正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「い」から始まる人物の一覧②です。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


い②(韋・倚・尉・猗・懿・育・乙・壱)

韋(い)

韋休甫いきゅうほ

生没年不詳。司隷しれい京兆尹けいちょういんの人。

同郡出身の金元休きんげんきゅう金尚きんしょう)、第五文休だいごぶんきゅうと共に有名で、「三休さんきゅう」と呼ばれていた。


韋晃いこう

生年不詳〜建安けんあん23年(218年)没。司直ししょく(諸官府の監察を行う丞相府じょうしょうふの属官)。

建安けんあん23年(218年)春正月、かん大医令たいいれい吉本きつほん少府しょうふ耿紀こうき、(吉本きつほんの子:吉邈きつばく吉穆きつぼく)らと共謀して魏王ぎおう曹操そうそうに反乱を起こす。

許県きょけん丞相じょうしょう長史ちょうし王必おうひつの陣営に火を放つが、王必おうひつ典農中郎将てんのうちゅうろうしょう厳匡げんきょうに討伐され、反乱は失敗に終わって処刑された。


韋康いこう元将げんしょう

生年不詳〜建安けんあん18年(213年)没。司隷しれい京兆尹けいちょういんの人。父は韋端いたん。弟は韋誕いたん荀彧じゅんいくの推挙により曹操そうそうに仕えた。

孔融こうゆうは、韋康いこうの父・韋端いたんに送った手紙の中で、韋康いこうのことを「底知れぬ才能が輝き渡り、度量が大きく、意志が強く、世に優れた人材」と賞賛した。涼州牧りょうしゅうぼくから太僕たいぼくに転任した父の代わりに涼州刺史りょうしゅうししとなる。

建安けんあん16年(211年)、「潼関どうかんの戦い」に敗れた馬超ばちょうは、翌年、曹操そうそう鄴県ぎょうけんに帰還すると、再び隴山ろうざん一帯の郡県を呼応させ、張魯ちょうろの援軍と合わせて1万余の軍勢で冀県きけん韋康いこうを攻撃した。

韋康いこうは正月から8月まで抵抗したが、官吏が傷つき死ぬのをあわれみ、楊阜ようふ趙昂ちょうこうが止めるのをきかずに降伏する。馬超ばちょうは入城すると、張魯ちょうろの部将・楊昂ようこう韋康いこう太守たいしゅを殺させたので、州民は悲しみいたみ、いきどおりを感じない者はいなかった。

関連人物

韋康いこう」の関連記事

韋端いたん

生没年不詳。司隷しれい京兆尹けいちょういんの人。子に韋康いこう韋誕いたん

孔融こうゆうは、韋端いたんに送った手紙の中で韋端いたんの2人の子を賞賛し、「2つの真珠(韋康いこう韋誕いたん)がドブ貝(韋端いたん)の中かられるとは思いも寄らなかった」と冗談を言った。

涼州牧りょうしゅうぼくをつとめ、建安けんあん元年(196年)には司隷校尉しれいこうい鍾繇しょうようと共に馬騰ばとう韓遂かんすいの争いを仲裁する使者となった。

その後、中央に召されて太僕たいぼくに転任するが、その際、子の韋康いこうが代わりに涼州刺史りょうしゅうししとなり、韋端いたんもと従事じゅうじをつとめていた楊阜ようふ別駕従事べつがじゅうじとした。

関連人物

韋誕いたん仲将ちゅうしょう

生没年不詳。司隷しれい京兆尹けいちょういんの人。父は韋端いたん、兄は韋康いこう

孔融こうゆうは、韋誕いたんの父・韋端いたんに送った手紙の中で、韋誕いたんのことを「うるわしい性格は誠実にあふれ、人情味と真心があり、一門をたもつ主人の風格がある」と賞賛した。

建安けんあん年間(196年〜220年)に郡の上計吏じょうけいりとなったが、特別に侍中じちゅうに任命される。

太和たいわ年間(227年〜233年)に武都太守ぶとたいしゅとなるが、能書家のためみやことどめられて再度侍中じちゅうに任命され、その後は中書監ちゅうしょかん大鴻臚だいこうろ光禄大夫こうろくたいふの官をもって退職し、75歳で亡くなった。

韋誕いたんには文才があり文章を作るのが上手く、篆書てんしょ邯鄲淳かんたんじゅん草書そうしょ張伯英ちょうはくえい張芝ちょうし)、印章の鑑定法は陳長文ちんちょうぶん陳羣ちんぐん)に学び、邯鄲淳かんたんじゅん衛覬えいき韋誕いたんはいずれも書が上手なことで名声があった。

魏氏ぎし王朝)の宝器の銘文はすべて韋誕いたんの書だと伝えられる。

関連人物

韋曜いよう弘嗣こうし韋昭いしょう

建安けんあん9年(204年)〜鳳皇ほうおう2年(273年)没。揚州ようしゅう呉郡ごぐん雲陽県うんようけん曲阿県きょくあけん)の人。本名は韋昭いしょう*1。子は韋隆いりゅう孫権そんけん孫亮そんりょう孫休そんきゅう孫皓そんこうに仕えた。

