して王浚おうしゅんの暗殺をくわだてたが、烏桓単于うがんぜんう審登しんとうの密告によりこの謀略は発覚。王浚おうしゅん審登しんとう幷州刺史へいしゅうしし東嬴公とうえいこう司馬騰しばとうと共に和演わえんを斬り、その軍事力は次第に強大になっていった。

11月、司馬顒しばぎょう恵帝けいてい司馬衷しばちゅう)を長安ちょうあんに連れ去ると、翌年7月、王浚おうしゅん范陽王はんようおう司馬虓しばこうと共に、東海王とうかいおう司馬越しばえつを盟主として挙兵し、恵帝けいてい司馬衷しばちゅう)を奪還する。

そして永興えいこう3年(306年)、王浚おうしゅん東莱郡とうらいぐん惤県けんけんで挙兵した妖賊の劉柏根りゅうはくこんを討ち、驃騎大将軍ひょうきだいしょうぐん都督ととく東夷とうい河北諸軍事かほくしょぐんじ幽州刺史ゆうしゅうししに任命され、懐帝かいてい司馬熾しばし)が即位すると司空しくう烏丸校尉うがんこういに昇進した。

永嘉えいか5年(311年)、かん前趙ぜんちょう)の攻撃により洛陽らくようが陥落。王浚おうしゅんは天下に布告して承制しょうせい(皇帝の認可をずに人事を行うこと)をおこない、襄国じょうこくに進出したかん前趙ぜんちょう)の石勒せきろく討伐の軍を起こすが、これに敗れた王浚おうしゅん鮮卑せんぴ烏桓うがんの支持を失って次第におとろえることになる。

永嘉えいか7年(313年)1月、捕らわれの身となっていた懐帝かいてい司馬熾しばし)が処刑されると、おい司馬鄴しばぎょう愍帝びんてい)が即位したが、王浚おうしゅんはこれを助けずみずから帝位につくことを考え、いさめる者たちを粛清しゅくせい誅殺ちゅうさつした。

この時石勒せきろくは、使者を派遣して王浚おうしゅんの即位を認め臣従する姿勢を見せ、建興けんこう2年(314年)2月、「王浚おうしゅんを奉戴する」という名目で薊城けいじょうに軍を進めた。

王浚おうしゅんは宴席をもうけて石勒せきろくを待っていたが、石勒せきろくに捕らえられ、襄国じょうこくに護送されて処刑された。享年きょうねん62歳。王浚おうしゅんには男子がおらず、その家系は途絶えた。


王尚おうしょう

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけんの人。父は王渾おうこん。弟に王済おうせい王澄おうちょう王汶おうぶん。祖父は王昶おうちょう

王渾おうこんの長子。早くに亡くなったため、王渾おうこんが亡くなると次子の王済おうせいが後を継いだ。


王済おうせい武子ぶし

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけんの人。父は王渾おうこん。子に王卓おうたく王尚おうしょう。兄は王尚おうしょう。弟に王澄おうちょう王汶おうぶん王承おうしょう。祖父は王昶おうちょう。妻は武帝ぶてい司馬炎しばえん)の姉・常山公主じょうざんこうしゅ

王渾おうこんの次子。兄の王尚おうしょうが早くに亡くなったため、王済おうせいが後を継いだ。

優れた才能を持ち、評判が高く、河南尹かなんいん太僕たいぼくとなったが、早くに亡くなり驃騎将軍ひょうきしょうぐんの位を追贈された。


王澄おうちょう道深どうしん

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけんの人。父は王渾おうこん。兄に王尚おうしょう王済おうせい。弟に王汶おうぶん。祖父は王昶おうちょう

