霊帝(れいてい)が即位して十数年、民衆の間に一つの変化が見られるようになります。太平道(たいへいどう)と呼ばれる新興宗教の広まりです。