若い頃から学問を好み、立派な文章を書くことができた。

丞相府じょうしょうふえん(属官)から西安令せいあんれい尚書郎しょうしょろう太子中庶子たいしちゅうしょしに昇進。太子たいし孫和そんかに仕えて博奕論はくえきろんあらわすが、孫和そんか廃嫡はいちゃくされると黄門侍郎こうもんじろうとなった。

孫亮そんりょうが即位すると太史令たいしれいとなり、華覈かかく薛瑩せつえいの協力を得て呉書ごしょ編纂へんさんし、孫休そんきゅうが帝位にくと、中書郎ちゅうしょろう博士祭酒はくしさいしゅに任命されて多くの書物の校定にあたる。

孫皓そんこう寵愛ちょうあいを受けて高陵亭侯こうりょうていこう侍中じちゅう左国史さこくしに任命されたが、孫皓そんこうの「呉書ごしょの中に父・孫和そんか本紀ほんぎを立てたい」という願いを断ったことから次第にうとまれるようになり、宴会の席で怒りを買って投獄・誅殺ちゅうさつされた。享年きょうねん70歳。呉書ごしょを完成させることはできなかった。

脚注

*1呉書ごしょ韋曜伝いようでん裴松之はいしょうし注に「史官しかんしん文帝ぶんてい司馬昭しばしょう)のいみなを避けて書きえた」とあるが、他にしょういみなに持つ者が書きえられていないことから、この説は疑わしい。

関連人物

韋曜いよう」の関連記事

韋隆いりゅう

生没年不詳。揚州ようしゅう呉郡ごぐん雲陽県うんようけん曲阿県きょくあけん)の人。父は韋曜いよう韋昭いしょう)。

父・韋曜いようと同じく文化的な方面に才能があった。

関連人物

スポンサーリンク

倚(い)

倚相いしょう

生没年不詳。春秋しゅんじゅう時代、左史さし右史ゆうしと共に天子てんしそばしてその言行を記録する官職)。左丘明さきゅうめいの祖父。霊王れいおうに仕えた。

三墳さんぷん五典ごてん八索はっさく九丘きゅうきゅうに精通する。


王孫圉おうそんぎょが使者としてしんおもむいた時のこと。

しん定公ていこうが開いた宴会の席上で、「白珩はくこう*2はまだありますかな?」と問われた王孫圉おうそんぎょは、「ございます」と答え、「その宝としての価値はいかほどか?」と問う趙簡子ちょうかんし趙鞅ちょうおう)に、次のように答えた。

「あれは宝とは申しません。が宝とするものは、まずは観射父かんえきほ。優れた訓辞を作って諸侯に行き渡らせていますので、寡君かくん*3がそしりを受けることはありません。

また、左史さし倚相いしょうがいます。彼は百の古典に精通し、一日中寡君かくん*3に過去の良い例と悪い例を示して先王せんおうの業績を忘れることがないようにし、また鬼神を喜ばせてその欲悪を正し、に神の怨痛えんつうが降りかかることを防いでいます。

(中略)

これらが楚国そこくの宝です。かの白珩はくこう*2のごとき物は、先王せんおう玩具なぐさみものに過ぎません。どうしてあんなものを宝と申しましょうか」

脚注

*2に伝わる宝物。こうとは横長の佩玉はいぎょく(大帯にかける玉製の飾り)のことで、白珩はくこうはその純白のもの。

*3他国の人に対して自分の主君をへりくだって使う言葉。


尉(い)

尉仇台いきゅうだい

生没年不詳。夫余王ふよおう

夫余ふよはもともと幽州ゆうしゅう玄菟郡げんとぐんに属していたが、後漢ごかん末に公孫度こうそんど海東かいとうの地域に勢力を伸ばして異民族たちを威服させると、夫余王ふよおう尉仇台いきゅうだいは改めて遼東郡りょうとうぐん公孫度こうそんど)の支配下に入った。

公孫度こうそんどは、夫余ふよが当時勢いが強かった2つの異民族・句麗くり高句麗こうくり)と鮮卑せんぴの間に位置することから、両国への牽制けんせいのため自分の一族の娘を妻として尉仇台いきゅうだいに与え、結びつきを強めた。

尉仇台いきゅうだいが死ぬと簡位居かんいきょおうに立った。


尉佗いた尉他いた趙佗ちょうた

生年不詳〜建元けんげん4年(紀元前137年)。冀州きしゅう真定国しんていこく常山国じょうざんこく)・真定県しんていけんの人。

前漢ぜんかん時代、嶺南れいなん広東省カントンしょう広西こうせいチワン自治区じちくベトナムの北部)に独立していた南越国なんえつこくの初代のおう[在位:高祖こうそ4年(紀元前203年)~建元けんげん4年(紀元前137年)]。南越王なんえつおう武帝ぶていを自称する。

しん時代に南海郡なんかいぐん竜川県りゅうせんけん県令けんれい南海都尉なんかいといとなり、しんかん交代期に独立して桂林郡けいりんぐん象郡しょうぐんを合わせて南越なんえつを建国した。