咸寧かんねい5年(279年)11月、しん武帝ぶてい司馬炎しばえん)は賈充かじゅう杜預とよ王濬おうしゅん王渾おうこんらを大将に、20万余の大軍で呉征伐を行った。

この時、王澄おうちょうの父・王渾おうこんが多大な功績を挙げたため、王澄おうちょう亭侯ていこうに封ぜられた。


王汶おうぶん茂深ぼうしん

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけんの人。父は王渾おうこん。兄に王尚おうしょう王済おうせい王澄おうちょう。祖父は王昶おうちょう

王渾おうこんの第4子。


王承おうしょう安期あんき

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけんの人。父は王湛おうたん。子に王述おうじゅつ。祖父は王昶おうちょう

欲が少なく言葉を飾らない性格で若くして名を知られ、太尉たいい王衍おうえん南陽郡なんようぐん楽広がくこうと並んで王承おうしょうを高く評価した。

永寧えいねい元年(301年)に常山王じょうざんおう司馬乂しばがいの下で驃騎参軍ひょうきしょうぐんとなったが、天下が乱れると、南に避難して東海王とうかいおう司馬越しばえつの下で司空従事中郎しくうじゅうじちゅうろうとなり、司馬越しばえつ許昌きょしょうに出向すると記室参軍きしつさんぐんとなる。

その後東海太守とうかいたいしゅとなり善政を行ったが、しばらくして官を去ると長江ちょうこうを渡って建業けんぎょうに入り、元帝げんてい司馬睿しばえい)の下で鎮東府従事中郎ちんとうふじゅうじちゅうろうとなり礼遇を受けた。

渡江の名臣・王導おうどう周顗しゅうぎ庾亮ゆりょうらを押さえて中興ちゅうこう第一とされ、46歳で亡くなった際には官民を問わずしまれた。


第5世代

王卓おうたく文宣ぶんせん

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけんの人。父は王済おうせい。弟に王聿おういつ。祖父は王渾おうこん

父・王済おうせいの爵位を継ぎ、給事中きゅうじちゅうとなった。


王聿おういつ茂宣ぼうせん

生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけんの人。父は王済おうせい。兄に王卓おうたく。祖父は王渾おうこん

常山公主じょうざんこうしゅの子であることから敏陽侯びんようこうに封ぜられた。


王述おうじゅつ懐祖かいそ

太安たいあん2年(303年)〜太和たいわ3年(368年)生没年不詳。幷州へいしゅう并州へいしゅう)・太原郡たいげんぐん晋陽県しんようけんの人。父は王承おうしょう。子に王坦之おうたんし。祖父は王湛おうたん

幼い頃に父を亡くし、藍田侯らんでんこうの爵位を継いだが、母に孝行を尽くして栄達を求めなかったので、30歳になっても名を知られることがなかった。

その後、東晋とうしん司徒しと王導おうどう中兵属ちゅうへいぞく驃騎将軍ひょうきしょうぐん司馬岳しばがく(後の康帝こうてい)の功曹こうそう、地方に出て宛陵令えんりょうれいを歴任し、征虜将軍せいりょしょうぐん庾冰ゆひょう長史ちょうし臨海太守りんかいたいしゅ建威将軍けんいしょうぐん会稽内史かいけいないしをつとめたが、彼の行政は清正厳明で大きな問題が発生することはなかった。

その後、母の死により職を去ったが、永和えいわ10年(354年)、北伐に失敗した殷浩いんこうの後任として揚州刺史ようしゅうししに任命され、征虜将軍せいりょしょうぐんを加えられた。

隆和りゅうわ元年(362年)には、桓温かんおん洛陽らくよう遷都せんとに反対している。

その後、散騎常侍さんきじょうじ尚書令しょうしょれいに転任し、太和たいわ2年(367年)に老齢を理由に引退を願い出たが許されず、翌年に亡くなった。享年きょうねん66歳。侍中じちゅう驃騎将軍ひょうきしょうぐん開府かいふを追贈され、ぼくおくりなされたが、東晋とうしんの第5代皇帝・穆帝ぼくてい司馬聃しばたん)の諡号しごうを避けてかん改諡かいしされた。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引