正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「い」から始まる人物の一覧⑤河南尹かなんいん尹氏いんし尹睦いんぼく尹頌いんしょう尹勲いんくん)です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

河南尹氏系図

河南尹尹氏系図

河南尹かなんいん尹氏いんし系図

後漢書ごかんじょ尹勲伝いんくんでんより。尹睦いんぼく尹頌いんしょう尹勲いんくんの死期を比べて見ると、祖父と孫の世代のように思われます。


この記事では河南尹かなんいん尹氏いんしの人物、

についてまとめています。


スポンサーリンク


い③(河南尹氏)

第1世代(尹睦)

尹睦いんぼく伯師はくし

生年不詳〜永元えいげん5年(93年)没。司隷しれい河南尹かなんいん鞏県きょうけんの人。おい尹頌いんしょう尹勲いんくん

章帝しょうてい章和しょうわ2年(88年)、北単于きたぜんう耿夔こうきに撃破されて烏孫うそん遁走とんそうし、塞北さいほくの土地は誰もいなくなり、残りの部族はどこに属すれば良いのか分からなかった。

外戚がいせき竇憲とうけんは日に日に自分の功績をほこるようになり、北匈奴きたきょうどに恩を売ろうと考え、そこで「降伏して来た左鹿蠡王さろくりおう阿佟あとう北単于きたぜんうに即位させ、使匈奴中郎将しきょうどちゅうろうしょうを置いて監督させる」ことを提案した。

この事案は公卿こうけいくだされて集議が行われ、太尉たいい宋由そうゆう太常たいじょう丁鴻ていこう光禄勲こうろくくん耿秉こうへいたち10人は許可すべきであると論じたが、司徒しと袁安えんあん司空しくう任隗じんかいらはこれに反対し、宗正そうせい劉方りゅうほう大司農だいしのう尹睦いんぼく袁安えんあんらの意見に賛同した。


和帝わてい永元えいげん4年(92年)6月、竇憲とうけん大将軍だいしょうぐん印綬いんじゅを取り上げられて自害すると、7月には太尉たいい宋由そうゆう竇憲とうけんに連座して自害した。

8月、尹睦いんぼく太尉たいい録尚書事ろくしょうしょじとなったが、その翌年に亡くなった。


後漢書ごかんじょより。正史せいし三国志さんごくしに記載なし。


尹睦いんぼく」の関連記事

第2世代(尹頌・尹勲)

尹頌いんしょう公孫こうそん

生年不詳〜永寿えいじゅ3年(157年)冬11月没。司隷しれい河南尹かなんいん鞏県きょうけんの人。弟は尹勲いんくん伯父おじ尹睦いんぼく

太守たいしゅ議郎ぎろうを歴任し、光禄勲こうろくくんとなった。

桓帝かんてい永興えいこう2年(154年)9月、太尉たいい胡広ここうが免職となり、司徒しと黃瓊こうけい太尉たいいとなると、そのうるう9月、尹頌いんしょう司徒しとに任命された。


泰山郡たいざんぐん琅邪郡ろうやぐんぞく東郭竇とうかくとう公孫挙こうそんきょらが、3万の軍勢を集めて郡県を破壊した。朝廷は兵を派遣してこれを討伐させたが、連年勝つことができなかった。

桓帝かんてい永寿えいじゅ2年(156年)、東郭竇とうかくとう公孫挙こうそんきょらを討つため、桓帝かんてい三公さんこう九卿きゅうけいみことのりを下して「文武をそなえた将」を選出させた。この時、尹頌いんしょう段熲だんけいを推挙した。

段熲だんけい中郎将ちゅうろうしょうを拝命し、東郭竇とうかくとう公孫挙こうそんきょらを大いに破ってこれを斬り、首をること1万級余り、残党は降伏・離散した。


桓帝かんてい永寿えいじゅ3年(157年)冬11月に亡くなった。


後漢書ごかんじょより。正史せいし三国志さんごくしに記載なし。


尹頌いんしょう」の関連記事

尹勲いんくん伯元はくげん

生年不詳〜建寧けんねい元年(168年)没。司隷しれい河南尹かなんいん鞏県きょうけんの人。兄に尹頌いんしょう。党人の1人。

家は代々高官を輩出した。

伯父おじ尹睦いんぼく太尉たいい、兄の尹頌いんしょう司徒しととなるなど、一族には高位の者が多かったが、尹勲いんくんはただ1人清廉せいれんこころざしたもち、門地の勢力によって人を尊敬したりはしなかった。

州郡は何度も尹勲いんくん辟召へきしょうし、孝廉こうれん察挙さっきょ(推挙)され、3度転任して邯鄲令かんたんれい*1となり、政務にすぐれた足跡を残した。のち高第こうだいげられ、5度転任して尚書令しょうしょれいとなった。

桓帝かんてい大将軍だいしょうぐん梁冀りょうき誅殺ちゅうさつをした際には、尹勲いんくん大謀たいぼうの立案に参加し、都郷侯ときょうこうに封ぜられた。

その後汝南太守じょなんたいしゅに転任し、上書して范滂はんぼう袁忠えんちゅうなどの党人の禁錮きんこを釈放した。

徴召ちょうしょうされて将作大匠しょうさくたいしょうを拝命し、大司農だいしのうに転任したが、建寧けんねい元年(168年)に竇武とうぶたちの事件(第2次党錮とうこの禁)に連座してごくに下され自害した。


後漢書ごかんじょより。正史せいし三国志さんごくしに記載なし。

脚注

*1冀州きしゅう趙国ちょうこく邯鄲県かんたんけん県令けんれい



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引