高祖こうそ11年(紀元前196年)、前漢ぜんかん高祖こうそ劉邦りゅうほう)は陸賈りくかを派遣して独立を認め、正式に南越王なんえつおう印綬いんじゅを送ったが、高祖こうそ劉邦りゅうほう)が崩御ほうぎょすると、呂后りょこうは鉄製器具の交易廃止を要求。

これに反発した尉佗いた趙佗ちょうた)は武帝ぶていを自称して長沙国ちょうさこくに侵入したが、文帝ぶんていが即位すると再び陸賈りくかが派遣され、「帝号をもちいないこと、毎年朝貢すること」などを約束して和睦わぼくする。景帝けいていの時代までこの状態は続いたが、南越なんえつ国内では帝号をもちい続けていた。


猗(い)

猗頓いとん

生没年不詳。河東かとう山西省さんせいしょう)の地で製塩業に従事して巨万の富を得たという春秋しゅんじゅう時代末期の富豪。

後世、「陶朱とうしゅ猗頓いとん」と言えば、莫大な富・富豪を指す。陶朱とうしゅ陶県とうけん朱公しゅこう)とは、春秋しゅんじゅう時代末期に越王えつおう勾践こうせんに仕えた范蠡はんれいのこと。

韋曜いようあらわした賭博とばくを批判する文章・博奕論はくえきろんの中で、「もしそれ(博奕すごろくそそぐ労力)を財貨運用の面にもちいるならば、猗頓いとんとみたくわえられよう」と、賭博とばくの無益さの例の1つとしてげている。

関連人物

スポンサーリンク

懿(い)

懿公いこうえい

春秋しゅんじゅう時代、えいの第19代君主(在位:紀元前668年~紀元前660年)。生年不詳〜紀元前660年没。いみな姫赤きせき。父はえいの第16代及び第18代君主・恵公けいこう

紀元前660年12月、えいが北方異民族のたくてき)に攻撃された際、懿公いこうたくてき)を迎撃しようとしたが、懿公いこうが異常なまでにつるを愛し、淫楽奢侈いんらくしゃしであったため、みな「つるたくてき)を討たせたらよろしい」と言って従わなかった。

そこで懿公いこうみずから出陣するも、敵の集中射撃を浴びて戦死。そのしかばね翟人たくじん狄人てきじん)に食われ、ただ肝臓だけが残ったと言う。

大切にすべきものを軽く扱い、くだらないものを大切にしたために身を滅ぼすことのたとえ、「懿公好鶴いこうこうかく」の語源となった。


育(いく)

育延いくえん

生没年不詳。鮮卑せんぴの豪族。常に幷州へいしゅう并州へいしゅう)の人々に恐れはばかられていた。

ある朝、育延いくえんは部落民5千余騎を引き連れて幷州刺史へいしゅうしし梁習りょうしゅうに商取引を求めた。梁習りょうしゅうは「受けなければうらみを買い、受けても略奪をうけることになる」と思ったが、結局これを承諾する。

交易が始まると、市場管理の役人が1人の蛮人ばんじんを捕縛した。育延いくえんの騎兵はみな驚いて、梁習りょうしゅうを幾重にも包囲して弓を引きしぼったが、蛮人ばんじんを捕縛した理由を聞いてみると、蛮人ばんじんに非があったことが分かった。

そこで梁習りょうしゅう育延いくえんを呼び、「お前たち蛮人ばんじんが自分から法を犯したのだ。役人はお前に害を与えたわけではないのに、どうして騎兵たちを使って人を驚かせるのだ」と言って、彼を斬ってしまった。


乙(いつ)

乙修いつしゅう

生没年不詳。正始せいし2年(241年)に朱然しゅぜん樊城はんじょうを包囲した際の守将しゅしょう

この時救援に駆けつけた夏侯儒かこうじゅは、樊城はんじょうの東の鄧塞とうさいに駐屯したものの、兵が少ないためにそれ以上進むことができず、ただ太鼓や笛を鳴らして気勢を上げることを繰り返すだけだった。

乙修いつしゅうらは城内からその様子を眺めるだけだったが、一月ひとつき余りして太傅たいふ司馬懿しばいが到着すると、朱然しゅぜんらは逃走した。


壱(いつ)

壱多雑いつたぞう

生没年不詳。西域せいいき(東トルキスタン)にある車師後王国しゃしこうおうこく*4おう車師後部王しゃしこうぶおう

の王朝は壱多雑いつたぞう守魏侍中しゅぎじちゅうの官職を与え、大都尉だいといの称号を送り、「魏王ぎおう親魏王しんぎおう?)」の印章をさずけた。

脚注

*4シルクロード(北の新道)に点在する東且弥国とうしょびこく西且弥国せいしょびこく単桓国ぜんかんこく畢陸国ひつりくこく蒲陸国ほりくこく烏貪国うたんこくが服属し、宮廷は于頼城うらいじょうにある。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引

三国志人物伝【一覧】